ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 11月 8日(金) 次週 翌月
(継続中) 【札幌】すずきもも個展 くまのもりの巻
あたらしく令和となった今年も後2ヶ月。そろそろ雪も降る頃になりました。 そういえば今年、くまが住宅地に出没して、山に帰れず駆除されたニュースがありましたね。畑の作物があまりにも美味しくて、山へ帰ることができなかったくま。くまの住む山や森に食べ物がなかったのでしょうか?それとも大きな気候変動にくまの住む環境が変化しているのでしょうか?
できれば、くまは山奥の森の、くまの世界で幸せに生きていてほしい。人はくまや野生生物の住む環境を、生態系を守っていかなければですね。 そんなくまたちへオマージュを込めて、くまさんの絵を描きました。
個展会場では絵本やお仕事で描いた絵の原画の展示のほか、くまさんの絵やイラスト原画を展示販売します。ほか、カレンダーや一筆箋、毎年人気のワインや紅茶などもご用意いたしました。ぜひ、のんびりお立ち寄りください。

おまちしております。

すずきもも

と き / 2019年11月7日(木)〜12日(火) open11:30〜18:00(最終日は17:00まで)  
ところ / もみの木so 札幌市中央区南3条西26丁目2-24
14時00分〜17時30分 【札幌】 令和元年度 地域国際化ステップアップセミナー in 札幌「フェアトレードと持続可能な地域づくり 〜パートナーシップで広める身近な国際協力〜」
途上国の生産者との間で「公平・公正な貿易」を行うことを目指しはじまったフェアトレード。
市民の力によって日本国内でも大きな広がりをみせています。

そのフェアトレードは途上国における持続可能な社会の実現だけでなく、国内の地域づくりにおいても大きな可能性を秘めています。この可能性をさらに活かしていくために、フェアトレードをどう広げていくべきか、自治体や企業、様々なアクターと共にパートナーシップで推進していく可能性についてセミナーを開催します。

全国で5番目のフェアトレードタウンとなった札幌市の事例、ビジネスや可能性をどう「見える化」していくかという視点からの事例を紹介頂き、参加者と共に持続可能な未来を考える機会とします。
皆様のご参加をお待ちしています。

☆チラシはこちらからご覧ください↓
URL:http://www.plaza-clair.jp/information/event191108

[日時] 11月8日(金)14:00〜17:30(受付開始 13:30)

[場所] 札幌エルプラザ 4階 大研修室(札幌市北区北8条西3丁目(JR札幌駅北口より徒歩3分)

[定員] 50名 ※要事前申込み(定員なり次第締切)

[対象] 全国の自治体・地域国際化協会職員、NPO/NGO関係者、その他関心のある方(企業、学生、および一般市民)

[参加費] 無料

[内容]
〇話題提供
「フェアトレード:生産者へのインパクトと市民運動としての広がり」
小松 豊明 氏(認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局長)
〇事例紹介(1)
「SDGsをきっかけにどのように“フェアトレードタウンさっぽろ”が誕生したのか」
佐竹 輝洋 氏(札幌市環境局 環境都市推進部 環境計画課 推進係長)
〇事例紹介(2)
「エシカル消費と地域への広がり〜ビジネスと地域活性化の観点から」
村上 彩子 氏(株式会社マックスドナ(エシカル・タイム運営))
〇事例紹介(3)
「参加を後押しする地域の取り組みの『見える化』」
長谷川 雅子 氏(一般財団法人CSOネットワーク 事務局次長・理事)
〇パネルディスカッション
「他地域がフェアトレードタウンさっぽろに続くには 北海道の事例を通して考える」
パネリスト:小松 豊明 氏、佐竹 輝洋 氏、村上 彩子 氏、長谷川 雅子 氏
ファシリテーター:池田 誠 氏(一般財団法人北海道国際交流センター 専務理事)
〇モデル事業紹介
佐藤 弘子 氏(一般財団法人自治体国際化協会 交流支援部 経済交流課 主査)
※終了後、別会場にて会費制の懇親会を予定しています。

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://bit.ly/2lYwJdM )からお申込みください。
Eメールでのお申込みの場合は、下記(1)〜(6)をお知らせください。
(1)件名:「11/8セミナー参加申込」
(2)お名前(ふりがな)
(3)ご所属
(4)ご連絡先(電話、メールアドレス)
(5)懇親会参加の有無
(6)本セミナーをお知りになったきっかけ

[問い合わせ先] 自治体国際化協会 市民国際プラザ(担当:小川、泉水(せんすい))
TEL:03-5213-1734
E-mail:international_cooperation@plaza-clair.jp

[主催] 一般財団法人自治体国際化協会 市民国際プラザ

[運営協力] 一般財団法人北海道国際交流センター

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.plaza-clair.jp/event/event191108.html


14時00分〜17時30分 【札幌】 令和元年度 地域国際化ステップアップセミナー in 札幌「フェアトレードと持続可能な地域づくり 〜パートナーシップで広める身近な国際協力〜」
途上国の生産者との間で「公平・公正な貿易」を行うことを目指しはじまったフェアトレード。
市民の力によって日本国内でも大きな広がりをみせています。

そのフェアトレードは途上国における持続可能な社会の実現だけでなく、国内の地域づくりにおいても大きな可能性を秘めています。この可能性をさらに活かしていくために、フェアトレードをどう広げていくべきか、自治体や企業、様々なアクターと共にパートナーシップで推進していく可能性についてセミナーを開催します。

全国で5番目のフェアトレードタウンとなった札幌市の事例、ビジネスや可能性をどう「見える化」していくかという視点からの事例を紹介いただき、参加者と共に持続可能な未来を考える機会とします。
皆様のご参加をお待ちしています。

[日時] 11月8日(金)14:00〜17:30(受付開始 13:30)

[場所] 札幌エルプラザ 4階 大研修室(札幌市北区北8条西3丁目)※JR札幌駅北口より徒歩3分

[対象] 全国の自治体職員・地域国際化協会職員、NPO/NGO関係者、その他関心のある方(企業、学生、および一般)

[定員] 50名 ※要事前申込み(定員になり次第締切)

[参加費] 無料 ※終了後、別会場にて会費制の懇親会を予定しています。

[主なプロブラム]
〇話題提供
「フェアトレード:生産者へのインパクトと市民運動としての広がり」
 認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局長 小松豊明 氏
〇事例紹介1
「SDGsをきっかけにどのように“フェアトレードタウンさっぽろ”が誕生したのか」
・札幌市環境局 環境都市推進部 環境計画課 推進係長 佐竹輝洋 氏
・認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会 事務局長 小松豊明 氏
〇事例紹介2
「エシカル消費と地域への広がり〜ビジネスと地域活性化の観点から」
 株式会社マックスドナ((エシカル・タイム運営) 村上彩子 氏
〇事例紹介3
「参加を後押しする地域の取り組みの『見える化』」
 一般財団法人CSOネットワーク 事務局長代理・理事 長谷川雅子 氏
〇パネルディスカッション
「他地域がフェアトレードタウンさっぽろに続くには北海道の事例を通して考える」
・ファシリテーター:一般財団法人北海道国際交流センター 専務理事 池田誠 氏
・パネリスト:小松豊明 氏、佐竹輝洋 氏、村上彩子 氏、長谷川雅子 氏
〇モデル事業紹介
 一般財団法人自治体国際化協会 交流支援部 経済交流課 主査 佐藤弘子 氏

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://bit.ly/2lYwJdM )からお申込みいただくか、下記(1)〜(6)を記載のうえ、Eメール( international_cooperation@plaza-clair.jp)で送信ください。
(1)件名【11/8セミナー参加申込】
(2)名前(ふりがな)
(3)所属
(4)連絡先(TEL、Eメール)
(5)懇親会参加の有無
(6)本セミナーをお知りになったきっかけ

[問い合わせ先] 市民国際プラザ(担当:小川、泉水(せんすい))
TEL:03-5213-1734
E-mail:international_cooperation@plaza-clair.jp

[主催] 一般財団法人自治体国際化協会 市民国際プラザ

[運営協力] 一般財団法人北海道国際交流センター

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.plaza-clair.jp/event/event191108.html