ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 9月 7日(木) 次週 翌月
13時00分〜14時30分 【札幌】ドイツの大エネルギー転換
◇日時:2017年9月7日(木) 13:00〜14:30
 (講演会終了後、ご講演内容に関する研究会に移行します)

◇場所:北海道大学大学院地球環境科学研究院D棟101号室
    http://www.ees.hokudai.ac.jp/modules/query/access.html

◇参加費:無料

◇講演者:Felix Matthes博士 (ドイツ応用生態系研究所)

◇講演題目:ドイツの大エネルギー転換
(英語による講演ですが、日本語の資料配布と逐次訳がつきます)

[主催] 北海道大学持続可能な低炭素社会づくりプロジェクト
[共催] 北海道エネルギーチェンジ100ネットワーク、
    北海道再生可能エネルギー振興機構

◇講演要旨:
 ドイツのエネルギー大転換は、エネルギーシステムを化石燃料と原子力から再生
可能エネルギーに転換することであり、これは政策をドライバーとする、エネルギ
ーシステムの構造転換である。脱原発とエネルギーシステムの脱炭素化についての
基本的な政策決定は、ドイツ社会のリスクを考える特質が基礎にある。これは過去
20年間以上にわたる政治的学習過程である。1990年から2010年にかけての再生可
能エネルギーの発展を含み、この分野での技術開発に楽天的であった。
 エネルギー転換に関する主な挑戦は、技術的問題や再生可能エネルギーシステム
のコストにあるわけではない。構造転換は、はじめに多くの再生可能エネルギーの
普及に基づいており、これは発電パターンを変え、コスト構造を変えた。これが電
力市場を変えた。
 第2に電力システムの多様化で、新しい参入者が入り、経済的評価が起きた。
 第3に電力システムの空間的パターンが送電網の構造変化を生んだ。さらなるエネ
ルギー転換には、全体的なアプローチ及び以下の4つの柱が必要である。

? クリーンなエネルギーへの道筋
? 高い炭素資産(石炭、褐炭)の出口を探すこと
? ネットインフラの再編成
?(期限内の)イノベーション

※申込締切:9月6日(水)

<お申込み先>

北海道再生可能エネルギー振興機構 事務局 島畑
Email info@reoh.org TEL 011-223-2062 FAX 011-223-2063

メールおよびFAXでのお申込みの際は、「お名前」「ご所属」
「お電話番号」「メールアドレス」を記載の上、お申込みください。

なお、Webでお申込みの際は、ご案内の通り、下記申込フォームをご利用ください。

申込フォーム→ https://goo.gl/2JwkwH

◇連絡先:北海道再生可能エネルギー振興機構 事務局 島畑
     Email info@reoh.org TEL 011-223-2062 FAX 011-223-2063