ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 10月 21日(土) 次週 翌月
インタープリターズキャンプ2017in札幌
自然の大切さや面白さを伝える、自然を介して人同士をつなぐ。その役割を「インタープリター(通訳者)」と呼びます。1983年から日本の環境教育をリードしている(公財)キープ協会より講師を招き、インタープリテーションの基本と実践を学びます。「心が動く」体験を広めませんか?

講師 (公財)キープ協会 増田直広さん
             関根健吾さん
会場 札幌市青少年山の家
時間 10月21日(土)10:00〜22日(日)16:00
対象 札幌市内のおよび近郊の環境活動の実践者・教員・学生など  30名
参加費 一般15,000円 学生10,000円(宿泊費、食費、保険料込)
申込み 札幌市環境プラザへ電話・FAX・Eメールでお申し込みください。
9月11日より先着順
氏名(ふりがな)、性別、年齢(生年月日)、電話番号、住所、E-メールアドレス をお伝えください。
電話 011-728-1667 
FAX 011-728-1400
E-メール ecoplaza@kankyo.sl-plaza.jp

共催:札幌市環境プラザ、札幌市定山渓自然の村、札幌市北方自然教育園、札幌市青少年山の家、【以上、指定管理者:(公財)さっぽろ青少年女性活動協会】、滝野自然学園
協力:環境中間支援会議・北海道(環境省北海道環境パートナーシップオフィス、(公財)北海道環境財団、NPO法人北海道市民環境ネットワーク、札幌市環境プラザ)
11時00分〜16時45分 【苫小牧】 平成29年度 野生動物救護研究会総会及び大会
平成29年度の野生動物救護研究会総会ならびに大会を、苫小牧市ウトナイ湖野生鳥獣保護センターにて開催します。今年は救護施設の見学、救護活動に関する最近ホットな話題提供、また会員からの症例報告と検討会を予定しています。総会は会員に限定しますが、午後の部(施設見学と第一部、第二部)については会員外の参加も可能です。お誘いあわせの上、多数のご参加をお待ちしています。

< 野生動物救護研究会について >
野生動物救護研究会は、野生動物の救護を実践、研究する会で、北海道を中心に活動しています。専門家から野生動物に興味のある方まで、だれでも気軽に参加できます。主な事業は会報「サポート」の発行や毎年の大会開催、油流出事故など災害時対応などです。会についての問い合わせは盛田徹方(0144-73-8949)まで。

[日時] 10月21日(土)11:10〜12:00(総会)/13:00〜16:45(大会)

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗(国道36号線道の駅「ウトナイ湖」となり))
URL:http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/

[内容]
11:10〜12:00 総会(会員のみ)
13:00〜13:50 開会挨拶、センター内救護施設の見学
14:40〜15:20 救護研究会大会 第1部「救護にかかわる最近の話題」
(1)獣医師会における野生動物対策の動向
(2)高病原性鳥インフルエンザの流行と野鳥救護
15:20〜15:30 休憩
15:30〜16:45 救護研究会大会 第2部「症例発表・検討会」
16:45 閉会挨拶

[定員] なし

[参加費] 無料(申込み不要)

[問い合わせ先] ※Eメールでのお問い合わせは、@を半角に換えて送信ください。
〇盛田 徹:TEL:0144-73-8949、E-mail:mini-sanc@mx32.tiki.ne.jp
〇黒沢 信道:TEL:0154-64-2328、E-mail:kuromail@d2.dion.ne.jp

[主催] 野生動物救護研究会


14時00分〜16時00分 【札幌】 クリエイティブリユース in SAPPORO こどもワークショップ 〜まちの廃材でアートフォトを撮ろう!〜
これはなんだろう?この形どこかで見たことあるような?まちのお店や工場から集めためずらしくて面白い廃材を素敵に並べて、タブレットで写真を撮ってみましょう。撮影した写真はあなたの作品です。インスタグラムを使ってみんなに紹介しましょう!

[日時] 10月21日(土)14:00〜16:00

[場所] サッポロファクトリールーム(札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーアトリウムB1)

[内容] さまざまな廃材を色別・種類別・テーマ別に仲間分けする分類ゲームの実施や、異なる廃材をおもしろく組み合わせて写真を撮影します。撮影した写真はインスタグラムにアップし、参加者の作品を鑑賞しながら振り返りを行います。
※撮影に使用するタブレット、SNSアカウントは主催者が用意いたします。

[定員] 20名(小学生対象)

[参加費] 無料

[申込み方法] 専用申込みフォーム( https://www.sapporo-community-plaza.jp/form_170911.php )、もしくはFAX( 011-242-5656 )でお申込みください。

[申込み締切] 10月15日(日)締切

[問い合わせ先・主催] 市民交流プラザ開設準備室(札幌市芸術文化財団)文化芸術交流センター事業課
TEL:011-242-5800
FAX:011-242-5656
HP:https://www.sapporo-community-plaza.jp/

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL: https://www.sapporo-community-plaza.jp/form_170911.php
14時00分〜16時50分 【札幌】 低炭素コミュニティ×モビリティ=Low Carbon Forum
日本各地様々な地域において高齢化に伴う自動車運転免許返上による買い物難民化や通院等における移動手段の喪失が顕在化した問題となっており今後は化石燃料を使用しないパーソナルな代替移動手段の必要性が予想されます。これらのモビリティは同時に低炭素コミュニティに向けた取り組みと相乗効果が期待できることから、専門家によるシンポジウムを開催しコミュニティ内外の参加者に情報発信をします。さらには世代間や障がいの有無の垣根を越えた誰もが住みやすい低炭素なコミュニティはどうあるべきかを議論し、未来に向けた持続可能なコミュニティの実現のきっかけづくりとなるフォーラムを開催いたします。

◇日時:2017年10月21日(土) 14:00〜16:50 (開場 13:30)
◇会場:TKP札幌ホワイトビル2Fホール(札幌市中央区北4条西7丁目)
◇定員:150名(お申込み先着順) ◇参加費:無料
◇プログラム:
開会 主催者挨拶
第1部 基調講演 14:10〜15:00
「近距離移動手段が地域を活性化する(仮)」
      村上 敦氏 一般社団法人クラブヴォ―バン代表 
(環境ジャーナリスト、フライブルグ・ドイツ在住)
第2部 パネルディスカッション 15:10〜16:40
 株式会社グラディエ  代表取締役    磯村 歩氏
 北海道教育大学 教育学部釧路校准教授  平岡 俊一氏
 札幌市立大学デザイン学部准教授     山田 信博氏
 一般社団法人クラブヴォ―バン代表    村上 敦氏
 特定非営利活動法人エコ・モビリティサッポロ 栗田 敬子
質疑応答  16:40〜16:50
閉会
 
主催  特定非営利活動法人 エコ・モビリティ サッポロ 
協力  札幌市、EPO北海道

問い合わせ 特定非営利活動法人 エコ・モビリティ サッポロ 栗田敬子
〒060-0906 札幌市東区北6条東2丁目3-6 松崎ビル1F
TEL 011-788-5480     Mail kurita@velotaxi-sapporo.jp
18時00分〜20時30分 【札幌】 第364回 野鳥お勉強会
☆野鳥お勉強会とは…
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。
野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場として
います。誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 10月21日(土)18:00〜20:30

[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)

[集合] 同上 17:50集合

[内容]
○テーマ:「アオサギの話」
○講師:内海 千樫 氏(写真家/幌加内ビオトープ研究会)
アオサギは天然記念物でもなければ絶滅危惧種でもありません。いわゆる普通種と呼ばれる鳥で、これまで殆ど主役になったことはありませんでした。裏を返せば適応力があり人間と絶妙な距離感を保っているとも言えます。その魅力の一端を紹介できればとおもいます。

[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合はお断りする場合があります。

[参加費] 3,500円(飲食代)

[申込み方法] Eメール、もしくは電話でお申込みください。

[申込み締切] 10月19日(木)締切

[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会 代表:富川
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org

[主催] 野鳥お勉強会 http://www.toriben.org/