ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 8月 3日(金) 次週 翌月
12時30分〜16時40分 【札幌】 難民についての教材活用セミナー
2018年春、昨年の夏と今年の春にもご好評いただきました「難民についての教材活用セミナー」を東京・札幌・名古屋・大阪・福岡・広島にて行います(前回の様子はこちら)。
このセミナーは、教職員や教職を志す学生をはじめとしたご関心をお持ちの方々を対象に、総合的な学習の時間や社会科の教科指導、人権教育、キャリア教育における活用、グローバル人材の育成やアクティブラーニングへの貢献を目的として、難民問題やUNHCRについての基礎知識に加え、当協会が開発したワークショップ『いのちの持ち物けんさ』と『あるものないものワークショップ』の実践方法の伝達を行うものです。
また、ワークショップ実施をサポートしている学生団体SOARのメンバーも参加し、先生方との連携を強化していきます。

日時:2018年8月3日(金)12:30〜16:40(開始30分前開場)
場所:ちえりあ 研修室1(札幌市西区宮の沢1-1-10)
参加費:無料
後援:札幌市教育委員会・JICA北海道

【申し込み方法】
以下の内容をメール(宛先:)にてお知らせください。

メールの件名:
「【希望都市名】難民についての教材活用セミナー参加申込(※1)」
本文:
1. お名前(よみがな)
2. ご所属
3. (小・中・高)教員or学生orその他
4. 連絡先電話番号
5. この講座に期待すること
6. セミナーを知ったきっかけ
7 ご質問等(任意)
※1 希望する参加都市名(東京/札幌/名古屋/大阪/福岡/広島のいずれか)を記載してください。
※各回定員30名・定員に達し次第締切となります。
※いただいた個人情報は当協会で管理し、セミナーの参加者管理及びお知らせ以外の目的で使用することはありません。
また、第三者提供はいたしません。委託する場合は、当社と秘密保持契約書を締結した委託先のみに委託します。
開示等の請求は、以下の「お問い合わせ」までご連絡ください。
※ご登録いただいたメールアドレスに、国連UNHCR協会からのメールニュースを配信させていただきますことご了解ください。

【ダウンロード】
広報用チラシ(PDF)
ニュースリリース(PDF)

【お問い合わせ】
国連UNHCR協会  法人・学校担当(天沼)
Email:school@japanforunhcr.org
TEL:03-4366-7373  FAX:03-3499-2273
〒107-0062  東京都港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター3階

☆詳しくはこちらをご覧ください
https://www.japanforunhcr.org/archives/13713
13時00分〜15時30分 【釧路】 上智と語ろう!釧路のかわまちづくり 〜フィールド実践型環境ゼミナール Human Ecology: Rivers〜
上智大学国際教養学部の授業「Human Ecology: Rivers」では、2014年から毎年夏期間で釧路にてフィールド学習を行っています。
本年度は、「上智と語ろう!釧路のかわまちづくり」と題し、釧路を考えるイベントを開催し、上智大学に籍を置く留学生を含む学部生、大学院生たち専門家が釧路について熱く語ります。
イベント終了後には、上智大学を紹介する「ミニオープンキャンパス in 釧路」も開催予定。釧路大好き、自然大好き、まちを良くしたい思いがある方、是非ご参加をお待ちしております。

[日時] 8月3日(金)13:00〜15:30

[場所] 釧路市中央図書館 7階 多目的ホール(釧路市北大通10丁目2番1号)

[参加費] 無料(要事前申込み)

[内容]
○第1部:上智学生によるフィールド学習のまとめ(13:00〜)
上智大学生が釧路で気づいた自然の大切さや世界の湿原、魚、そして料理につい
て語ります。
○第2部:「釧路のかわまちづくり」トーク(14:00〜)
釧路の「かわ」と「まち」の未来について専門家が語ります。
・長坂 晶子 氏(北海道総合研究機構)
・有賀 望 氏(札幌市豊平川さけ科学館)
・坂井 一浩 氏(水辺の楽校祭実行委員会)
※15:45からは「上智大学ミニオープンキャンパス in 釧路」を開催します。高
校生向けですが一般の方もご参加いただけます。

[申込み方法] Eメールにて、氏名・所属・参加人数をご連絡ください。
※申込み先:kushirosophia@gmail.com

[問い合わせ先] 釧路国際ウェットランドセンター(担当:菊地)
TEL:0154-32-3110

[主催] 上智大学国際教養学部・大学院グローバルスタディーズ研究科
18時30分〜21時00分 【札幌】SDGsとアドボカシー 〜国連のオープン・プロセスに学ぶ
 国連が採択した2030年までの世界共通目標である持続可能な開発目標
(SDGs)は、日本においても様々な形で紹介される機会が増えており、
自治体レベルでの動きも活発化しつつあります。とりわけ北海道では、
SDGs未来都市に4自治体(下川町、ニセコ町、札幌市、北海道)が選定
されるなど全国的にも注目を集めており、北海道庁ではSDGs推進本部を
設けるとともに、SDGsの達成に向けたビジョンの策定に向けた動きを始めて
います。こうした自治体の動きを実のあるものにするためには、多様な市民の
関与と参画のプロセスが必要です。
 今後の地域におけるSDGs達成に向けたプロセスに活かすために、市民社会
組織の立場からSDGsの策定や国内でのアドボカシー(政策提言)に取り組んで
いる黒田かをりさんを迎えて、お話を伺います。ぜひ、ご参加ください。

■日 時 2018年8月3日(金) 18:30〜21:00
■会 場 愛生舘サロン
   札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル6F(南側奥)
■参加対象 SDGsをめぐるアドボカシーに関心のある方
(参加無料・要申込/定員20名)

<講師プロフィール>
黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事
 民間企業に勤務後、コロンビア大学経営大学院日本経済経営研究所、
アジア財団日本の勤務を経て2004年より現職。2010年よりアジア財団ジャパン
・ディレクターを兼任。2007年より日本のNGO代表としてISO26000(社会的責任)
の策定に参加。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「持続可能性に
配慮した調達コード」WG委員、SDGs推進円卓会議構成員、SDGs市民社会
ネットワーク代表理事、ビジネスと人権NAP(国別行動計画)市民社会プラット
フォーム副代表等を務める。

<参加申込>
 EメールもしくはTEL、FAXにて必要事項(お名前・ご所属・連絡先)をお知らせください。
  syu@sapporoyu.org TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
  (さっぽろ自由学校「遊」事務局・小泉)

主催 NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
助成 環境再生保全機構地球環境基金