ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 3月 9日(金) 次週 翌月
13時30分〜15時30分 【札幌】 ZEH等3省連携事業合同説明会 〜3省の支援事業について、各省担当官が説明します〜
平成30年度に実施予定のZEH等に係る支援事業について、ZEH等の供給、建築に関わる方々やZEH等の支援事業に関心のある方々を対象とした説明会を開催します。

我が国では、エネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(※)の実現を目指す」とする政策目標を設定しており、地球温暖化対策計画(平成28年5月閣議決定)においても同様に政策目標を設定しています。上記目標の達成に向け、平成30年度において、経済産業省、環境省、国土交通省の3省が連携して、ZEH等に対する支援事業を実施することとしています。

合同説明会では、各省の事業の内容等について、各省担当官より説明します。なお、支援事業の具体的な内容は来年度予算の成立後に決定しますので、本説明会の内容から変更されることがあり得ることをご了承ください。

※ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)↓
外側の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内空間の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅。

[日時] 3月9日(金)13:30〜15:30(13:00 開場(予定))

[場所] 札幌コンベンションセンター 1F 大ホール(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
※交通アクセス⇒ http://www.sora-scc.jp/access/index.html

[定員] 500名

[参加費] 無料(要事前申込み)

[対象]
○ハウスメーカー・工務店等のZEH等の供給に携わる事業者
○住設機器・建材メーカー等のZEH等の建築に関わる事業者
○その他、ZEH等に対する支援事業に関心のある方

[内容] 平成30年度に実施予定のZEH等に係る支援事業の概要 等

[申込み方法] ※定員になり次第受付終了とさせていただきます
(1)電話による申込み:0120-005-611
(2)FAXによる申込み:0120-062-068
(3)インターネットでの申込み:https://krs.bz/koushuu-setsumeikai/m/zeh3shourenkei

[問い合わせ先] ZEH等3省連携事業合同説明会 受付窓口
TEL:0120-005-611
FAX:0120-062-068
HP:https://krs.bz/koushuu-setsumeikai/m/zeh3shourenkei

[主催] 経済産業省、環境省、国土交通省

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000777.html


13時30分〜16時00分 【札幌】 シリーズ2℃未満の道 Vol.7「省エネルギー行動研究北海道交流集会(4)ゲーミングと行動変容」
省エネルギー行動を促すために、いろいろな取り組みが行われています。そのような方達から、よく聞くことが、どうやって「耳を傾けて」もらい、「自分ごと化」して、「行動変容に結びつけていくか」、それぞれに苦労している、ということ。今回は、「ゲーミング」と「行動変容」について、北海道大学大学院文学研究科准教授で、日本シミュレーション&ゲーミング学会副会長でもある大沼進さんにお話しいただきます。また、2004年から親子を対象とした各種プログラムを開発・提供している地球温暖化ふせぎ隊による実践について北海道環境財団の山本泰志さんに報告していただきます。
どうぞご参加ください。

[日時] 3月9日(金)13:30〜16:00

[場所] 札幌市環境プラザ 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共施設2階)

[お話]
○「ゲーミングと行動変容」
北海道大学大学院文学研究科 准教授 大沼 進さん
(日本シミュレーション&ゲーミング学会 副会長)
研究分野:心理学/社会心理学、環境学/環境影響評価・環境政策
○「地球温暖化ふせぎ隊の取り組みについて」
公益財団法人北海道環境財団 山本 泰志さん

[対象] 省エネルギー普及啓発や環境教育を実践されている方

[定員] 30名程度(事前に申込みください)

[参加費] 無料

[申込み方法] 「お名前」「ご所属」「連絡先」をお知らせください。

[申込み先・問い合わせ先・主催] NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
FAX:011-280-1871
E-mail:office@h-greenfund.jp
HP:http://www.h-greenfund.jp/

*平成29年度 独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成事業
13時30分〜16時30分 【札幌】 中間支援スキルアップ研修「地域の課題解決のために協働をつかいこなそう」
地域社会を取り巻く環境は大きく変化し、課題も複雑化しています。ひとつの分野やセクター
だけでは対応できない課題に対して、住民やNPO、企業、行政など多様な担い手が対話を重ね
て解決策を見出し、協働して取り組んでいくことが必要とされています。

しかし一方で、協働の有効性や重要性は認められているものの、現場では「うまくいかない」
「一向に進まない」という声も多く耳にします。

この研修では、どのように活動を俯瞰(ふかん)し、協働をいかに促進することが課題解決に
つながるか、参加者の皆さんと考え、対話することを通じて、地域の中間支援力を高めていく
ことを目指します。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■

[チラシ]こちらからダウンロードしてご利用ください
     180309_中間支援スキルアップ研修「チラシ」(PDF:580KB)

[日 時]2018年3月9日(金)13:30〜16:30
[会 場]市民活動プラザ星園(札幌市中央区南8条西2丁目5-74)中会議室
     https://www.city.sapporo.jp/shisetsuannai/754.html
[対 象]中間支援組織スタッフ、協働に関わる行政職員や市民活動団体スタッフ等
[定 員]30名
[参加費]無料
[プログラム]
  ・情報提供「協働の基礎知識について」
     環境省北海道環境パートナーシップオフィス 溝渕 清彦
  ・演習「地域の課題解決のために協働をつかいこなそう」
    地域の課題や協働の現状の共有やグループディスカッション等を通じて、課題の具体
    的な解決方策や協働を進める際のポイントを探ります
     フリーファシリテーター 伊東 かおりさん
  ・情報提供「持続可能な社会づくりに向けた環境省事業について」

  ※ご参加の皆さまにもれなく、冊子「環境保全からの政策協働ガイド」(2018/2、地球環
   境パートナーシッププラザ)を配布いたします

[進 行]フリーファシリテーター 伊東かおりさん
     経営コンサルタント会社でのインターン後、起業支援を行うNPOスタッフを経て、
     2011年に独立。未来デザイン手法などの問題解決スキルを活用したチームづくり
     や人材育成を行い、行政と地域住民の協働促進や福祉現場のチームリーダー育成
     を実践。北海道「平成29年度地域力スキルアップセミナー」講師等。札幌市在住。
[主 催]環境省北海道環境パートナーシップオフィス
     特定非営利活動法人北海道NPOサポートセンター
[備 考]3月8日(木)9日(金)同会場にて、NPO法人北海道NPOサポートセンターの主
     催による「道内中間支援センター研修&交流会」が開催されます。
     特定非営利活動法人北海道NPOサポートセンター http://npo.dosanko.org/
16時00分〜18時00分 【東京】 第2回 EDU-Portシンポジウム
文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」では、外務省・経産省などの関係省庁、JICA・JETROなどの政府系機関、大学・教育委員会、教育産業をはじめとする国際的な教育協力の実施機関の関係者と「日本型教育」に関心を持つ海外の機関を一堂に会し、今年度の成果及び今後の方向性を共有するため、シンポジウムを開催いたします。「日本型教育」に寄せられる期待・ニーズや、海外での具体的な展開事例について知り、国内事業者や各国大使館とネットワーキングをする機会となりますので、是非ご参加ください。

[日時] 3月9日(金)16:00〜18:00

[場所] 文部科学省 3階講堂(東京都千代田区霞が関3丁目2番2号)

[定員] 300名(参加無料)

[内容] ※言語:日本語・英語(同時通訳有)
○今年度のご報告及び来年度の方向性について(文部科学省)
○EDU-Port公認プロジェクト報告
・国立大学法人東京学芸大学
「在外教育施設(日本人学校)を拠点とする日本型教師教育の国際展開モデルプロジェクト」<タイ>
・国立大学法人広島大学
「子どもの主体性を培う『日本型防災教育モデルBOSAI』を用いた安全で安心な学びの環境づくり支援」<ネパール>
・株式会社学研ホールディングス
「インドにおける日本型職業訓練事業」<インド>
・ミズノ株式会社
「初等義務教育・ヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業」<ベトナム>
・ヤマハ株式会社
「初等中等義務教育の音楽教科への器楽教育導入及び定着化事業」<ベトナム>
・国立大学法人福井大学
「『福井型教育の日本から世界への展開』アジア・アフリカ・日本の教師教育コラボレーション事業」<ASEAN、アフリカ諸国等(特にフィリピン、マラウイ)>
・日本教育工学会EDU-Portプロジェクト
「カンボジア教員研修センターと日本をつなぐ、日本開発デジタル教材を活用した小学校英語研修と遠隔サポート」<カンボジア>
○在京大使館員より「日本との教育協力に寄せる期待」の発表等
○意見交換
○レセプションパーティー:文部科学省 1階 食堂
 (18:15〜19:45/参加無料/定員(100名先着)に達し次第締切)

[申込み方法] 「所属」「氏名」「レセプション参加有無」を記載したメールを専用メールアドレス( education-info@ml.mri.co.jp )宛にお送りください。
※参加多数の場合は、申込み先着順とさせていただきます。

[問い合わせ先] 事務局:株式会社三菱総合研究所
TEL:03-6705-6051
E-mail:education-info@ml.mri.co.jp

[主催] 文部科学省

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://www.eduport.mext.go.jp/html/programs/internal-seminar.html