ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 4月 9日(日) 次週 翌月
9時00分〜16時00分 【鶴居】 釧路湿原国立公園指定30周年 温根内ビジターセンター リニューアルオープン!
釧路湿原国立公園の利用施設として平成4年に開館した温根内ビジターセンターは、施設の老朽化が進んだことや利用者のニーズにあわなくなってきたことから平成28年度に環境省による建替工事が行われていました。釧路湿原国立公園指定30周年となる本年、新しいビジターセンターがリニューアルオープンします。

[日時] 4月9日(日)9:00〜16:00

[場所] 温根内ビジターセンター(鶴居村温根内 TEL:0154-65-2323)

[施設に関するご案内]
〇4月9日以降の開館時間について
・9:00〜17:00(4月〜10月)
・9:00〜16:00(11月〜3月)
〇休館日:火曜日
〇トイレの開放について
・4月〜10月:休館日を含め、24時間開放
・11月〜3月:9:00〜16:00 ※ただし、火曜日は休館日のため閉鎖
〇水の利用制限について
水の浄化施設の追加工事があるためご不便をおかけしますが7月末(予定)までトイレの手洗い、飲料水の利用は出来ません(トイレ洗浄は可能です)。

[問い合わせ先] 釧路湿原自然保護官事務所 TEL:0154-56-2345
9時00分〜16時00分 【黒松内】 野外自然活動における アイスブレイク&ファシリテーションセミナー
黒松内で開催されるアイスブレイク&ファシリテーションセミナーのご案内です。新年度から、環境保全活動等で人の前に立つ機会が増える方、自然体験活動の指導者として活動されている方や、効果的なコミュニケーションのとり方に興味のある方にオススメです。
講師は山梨県都留市で「風と土の自然学校」を家族で営み、参加型研修のファシリテーションに定評のある梅崎靖志さん。これまでに2,000回を超える研修・ワークショップを実施されてきた経験から、参加者をまきこむ効果的なアイスブレイク、そして全体の活動のファシリテーションの手法を体験・論理・そして実践まで、基礎から紐解いていただきます。

春めいてきた黒松内で、それぞれの場所で新年度を迎えた皆さまとお会いできる
ことを楽しみにしています。

☆チラシはこちらからご覧ください↓
URL:http://blog.goo.ne.jp/haruneos3/e/a58eea4cbd1b98710c8c615644183e7a

[日時] 4月8日(土)10:15〜17:30 / 9日(日)9:00〜16:00

[会場・宿泊] 黒松内ぶなの森自然学校(黒松内町南作開76)
※お車の場合:黒松内JCTより約20分

[内容]
○1日目(10:15〜17:30):体験→理論・実践で学ぶアイスブレイク
○2日目(9:00〜16:00):コミュニケーション・ファシリテーションの基礎

[講師]
○梅崎 靖志(風と土の自然学校 代表、ファシリテーショントレーナー)
○高木 晴光(NPO法人くろす野外計画社、黒松内ぶなの森自然学校 代表)

[定員] 各日20名

[参加費]
○1泊2日(3食付):12,000円
○セミナーのみ(1日):4,000円 ※いずれか1日のみの参加OKです

[申込み方法] Eメールにてお申込みください

[申込み締切] 4月6日(木)締切

[申込み先・問い合わせ先] 黒松内ぶなの森自然学校(担当:大類)
TEL:0136-77-2012
E-mail:chiko.orui@buna-cross.org

[主催] 黒松内ぶなの森自然学校


14時00分〜16時00分 【札幌】 オープニング!ごみひろい
ラブアース・クリーンアップin北海道のキックオフイベント「オープニング!ごみ拾い」を開催します。
雪どけで、ごみが目立ち始めました。春のごみ拾いで札幌のまちをきれいにしましょう!
※行動することで、街行く人にも「ごみを捨てないで!」というメッセージを届けます。

【開催概要】
[日時] 2017年4月9日(日)14:00〜16:00 (雨天決行)
[開催場所] 札幌市「大通公園」から「中島公園」
[集合場所]  大通公園6丁目野外ステージ前 13:50(青いのぼりを立てています)
[内容]   ごみ拾い活動
[定員]    20名(先着順)
[参加費] 無料
[申込方法]
   参加申込書をFAXで送信、またはメール、電話で直接連絡ください。
・参加者のお名前 ・所属企業・団体名 ・連絡先住所
・電話番号(携帯電話) ・E-mail
   ※複数で参加の場合5名程度まで
[締め切り] 2017年4月5日(水) 
[申込み・問合せ]
  ラブアース・クリーンアップin北海道 事務局
  E-mail/ lecu@kitanet.org・TEL/ 011-215-0151・FAX/ 011-215-0149
[主催]   認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク
15時00分〜16時30分 【札幌】セイヨウオオマルハナバチの生態 ―北海道の現状と影響−
さまざまな花を訪れ受粉を助けるマルハナバチ、野生の植物だけでなく、農業にも大きく貢献しています。一方、国の特定外来生物に指定されたセイヨウオオマルハナバチは野生化して在来のマルハナバチに負の影響を与えているといわれています。
講演では、マルハナバチと花の密接な関係を紹介するとともに、セイヨウオオマルハナバチの生態系への影響、駆除の考え方などについてお話しします。参加をお待ちしています。
 
日 時:平成29年4月9日(日)15:00〜16:30
場 所:札幌エルプラザ 2階 環境研修室 1・2
      (札幌市北区北8条西3丁目)
講 演:「送粉昆虫としてのマルハナバチ そして 外来生物セイヨウオオ
    マルハナバチの分布拡大と生態系にもたらす影響」
  講師 西川洋子 氏(北海道立総合研究機構環境科学研究センター
       自然環境部生態系保全グループ 研究主幹 )
 
主 催:北海道自然観察協議会
定 員:70名 (事前参加申込不要)
参加料:無料


問い合せ先 横山武彦(北海道自然観察協議会)
      電話:011-387-4960 E-mail:y-hiko@rapid.ocn.ne.jp