ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 10月 5日(土) 次週 翌月
10時00分〜15時30分 【白老】ラブアースの森づくりin白老2019
ラブアースの森の育樹活動と、ウヨロ川フットパスウォーキングを開催します。
育樹活動から、森林を守り育てることの重要性を知り、自然を観察して生物の力強さを
感じてもらうプログラムです。
 ◆森づくり(育樹)/カラマツの伐り倒し、枝の切り落とし、エゾシカ被害対策ネット取り付け
 ◆ウヨロ川フットパスウォーキング/サケの遡上や川辺の自然観察
 ◆昼食は森でバーベキュー。白老牛やジンギスカンを堪能していただきます。

日 時:10月5日(土)10:00〜15:30(現地活動時間)
※送迎バスあり〜
  札幌大通NHK前(集合場所)※ 要申込み 8:00出発・17:30到着予定/往復1500円

場 所:白老町 トラストの森、ラブアースの森、ほか/トラストの森地図 集合場所
※当日はのぼりや看板で道案内します。自家用車は乗り合わせをお願いします。

内 容:森づくり(除間伐・枝打ち等)、フットパスウォーキング

募集人数:30名・先着順

参加費:2000円(昼食代・保険代を含む、小学生1500円・未就学児500円)

持ち物:軍手、飲み物、タオル・雨具など。
    昼食主食としておにぎり等を持参ください。

プログラム 10:00 開会、準備体操・作業説明、ラブアースの森へ移動
10:30 森づくり-1 カラマツ林の除間伐
12:30 昼食バーベキュー
13:30 森づくり-2 枝打ちとエゾシカ被害対策ネット取り付け
           〜ウヨロ川フットパスウォーキング
15:30頃終了、解散

■申込み
・申込フォームはこちら

・必要事項をFAX、E-mail等でお知らせください。
  参加者の氏名・年齢
  連絡先住所・電話(できれば携帯)・E-mail、
  バス利用の有無
  ⇒ FAX(011)215-0149/E-mail office@kitanet.org(@は小文字に変換)

 申込書ダウンロード →こちら
 締切りは10月2日(水)

※チラシをダウンロードできます。→こちら

■問合せ:NPO法人北海道市民環境ネットワーク
 札幌市中央区南1条西5丁目8 愛生舘ビル5F
  TEL(011)215-0148
   
■主催:NPO法人北海道市民環境ネットワーク、NPO法人ウヨロ環境トラスト
10時00分〜 【東京】アイヌ・フェスティバル2019
 道では、来年4月24日のウポポイ開設に向けて、ウポポイやアイヌ文化の魅力を紹介す
るPRイベントを東京都において次のとおり開催します。

 ・日時:10月5日(土)〜6日(日)10:00〜17:00
 ・場所:アリオ亀有 1Fサニーコート(東京都葛飾区亀有3丁目49−3)
 ・内容:
     ・アイヌ古式舞踊やアイヌ音楽の披露
     ・アイヌ民工芸品の販売、製作体験
     ・アイヌ民族衣装の試着、アイヌ料理の試食
     ・ウポポイ来場イメージ及びアイヌ民族の世界観のVR体験
     ・6日(日)には、ウポポイ開設PRアンバサダー宇梶剛士さんトークステー


▼詳しくはこちら(環境生活部アイヌ政策課ホームページ)
 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ass/index.htm

◆◆ウポポイPRキャラクター「トゥレッポん」発表◆◆

 先月、ウポポイPRキャラクター「トゥレッポん」が発表されました。
 「トゥレッポん」のモチーフは、「トゥレプ」=オオウバユリの鱗茎(球根)
 北海道在住の絵本作家・イラストレーターの「そらさん」のデザインになります。
 今後、関連イベントやグッズで登場します。お楽しみに。
 トゥレッポんはウポポイポータルサイトでご覧になれます。

▼詳しくはこちら(ウポポイPRキャラクター「トゥレッポん」)
 https://www.ainu-upopoy.jp/character/

◆◆ウポポイ(民族共生象徴空間)◆◆
 ウポポイは、2020年4月24日、白老町ポロト湖畔に誕生するアイヌ文化復興等のナショ
ナルセンターです。
 愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。

▼詳しくはこちら(ウポポイポータルサイト)
 https://ainu-upopoy.jp
☆環境生活部アイヌ政策課 TEL 011-204-5185
13時30分〜15時45分 【札幌】「アニマルウェルフェアをめぐって」プレイベント
アニマルウェルフェア(家畜福祉)の語源は、(人も動物も)満たされて、  生きている」状態。実現していくためには、家畜の習性や生理・生態を理解することが基本です。ストレスから自由で、行動要求が満たされた健康的な家畜と、人間との関わりはどうあるべきか。
アニマルウェルフェアによる畜産革命が急速に進むEU(欧州連合)や、日本国内の最新事情を踏まえて解説します。

・日 時:10月5日(土) 13:30〜15:45
・場 所:かでる2・7 10階 1050会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
・参加費:予約 800円 当日 1,000円
・問い合わせ:0164-26-3636(NPO法人さっぽろ自由学校「遊」)

☆詳しくはこちらをご覧ください    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/shs/01/kikaku/merumaga.pdf