ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 2月 26日(日) 次週 翌月
9時30分〜11時30分 【札幌】 ときわ自然散歩 〜かんじきで歩こう〜
支笏湖線沿いの「ヤマガラ珈琲」を発着点に、自然を楽しみながらの散歩です。
植物や野鳥を観察しながら歩きます。
2月は通常とは違うコースを、かんじきを使って歩きます。動物の足跡などもたくさん見られるかも。

☆ガイド:自然ウォッチングセンター 島田、鎌田

[日時] 2月26日(日)9:30〜11:30

[場所] 常盤周辺(札幌市南区常盤)

[集合] 9:30 ヤマガラ珈琲(札幌市南区常盤2条2丁目(支笏湖線沿い))

[参加費] 500円(終了後、ヤマガラ珈琲のコーヒー付)

[対象] 一般

[定員] 15名

[持ち物] 雪の入らない靴(防寒具、長靴等)、あればカンジキ、スノーシュー、双眼鏡など ※カンジキ無料貸出あり

[申込み] 不要、当日直接お越しください

[問い合わせ先・主催] 自然ウオッチングセンター
TEL:011-583-5208
FAX:011-583-5233
E-mail:PXP03576@nifty.com
URL:http://shizen.la.coocan.jp/

☆詳細チラシはこちらから↓
URL:http://shizen.la.coocan.jp/tokiwaF.pdf
13時30分〜16時00分 【七飯】 大沼研究発表会
昨年に引き続き、大沼で研究している研究者や他のラムサールサイトで活動している方に日頃の成果を発表していただきます。


日 時:2017年2月26日(日) 13:30〜16:30
場 所:大沼国際セミナーハウス 第1研修室
詳細は、大沼ラムサール協議会Facebook特設ページにて逐次報告させて頂きます
https://www.facebook.com/events/1552872961394922/

大沼研究発表会のポスターをダウンロードほか、詳細は以下をご覧ください
 https://onuma-ramsar.jimdo.com/イベント/
14時00分〜16時30分 【札幌】 シンポジウム「“仕事に就く”ってどんなもん?−国際環境活動・野生動物分野で活躍する女性たち−」
近年、多くの学生が、“将来は国際的な活動がしてみたい”、“環境や野生動物分野を仕事にしたい”と思い描きつつも、「そもそもどのような仕事があるのか?」、「どうしたらその仕事に就けるのか?」といった疑問を抱えていると思います。また、それらを志したいという学生が多い一方、専門カリキュラムを有する大学や野生動物を扱う研究機関は非常に限られています。さらに、女性の自然科学分野への進出率が先進国に比べて低い日本では、国際環境活動や野生動物分野は、さらなる女性の活躍が期待される分野であることは間違いありません。

そこで、本学の環境共生学類2年生(しかも全員女子!)が主体となり、実習の一環として、シンポジウム「“仕事に就く”ってどんなもん?―国際環境活動・野生動物分野で活躍する女性たち―」を企画しました!自然科学分野へ進学した女子大生や、これから進学を考える女子高生を対象とし、大学あるいは大学院を卒業して国際的活動や野生動物保全の分野で活躍する女性に登壇していただき、進路を決めるに至った経緯や、現職における苦労、やりがい等について、様々な職種よりご自身の経験をご講演していただきます。
ぜひ、奮ってご参加ください。詳細は以下のとおりです。

“仕事に就く”ってどんなもん?―国際環境活動・野生動物分野で活躍する女性たち―
■日時 2017年2月26日(日)14:00〜16:30(13:30開場)
■場所 TKP札幌ホワイトビルカンファレンスセンター 6階 6D会議室
(〒060-0004 札幌市中央区北4条西7丁目1−5)
■プログラム
14:00 開会の挨拶 山舗 直子教授(酪農学園大学 環境共生学類)
14:05 基調講演 小菅 千絵氏(生活協同組合 コープさっぽろ 経営企画室)
14:42 講演 大崎 美佳氏(北海道環境パートナーシップオフィス/2011年本学卒業)
15:17 講演 篠原 由佳氏(北海道釧路総合振興局森林室/2012年本学卒業)
*篠原氏の詳しい紹介はこちら→http://www.rakuno.ac.jp/article-ob/vol03
15:55 全体質疑 コーディネーター:上原 裕世助教(酪農学園大学 環境共生学類)
16:25 閉会挨拶 吉田 剛司教授(酪農学園大学 環境共生学類学類長)
※16:30〜 個別質疑または講演者とのフリートーク時間もあります。
■入場 無料
■定員 先着60名 ※事前登録制となります。
symposium.kankyo@gmail.com(運営事務局)」までご所属とお名前をご連絡ください。
■主催 酪農学園大学
■共催 公益財団法人北海道新聞野生生物基金
■後援 札幌市、北海道環境財団、北海道環境パートナーシップオフィス
■お問い合わせ シンポジウム運営事務局
E-mail:symposium.kankyo@gmail.com
〒069-8501 江別市文京台緑町582 酪農学園大学 環境共生学類
実践野生動物学研究室 上原 裕世