ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 10月 7日(土) 次週 翌月
9時30分〜15時30分 【浜中】 ハーバリウム・霧多布2017 〜一緒に植物の標本を作りませんか?〜
霧多布湿原センターでは、浜中町に生えている植物の押し葉標本を作り、この町の自然を後世に伝える資料にする「ハーバリウム・霧多布」という活動をしています。
この活動でスタッフと一緒に野外で植物を採集し、標本作りをするボランティアさんを募集中です。1回のみや半日の参加、もちろん初心者も大歓迎!専門家と一緒なので、花の名前を覚えたい方にもおすすめです。

☆「ハーバリウム(herbarium)」とは植物標本集、標本庫を意味します。

[開催日] 12月までの毎月第1土曜日 ※5月のみ第2土曜日
(5月13日、6月3日、7月1日、8月5日、9月2日、10月7日、11月4日、12月2日)

[時間] 各回とも9:30〜15:30(午前の部 9:30〜12:30/午後の部 13:30〜15:30)

[場所] 霧多布湿原センター(浜中町四番沢20)

[持ち物] 長靴、雨具、お弁当、飲み物
※長靴や雨具は湿原センターにてそれぞれ100円で貸出もしています。
※昼食は霧多布湿原センター2階『きりたっぷカフェ』でもお召し上がりいただけます。

[申込み先・問い合わせ先] 霧多布湿原センター(担当:辻)
TEL:0153-65-2779
FAX:0153-65-2774
E-mail:tsuji@kiritappu.or.jp
URL:http://kiritappu.mond.jp/center/  

[主催] NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト

[共催] 釧路市立博物館
10時30分〜15時00分 【石狩】 となりのビトイ
意外と近場にとっておきの遊び場が・・・。
ここは、札幌からも石狩からも「となり」にある「ひみつの森」。
ちょっぴり懐かしくて、子どもも大人も、のんびり楽しめるとっておきの場所。
自分で「ツクル」遊びを、お友達や家族で、楽しもう。

[日時] 10月7日(土)10:30〜15:00

[場所] 美登位創作の家(石狩市美登位694)

[内容] 開催時間内に以下の活動を行っています。
●森で体験!
・木でツクル 〜木工クラフト(随時)
・遊びをツクル 〜木のパチンコ遊びなど(随時)
・エネルギーをツクル 〜薪割り体験(随時)
・森をツクル 〜森の整備体験(11:00〜12:00の1時間プログラム)
●畑で体験!
・野菜、水、堆肥をツクル(14:00〜15:00の1時間プログラム)
※オーガニック野菜の直売も!
●木陰でのんびり
 焚き火を眺めながら、木の椅子やテントでのんびり
※詳細は、以下の「申し込先」WEBサイトに掲載しています。

[対象] 親子先着20組(乳幼児から誰でも参加可)
※いずれの活動も親子での参加となります。
※活動毎に対象年齢は異なります。

[参加費] 無料

[申込み方法・申込み先] 要事前申込み。WEBサイトからのお申込みとなります。
となりのビトイ で検索ください。
※申込みサイトURL↓
URL:https://www.ezorock.org/%E3%80%90%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%80%912017%E5%B9%B49%E6%9C%8816%E6%97%A5%E5%9C%9F%E3%83%BB10%E6%9C%887%E6%97%A5%E5%9C%9F%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E6%8E%A2%E6%A4%9C%E9%9A%8A%E4%BA%8B

[問い合わせ先] 石狩市環境教育推進協議会事務局(NPO法人ezorock内)
TEL:011-562-0081

[主催] 石狩市環境教育推進協議会、公益財団法人北海道環境財団

[後援] 石狩市、石狩市教育委員会
13時00分〜15時00分 【苫小牧】 ウトナイ湖・渡り鳥フェスティバル 〜北海道★ラムサール条約湿地★リレートーク〜
北海道内13ヶ所にある「ラムサール条約湿地」。
各所のビジターセンターなどで構成する「北海道ラムサールネットワーク」のメンバーが、それぞれの湿地の魅力を語ります。

[日時] 10月7日(土)13:00〜15:00

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] なし

[参加費] 無料(申込み不要)

[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231
13時00分〜 【厚真】“仕事”と“暮らし”がつながるインターンシップin厚真町
厚真町商工会青年部創立50周年記念事業
<“仕事”と“暮らし”がつながるインターンシップin厚真町>

田舎にだって“仕事”はある。ひとつは労働の対価として賃
金を得るための仕事。それからもうひとつ、地域のコミュニテ
ィを守り育てるという大事なシゴトがある。人口約 4600 人の
小さな町で、仕事を通して地元の経済を支え、仲間と一緒に地
域を盛り上げるのが商工会青年部の大きな役割です。
そんな私たちの輪の中に一歩飛び込んで、厚真町での暮らし
方を体験してみませんか?町内企業経営者の仕事場に同行し、
働く現場を見ながらリアルな日常を体感。2 日目には、厚真町
の PR 事業(特産品を販売する物産展)に参加。町内の青年層
との交流を通して、仲間づくりの大切さを考えます。
田舎での働き方・暮らし方、都市部にはない地元密着型のラ
イフスタイルに興味のある方など、みなさまのご応募をお待ち
しております!

◆日時:2017年10月7日(土)〜8日(日)1泊2日
◆対象/定員:農山村地域での暮らしに関心のある20〜30代男女 計10名程度(学生可)
◆参加費:2,500円(保険代、食費、宿泊費込み)
※集合場所まで/解散場所からの交通費は参加者負担
◆内容・スケジュール
1日目)
13:00 参加者集合、オリエンテーション
13:30 町内企業での研修(若手経営者に同行しての仕事場見学など)
18:00 青年部員との意見交換・交流会
2日目)
7:00  地域活性化事業への参加
   (あつま新鮮組主催物産イベント・あつま特産市)
15:30 ふりかえり、解散
◆問い合わせ:office.up.road@gmail.com ※件名に【商工会インターンシップ】と入れて、本文にお名前(よみがな)と連絡先をお願いします。

<主催:厚真町商工会青年部>
厚真町商工会青年部フェイスブックページ
https://www.facebook.com/impulse.atsuma/