ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 8月 17日(木) 次週 翌月
(継続中) 【札幌】もう増やさないで!北海道の外来種展
円山動物園では、野生動物の保護活動や環境保全活動を進め、「人と動物と環境の絆をつくる動物園」を目指し、動物の飼育と展示を通じて環境教育を進めています。
その一環として、小・中学生の夏休み期間中、夏の特別展「外来生物展」を開催します。
北海道にいる外来生物たちを生でご覧いただくことによって、外来生物がもたらす問題を学んでいただき、これ以上増やさないように行動しようと考えていただける場にしたいと思っています。
ぜひご家族やお友達同士で足をお運びください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「もう増やさないで!北海道の外来種展」

 カブトムシやザリガニなどの外来種について、実物を見ながら楽しく学べます。

 ■日程

  8月5日(土)〜20日(日)

 ■時間

  9時30分〜16時30分

 ■場所

 円山動物園内 科学館ホール


 詳細お問い合わせは動物園まで
 http://www.city.sapporo.jp/zoo/gyouji/

☆−−−−−−−−−−その2−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

☆そして20日には<外来生物トーク>を開催します

◆「みんなで語ろう〜生き物の飼育と外来種のこと〜」

 アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、トノサマガエル、カブトムシ・・・。
 生き物を飼うことは楽しいし、学ぶこともたくさんあります。
 でもそれらが北海道の自然のなかに放たれたら、もともと住んでいる生き物が、
 食べものや住み家を失ったり、食べられたりする問題が起きます。
 生き物を飼うことと,外来生物の問題を,みんなで考えてみませんか?


◇日時:8月20日 13:00〜15:00
◇場所:円山動物園 科学館ホール 企画展内
◇入場料:無料(動物園への入場料はかかります)
 申し込み:なし


◆トークゲスト
・更科美帆(酪農学園大学 特任助教)
・本田直也(札幌市円山動物園)
・吉田剛司(酪農学園大学 教授)

◇ ファシリテーター
長谷川 理(NPO法人EnVision環境保全事務所)

共催:酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室・札幌市円山動物園・NPO法人EnVision環境保全事務所

☆詳しくはこちらをご覧ください
http://www.city.sapporo.jp/zoo/04event/h29/gairaisyuten.html
〜10時30分 【浜中】 きりたっぷ子ども自然クラブ「夏の浜中冒険キャンプ」 <2泊3日>
☆★ 参加者大募集! ★☆

夏の浜中町を馬、カヌー、マウンテンバイクで冒険しよう!
ごはんは火をおこして、自分たちで作るよ!
夜はテントをたてて、満点の星空の下で眠ろう!
すてき夏の思い出になること間違いなし!みんなの参加を待っているよ!



[日時] 8月15日(火)9:00〜17日(木)10:30
※1日目、2日目両日とも荒天が予想される場合、中止といたします。中止の場合は、前日までにご連絡いたします。

[場所] 霧多布湿原

[集合・解散]
○集合:8月15日(火)9:00 MO-TTOかぜて(浜中町浜中東6線66)
○解散:8月17日(木)10:30 霧多布湿原センター(浜中町四番沢20)

[参加費] 1人20,000円

[対象] 小学校4〜6年生限定

[定員] 8名(最少遂行人数:4名)
※参加人数が最少遂行人数に満たない場合はキャンプを中止させていただきます。

[持ち物] 締切後、参加者に“しおり”を送付します。

[申込み受付] 6月24日(土)9:00〜7月8日(土)

[申込み方法] 電話、FAX、Eメールのいずれかでお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 霧多布湿原センター(担当:島)
〒088-1304 厚岸郡浜中町四番沢20番地
TEL:0153-65-2779
FAX:0153-65-2774
E-mail:center@kiritappu.or.jp
URL:http://kiritappu.mond.jp/center/

[主催] NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト

[後援] 浜中町教育委員会