ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 12月 11日(水) 次週 翌月
14時30分〜16時50分 【札幌】海氷情報センター開設50年記念講演会・パネル展示
オホーツク海やその周辺海域で発生する海氷の分布状況を集約、分析・整理して、船舶等に情報提供している「海氷情報センター」が今シーズンで50年を迎えます。
同センターを設置している、第一管区海上保安本部ではこれを記念して、次のとおり講演会・パネル展示を開催します。

[日 時] 令和元年12月11日(水) 14時30分〜16時50分
[場 所] 北海道大学学術交流会館 (住所:札幌市北区北8条西5丁目)
     講演会:講堂 、パネル展示:ホール
[主 催] 第一管区海上保安本部
[共 催] 一般財団法人日本水路協会
[プログラム]
 基調講演
 「海氷情報センターのあゆみ 〜これまでの海氷観測を振り返って〜」
  第一管区海上保安本部海洋情報部長 小西 直樹
 特別講演
  1.「海洋情報提供の新時代 −海洋状況表示システム”海しる”−」
     海上保安庁海洋情報部長 加藤 幸弘
  2.「北太平洋の海洋循環・物質循環を駆動するオホーツク海」
     国立大学法人北海道大学低温科学研究所 教授 大島 慶一郎
  3.「宇宙から見た海氷観測」
     国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門
     衛星利用運用センター長 平林 毅 
  
  ・パネル展示 海氷関係のパネル展示

・お申し込み、詳細については、次のサイトをご覧ください。
   https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/ice_koen.html


18時30分〜19時30分 【札幌】 リレーセミナー「知床に学ぶ地球の未来2019」:第2回「世界自然遺産知床の価値と特異性」
(公財)知床自然大学院大学設立財団( http://shiretoko-u.jp/ )は、野生生物との共生を学ぶ教育の専門機関を知床の地に設立することを目指しています。
広く市民の皆様に活動を理解していただくセミナーのご案内です。

今年、札幌市南区住宅街でのヒグマの出没、そして猟友会による捕殺は、地域住民は安堵しましたが、道内外から多くの批判の声が上がり、野生生物の保護管理の必要性が急務となっています。
知床をフィールドにして、野生生物と人間社会との共存を考える全4回のセミナーです。(興味のある回のみのご参加もOKです)

[日時]
・第1回:11月6日(水)18:30〜20:00
・第2回:12月11市(水)18:30〜19:30
・第3回:1月22日(水)18:30〜19:30
・第4回:2月26日(水)18:30〜19:30

[場所] 札幌エルプラザ(札幌市北区北8条西3丁目)※札幌駅北口地下歩道12番出口横から建物まで直通

[参加費] 無料

[内容] 財団メンバーが講師のリレーセミナーです。(興味のある回のみのご参加でもOKです)
・第1回「野生生物の保護管理の必要性」
 講師:鈴木 幸夫
 私たちの生活圏にヒグマや猪が増えてきている。保護管理は喫緊の課題。
・第2回「世界自然遺産知床の価値と特異性」
 講師:中村 康江
 UNESCOが世界で守るべき遺産と認めた知床。その顕著で普遍的な価値とは?
・第3回「知床の歴史 保護の歩みと現況」
 講師:神山 和義
 世界遺産知床。現在に至るまでには厳しい自然と対峙する地元や研究者の英知があった。
・第4回「教育現場フィールドとしての知床」
 講師:上野 雅樹
 知床は野生生物管理学を学ぶ学生にとって多様な実習フィールドである。

[申込み先・問い合わせ先] 札幌シャチの会 事務局
TEL:090-4877-0234(中村)
E-mail:yasue220@de.mbn.or.jp (中村)
E-mail:ueno.masaki@goo.jp (上野)
E-mail:kazuyoshi_kamiyama@yahoo.co.jp (神山)

[主催] 札幌シャチの会(知床自然大学院大学設立財団を応援する市民の会)