ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 8月 20日(日) 次週 翌月
〜16時30分 【札幌】もう増やさないで!北海道の外来種展
円山動物園では、野生動物の保護活動や環境保全活動を進め、「人と動物と環境の絆をつくる動物園」を目指し、動物の飼育と展示を通じて環境教育を進めています。
その一環として、小・中学生の夏休み期間中、夏の特別展「外来生物展」を開催します。
北海道にいる外来生物たちを生でご覧いただくことによって、外来生物がもたらす問題を学んでいただき、これ以上増やさないように行動しようと考えていただける場にしたいと思っています。
ぜひご家族やお友達同士で足をお運びください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「もう増やさないで!北海道の外来種展」

 カブトムシやザリガニなどの外来種について、実物を見ながら楽しく学べます。

 ■日程

  8月5日(土)〜20日(日)

 ■時間

  9時30分〜16時30分

 ■場所

 円山動物園内 科学館ホール


 詳細お問い合わせは動物園まで
 http://www.city.sapporo.jp/zoo/gyouji/

☆−−−−−−−−−−その2−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

☆そして20日には<外来生物トーク>を開催します

◆「みんなで語ろう〜生き物の飼育と外来種のこと〜」

 アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、トノサマガエル、カブトムシ・・・。
 生き物を飼うことは楽しいし、学ぶこともたくさんあります。
 でもそれらが北海道の自然のなかに放たれたら、もともと住んでいる生き物が、
 食べものや住み家を失ったり、食べられたりする問題が起きます。
 生き物を飼うことと,外来生物の問題を,みんなで考えてみませんか?


◇日時:8月20日 13:00〜15:00
◇場所:円山動物園 科学館ホール 企画展内
◇入場料:無料(動物園への入場料はかかります)
 申し込み:なし


◆トークゲスト
・更科美帆(酪農学園大学 特任助教)
・本田直也(札幌市円山動物園)
・吉田剛司(酪農学園大学 教授)

◇ ファシリテーター
長谷川 理(NPO法人EnVision環境保全事務所)

共催:酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室・札幌市円山動物園・NPO法人EnVision環境保全事務所

☆詳しくはこちらをご覧ください
http://www.city.sapporo.jp/zoo/04event/h29/gairaisyuten.html
10時00分〜12時00分 【釧路】 見せます!釧路野生生物保護センターの裏側!!「バックヤードツアー」
普段非公開としている釧路湿原野生生物保護センターの治療・飼育エリアをバックヤードツアーと題し、一般公開いたします。センターでは、交通事故等で傷ついて保護されたシマフクロウ・オオワシ・オジロワシ等の希少猛禽類の治療や野生復帰を目指したリハビリ飼育を行っております。野生復帰を第一に考え、普段は一般公開をおこなっておりませんが、センターの役割やこの地域に生きる野生生物のおかれている状況を知ってもらう機会を提供するため開催いたします。

☆チラシのダウンロードはこちらから↓
URL:http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/170721.pdf

[日時] 1回目:8月20日(日)10:00〜12:00 / 2回目:9月17日(日)10:00〜12:00
※雨天決行、荒天中止

[場所] 釧路湿原野生生物保護センター(釧路市北斗2-2101)

[定員] 各回約20名

[対象] どなたでも参加可能 ※小学生以下は、保護者同伴でご参加ください。

[参加費] 100円/人(保険代・テキスト代として)

[申込み方法] 8月10日(木)までに、参加希望者全員のお名前・年齢・ご連絡先・参加希望日をご記入の上、FAXまたはEメールで申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 事務局:猛禽類医学研究所(担当:小笠原)
TEL:0154-56-3465
FAX:0154-56-3466
E-mail:irbj@irbj.net

[主催] 環境省釧路湿原野生生物保護センター

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2017/post_36.html
10時00分〜12時30分 【苫小牧】 緑ヶ丘公園観察会
自然に恵まれた公園内を散策し、植物や野鳥などの観察を楽しみましょう。
事前の申込みは不要です。当日直接お越しください。

[日時] 8月20日(日)10:00〜12:30

[場所] 苫小牧市緑ヶ丘公園 金太郎の池

[集合] 苫小牧市緑ヶ丘公園 金太郎の池駐車場(苫小牧市清水町3丁目)
○JR苫小牧駅北口から2.5km、徒歩30分
○JR苫小牧駅北口から道南バス「03:鉄北北口線」乗車、「総合運動公園」下車、徒歩10分

[参加費] 無料(保険料として100円徴収)

[持ち物・服装] 季節にあった服装、飲料水

[申込み] 不要、当日集合ください

[問い合わせ先] TEL:0144-73-8912(谷口)

[主催] 北海道ボランティア・レンジャー協議会


10時00分〜14時00分 【美唄】 ぶらしっち 〜夏の農家ランチ付きガイドウォーク〜
季節やテーマで吟味した、その日オリジナルのコースをスタッフがご案内。気持ちよく歩いたあとは、こめ粉食Love(地域の農家のお母さん達)が作る地場産・旬野菜たっぷりのお昼ご飯をいただきます。今回のガイドウォークのテーマは…『宮島沼の原風景と歴史をたどるガイドウォーク part2〜幻のビーチと神社の沼を探せ!』です。宮島沼の周囲を歩き、石狩湿原の痕跡や開拓の史跡を紹介しながら、宮島沼の原風景と歴史を紐解きます。

[日時] 8月20日(日)10:00〜14:00

[場所] 宮島沼

[集合] 宮島沼水鳥・湿地センター(美唄市西美唄町大曲3区)

[定員] 15名(申込み先着順)

[参加費] 2,300円

[申込み方法] 「お名前」、「ご住所」、「緊急時の連絡先」をお知らせください。

[申込み締切] 8月13日(日)

[申込み先・問い合わせ先] 宮島沼水鳥・湿地センター(担当:牛山)
TEL:0126-66-5066
FAX:0126-66-5067
E-mail:mwwc@dune.ocn.ne.jp

[主催] 宮島沼水鳥・湿地センター、宮島沼プロジェクトチーム、こめ粉食Love

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://miyajimanumaproject.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
10時00分〜16時00分 【苫小牧】 夏のウトナイ湖・ウォークラリー
約500mの自然観察路を歩いて一周しながら、途中のポイントに設置された夏の自然に関するクイズに挑戦!

[日時] ※各日とも10:00〜16:00
・7月:29日(土)、30日(日)
・8月:5日(土)、6日(日)、11日(金・祝)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] なし

[参加費] 無料

[申込み] 不要、当日随時受付

[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231