ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 12月 9日(土) 次週 翌月
【札幌】 北海道の生物多様性を守る、新しい力 〜 きたネットフォーラム2017
北海道の生物多様性を守る、新しい力 〜 きたネットフォーラム2017
森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす〜知床の事例を中心に〜

20名を超える登壇者陣で開催します!
−−−−

北海道の環境活動のネットワーク「きたネット」の年に一度のフォーラム。
今年は、中村太士氏をお招きして、知床の取組みを学びながら、次世代の環境保全を担う地域の力を育てていくために、
私たちは、何を学び、どんな支援を行っていくべきなのかを考えます。
午後は生物多様性・森林保全活用・環境教育の各テーマで、3つの分科会。地域で活躍する次世代リーダーや新しい取組みを実践する方に、お話をうかがいます。

プログラム

10:00 開会・ご挨拶

10:15 基調講演(定員120名)
【森・川・海・人の繋がりで、北海道の生物多様性を守る】 
 講師/中村 太士 氏(北海道大学大学院農学研究院 教授)
 内容/森林と川のつながり、生態系間の相互作用について流域の視点から研究し、環境保全活動につなげている中村先生に、
    世界自然遺産・知床での取組みや、環境保全を担う人材の育成について、お話をうかがいます。

11:20 パネルディスカッション(定員120名) 
【北海道の森と生態系を次世代へ〜地域デザインと人の役割】
 コーディネータ/中村 太士 氏
 パネリスト/池上 美穂 氏(知床羅臼観光協会 事務局長)
       尾前 幸太郎 氏(北海道森林管理局計画課 課長)
       山中 正実 氏(斜里町立知床博物館 館長)
       金子 正美 氏(酪農学園大学環境GIS研究室 教授・きたネット 理事長)
 内容/北海道の各地域が、今後、どのような視点で環境を守り、地域の財産としていくか、次の一手を考えます。
  
13:30 特別企画・札幌報告会!
「しれとこ100平方メートル運動40年 成果、そして、これから」
 報告者/玉置 創司 氏(斜里町総務部環境課自然環境係)

14:30 分科会/環境保全の新しい形、担い手たち

 分科会A/生物多様性保全(定員60名)
  〜新たな担い手をどう生み出すか
   座長/長谷川理氏(NPO法人EnVision環境保全事務所)
   ◆事例1.地域の力を育てる
    牛山 克巳 氏(宮島沼水鳥・湿地センター)
   ◆事例2.意識改革で新たな協力者をうみだす
    有賀 望 氏(公益財団法人札幌市公園緑化協会)
   ◆取り組み紹介
   1.世界自然遺産の地で、観光と保全を担う
    池上 美穂 氏(知床羅臼町観光協会 事務局長)
   2.知床地域に環境教育の拠点を
    上野 雅樹 氏(公益財団法人知床自然大学院大学設立財団 業務執行理事)
   3.実践勉強真っ最中!
    上原 裕世 氏・学生のみなさん(酪農学園大学実践野生動物学研究室)
   ◆意見交換/中村 太士 氏・山中 正実 氏・金子 正美 氏

 分科会B/森林保全・活用(定員40名)
  〜私が生きる森!森を生業とする新リーダー育成のために
   座長/柿澤 宏昭 氏(北海道大学大学院農学研究科教授)
   ◆新リーダー活動紹介
    足立 成亮 氏(Out Woods/札幌南高学校林指導)
    佐野 愉架 氏(NPO法人もりねっと北海道)
    西埜 将世 氏(西埜馬搬/厚真町地域おこし協力隊)
    原野 知有紀 氏(占冠村地域おこし協力隊)
   ◆意見交換/支援者・実践者のみなさん

 分科会C/環境教育(定員40名)
  〜自然体験学習を通じて、子どもの社会課題に向き合う
   座長/鈴木 玲 氏(手稲さと川探検隊 局長・きたネット 理事)
   ◆話題提供1.自然体験学習が社会的養護を必要とする子ども達に及ぼす効果「手稲さと川探検隊」の活動を通して
    小川 恭子 氏(藤女子大学人間生活学部保育学科 教授) 
   ◆話題提供2.自然環境を心の治療に生かした取り組み
    瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院精神科医師)
   ◆意見交換/高橋 勇造 氏(NPO法人Kacotam)
         定森 光 氏(NPO法人北海道NPOサポートセンター)
         他のみなさん

16:15 伝え、拡げるために 全体情報交換会(参加費無料)
 話題提起「STOP!えさやり 知床ヒグマえさやり禁止キャンペーン」について 他
 玉置 創司 氏(斜里町総務部環境課自然環境係)
 進行/内山 到(きたネット 理事・公益財団法人北海道環境財団)
    宮本 尚(きたネット 常務理事)

17:10 閉会式

17:30 終了

18:00 交流会(札幌駅周辺・実費)

−−−−

【同日開催】
第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会 〜私たちが創る「環境首都・SAPP‿RO」〜(仮題)
〇日時:2017年12月9日(土)13:30〜16:00
〇会場:札幌エルプラザ 4階 研修室1
〇定員:20名(対象:環境活動実践者)
〇主催:環境中間支援会議・北海道
〇共催:札幌市
※午後、札幌市環境基本計画パブコメWS(仮題)に参加、終了後、全体情報交換会に参加することができます。

−−−−

【日時】 12月9日(土)10:00〜17:30(※9:30受付開始)
【会場】 札幌エルプラザ2F 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
【主催】 NPO法人北海道市民環境ネットワーク
     一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【共催】 札幌市(予定)
     環境中間支援会議・北海道
     ・環境省北海道環境パートナーシップオフィス
     ・公益財団法人北海道環境財団
     ・札幌市環境プラザ
      (指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)
     ・NPO法人北海道市民環境ネットワーク
【協力】 酪農学園大学実践野生動物学研究室
     (公財)知床自然大学院大学設立財団
     手稲さと川探検隊
     NPO法人EnVision環境保全事務所
【後援】 北海道森林管理局、斜里町、一般社団法人知床羅臼町観光協会

【参加費】
きたネット会員・学生/午前700円・午後300円
一般/午前800円・午後500円
※午後のみ参加で、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会(仮題)参加ののち、
 情報交流会(16:30〜)参加の場合は無料です。

【参加申込み方法】
◆チラシ裏面の申込書をFAX、又は郵送。

チラシダウンロード
表面:http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumA.pdf
裏面(申込書):http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumB.pdf

◆メール等での申込みは
名前・住所・連絡先(電話・FAX・E-mailなど)・所属(所属団体・企業・職業・学校など)と、参加プログラムを必ずご記入ください。
※午後の分科会に参加する方は、A・B・C、又は、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会のどれに参加かを明記。
※夜の交流会:参加する・しないについても明記。
※先着順:各プログラム、定員があります。お申込みが定員を超えた場合はお断りする場合があります。

【問い合せ・申込み先】 NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」事務局
 〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
 Tel. 011-215-0148
 Fax. 011-215-0149 
 E-mail. office@kitanet.org


13時00分〜15時00分 【標茶】 クリスマスリースを作ろう
松ぼっくりや木の実などの自然の素材を使ってクリスマスリースを作ります。

[日時] 12月9日(土)13:00〜15:00

[場所] 塘路湖エコミュージアムセンター(標茶町塘路原野)

[定員] 10名(要事前申込み)

[参加費] 500円(材料費)

[申込み先・問い合わせ先・主催] 塘路湖エコミュージアムセンター
TEL:015-487-3003
URL:http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/tooroedo/
13時00分〜16時30分 【札幌】 シカ捕獲認証制度(DCC)シンポジウム「森・鹿・人 −管理の担い手づくり−」
地域主体のニホンジカ管理の担い手育成を目的として創設された認証制度が3年目を迎えました。国内外で活躍されている方々をお招きして活動報告等をしていただく機会を設けました。野生動物管理等に関心のある方は、ぜひご参加ください。

[日時] 12月9日(土)13:00〜16:30

[場所] 北海道大学学術交流会館(札幌市北区北8条西5丁目(北大正門を入って左手))

[主な内容]
○基調講演「イングランド国有林の野生動物管理における人材育成の重要性」
 クリスティン・ウェーバー博士(イングランド国有林) ※逐次通訳あり
○話題提供
「適正事業の創出と受託者に求められる人材」
 市川 哲生(株式会社BO-GA)
「行政担当者による鳥獣対策の取り組み」
 山條 力也(古平町役場)
「民間業者による鳥獣対策の取り組み」
 相澤 あゆみ(株式会社渡辺サービスセンター) など

[定員] 120名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[申込み方法] Eメール( dcc_symposium2017@yezodeer.org )にてお申込みください。お申込みの際には、氏名・所属・連絡先をお知らせください。

[問い合わせ先] シカ捕獲認証事務局
E-mail:deerculling@gmail.com
TEL:090-6212-9433(東谷)

[主催] 一般社団法人エゾシカ協会

[後援] 三井物産株式会社、北海道森林管理局、環境省北海道地方環境事務所、北海道、日本哺乳類学会、「野生生物と社会」学会

[協力] イングランド国有林、英国狩猟協会、北海道立総合研究機構、NPO法人EnVision環境保全事務所、酪農学園大学

13時30分〜16時00分 【札幌】 ※受付終了 第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会 〜私たちが創る「環境首都・SAPPORO」〜
[皆さまへのお知らせ]
・12/7(木)
 本日、定員に達しましたので、意見交換会のお申し込み受付を終了させていただきました。たくさんのお申し込み、大変ありがとうございました。


「次世代の子どもたちが笑顔で暮らせる持続可能な都市「環境首都・SAPPORO」
これは、現在策定中の第2次札幌市環境基本計画案で札幌が目指す将来像です。札幌市は市民ワークショップ等の実施をとおして札幌市民が望む将来像を把握し、その実現に向けた新しい計画「第2次札幌市環境基本計画」を平成30年3月までに策定予定です。
新しい計画が描く将来像の実現に向け、環境活動実践者の取り組みが促進されるための官民協働の可能性について意見交換をしませんか。

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://epohok.jp/event/7810

[日時] 2017年12月9日(土)13:30〜16:00

[場所] 札幌エルプラザ公共4施設 4階 研修室1(札幌市北区北8条西3丁目)

[定員] 20名

[対象] 環境活動実践者

[参加費] 無料

[内容]
(1)第2次札幌市環境基本計画について(20分)
   札幌市環境局環境都市推進部環境計画課調査担当係長 佐竹 輝洋 氏
(2)札幌市環境審議会からみた第2次札幌市環境基本計画のポイント(10分)
   札幌市環境審議会 副会長 半澤 久 氏
(3)意見交換(90分)
   ここは私もできる!この取り組みを強化してほしい!など、皆さんの意見をお寄せください。
(4)まとめ(30分)
   ※本意見交換会で出た意見は札幌市に提出します。

※チラシは↓をご活用ください
http://epohok.jp/wp-content/uploads/2017/10/171209_flier.pdf

[申込み方法] EPO北海道ウェブサイト( http://epohok.jp/event/7810 )の申込みフォームをご利用ください。または、Eメール・電話で、氏名・所属・連絡先をご連絡ください。

[問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)担当:大崎
〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 大五ビル7階
TEL:011-596-0921
E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp

[主催] 環境中間支援会議・北海道(※)

[共催] 札幌市

※環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団、札幌市環境プラザ、認定NPO法人北海道市民環境ネットワークの4拠点で構成し、環境保全活動に関する情報受発信、出版、セミナ・ワークショップ等を協働で実施しています。( http://enavi-hokkaido.net/