ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 2月 16日(土) 次週 翌月
(継続中) エコ育広場2018出展者募集
「エコ育広場」は子どもから大人まで気軽に環境教育を体験できるイベントです。個人、市民団体、事業者、行政などの環境教育に関わる団体が体験プログラムを実施します。参加者は自由に出入りし、気軽に環境教育を体験できます。

■開催日時
2019年4月13日(土曜日)10:00から15:00
※入場料無料(小学生以下は保護者同伴とします。)

■会場
札幌エルプラザ公共4施設2F(札幌市北区北8条西3丁目)
※環境プラザ展示コーナー・環境研修室前スペース・交流広場での出展形態となります。

■募集期間
2019年2月12日(火曜日)〜3月7日(木曜日)

■申込方法
申し込み用紙(兼 同意書)に必要事項を記入の上、申込窓口まで郵送、FAX、E‐mail、持参のいずれかの方法でお申し込みください。
※申込用紙は環境プラザHPよりダウンロードできます
http://www.kankyo.sl-plaza.jp/work/ecoikuhiroba/2019bosyuindex.html

申込・問い合わせ窓口:札幌市環境プラザ
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共4施設2F
TEL/011-728-1667
FAX/011-728-1400
E-mail ecoiku.hiroba@gmail.com

■出展者説明会
日時:2019年3月7日(火曜日)19:00〜
場所:札幌市環境プラザ

■参加費
参加費をお願いします。1口500円よりお受けいたします。
10時30分〜14時50分 【札幌】 環境相談ミニ講座「クイズで学ぼう 省エネ・節電」
2月は、省エネルギー月間。この機会に、省エネや節電の知識や情報を更新しませんか?
クイズ形式での講座は、楽しみながら、新しい知識や情報が身につくと、各地で好評をいただいています。講座を開催される方のヒントにもなると思います。
皆さんからのご質問も大歓迎です!どうぞ、お気軽にご参加ください。

[日時] 2月16日(土)10:30〜11:50(午前の部) / 13:30〜14:50(午後の部)

[場所] 札幌市環境プラザ 展示コーナー(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共施設2階)

[お話] 札幌市環境プラザ環境相談員 岡崎朱実さん(家庭の省エネエキスパート診断指導級、うちエコ診断士)

[定員] 各回10名程度 ※なるべく、事前にお申込みください(当日参加も可能です)

[参加費] 無料

[申込み方法] 申込みフォーム( https://pro.form-mailer.jp/fms/20f93a28150591)、もしくは電話か直接窓口でお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 札幌市環境プラザ TEL:011-728-1667

[主催] 札幌市環境プラザ(指定管理者:(公財):さっぽろ青少年女性活動協会)

[企画運営] NPO法人環境活動コンソーシアムえこらぼ

[協力] NPO法人北海道グリーンファンド

≪ 札幌市環境プラザからのお知らせ ≫
札幌市環境プラザでは、毎週木曜日(祝日除く)13:00〜16:00に、省エネ・節電相談をはじめとした環境に関する相談をお受けしています。
直接、窓口にいらしていただいても結構ですし、電話でもお受けいたします。
○札幌市環境プラザ(指定管理者:(公財)さっぽろ青少年女性活動協会)
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共4施設2F
TEL:011-728-1667
URL:http://www.kankyo.sl-plaza.jp/
13時00分〜 【美瑛】 自然体験活動フォーラム in 大雪2018
今年度も国立大雪青少年交流の家を会場に、「自然体験活動フォーラム in 大雪」を開催いたします。
今回は「自然体験活動とソーシャルバリュー」をテーマに、自然体験活動をキーワードとした様々な分科会や、各分野のゲストを招いた全体会を通じて、自然体験活動の持つ価値について、参加者の皆様と一緒に考えます。
自然体験活動や環境教育、アウトドアを専門とした方はもちろん、行政、農林漁業、観光業の方、地域おこし協力隊、学生から社会人まで、幅広い方を対象としていますので、ぜひ気軽にお申込みください。

またフォーラムに先立ち、第1部といたしまして、自然体験活動指導者を対象とした様々な指導者養成講座も開設されますので、併せてご参加ください。
※第1部の詳細はこちらからご確認ください⇒ http://cone.jp/caravan_taisetsu/

[日時] 2月16日(土)13:00〜17日(日)12:30
[場所] 国立大雪青少年交流の家(美瑛町白金温泉) https://taisetsu.niye.go.jp/
[対象] 自然体験活動に興味のある人は、どなたでも!
[主なプログラム]
○全体会1(2/16(土)13:20〜15:00)
「自然体験活動とソーシャルバリュー」
・コーディネーター:宮本 英樹 氏(流山牧場・パドミュゼ 代表)
・パネリスト:井田 芙美子 氏(いただきますカンパニー 代表)
       瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院 精神科医師)
       佐藤 初雄 氏(国際自然大学校 理事長)
○全体会2(2/16(土)17:00〜18:30)
「自然体験活動と災害支援」
・コーディネーター:上田 融 氏(いぶり自然学校 代表)
○全体会3(2/17(日)10:30〜12:00)
「自然体験活動のこれから」
・コーディネーター:荒井 一洋 氏(大雪山自然学校 代表)
○分科会1(2/16(土)15:00〜17:00)
(1)森のようちえんのリスクマネジメント
   講師:田中 住幸 氏(飯田女子短期大学 准教授)
(2)あなたにも作れる!SDGsの学びの場
   講師:能條 歩 氏(北海道教育大学岩見沢校 教授・CONEトレーナー・リスクマネージャー)
(3)パッケージドプログラムの極意
   講師:二杉 寿志 氏(おたる自然の村公社 指導課長)
(4)自然体験活動と発達障害
   講師:安藤 正紀 氏(玉川大学教職大学院 教授)
(5)エコビレッジという暮らしと学びの場
   講師:坂本 純科 氏(北海道エコビレッジ推進プロジェクト 理事長)
○分科会2(2/17(日)9:00〜10:30)
(6)自然体験と学校教科の成績相関
   講師:山本 光一 氏(前田一歩園財団 自然普及課長)
(7)森の癒しと医療(森林療法)
   講師:瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院 精神科医師)
(8)畑のインタープリテーション
   講師:井田 芙美子 氏(いただきますカンパニー 代表)
(9)自然学校で飯が食えるか?
   講師:鈴木 宏紀 氏(自然考房 Nature Designing 代表)
※プログラムの詳細についてはチラシ(PDF)にてご確認ください↓
URL:http://cone.jp/wp-content/uploads/2018/10/caravan_taisetsu.pdf
[定員] 100名
[参加費]
○両日とも参加:7,500円(学生 5,500円)
○1日のみ参加:3,000円(16日は茶菓子代別途100円)
※宿泊の場合、宿泊先は国立大雪青少年交流の家( https://taisetsu.niye.go.jp/ )となります。男女別の相部屋、タオルや歯ブラシなどアメニティはありませんので、各自ご用意ください。
[申込み方法] ホームページの「申込みフォーム」より、必要事項を記入の上、お申込みください。
[問い合わせ先・主催] NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)
TEL:03-6407-8240(問い合わせ時間:月〜金 10:00〜17:00)
FAX:03-6407-8241
E-mail:info@cone.jp
[助成] 「平成30年度 子どもゆめ基金」助成事業

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://cone.jp/caravan_taisetsu/
13時30分〜16時00分 【帯広】 国立環境研究所地球環境セミナー「変貌する十勝の気候と地球温暖化」
2016年に発効したパリ協定は、温室効果ガスの排出を今世紀末には実質ゼロにするという目標を掲げています。
また、2018年10月に公表されたIPCCの特別報告書では、温暖化を1.5℃で止めるためには脱炭素のスピードをさらに上げなければいけないと結論づけています。
本セミナーでは、さまざまなCO2(二酸化炭素)観測手法と最新の観測結果、十勝地方や周辺地域での気候変化と将来予測、また、パリ協定の目標を達成するために不可欠な「社会の大転換」について、3人の講師が最前線の研究成果を踏まえた情報提供を行い、参加者との対話によりさらに理解を深めたいと思います。

☆プログラムの詳細は以下の開催案内(PDF)をご確認ください。↓
http://www.cger.nies.go.jp/ja/news/2018/181225/20190216-tokachi.pdf

[開催日時] 2019年2月16日(土)13:30〜16:00(開場13:00)

[開催場所] とかちプラザ(帯広市西4条南13丁目1番地)※JR帯広駅より徒歩3分

[定員] 定員70名(事前申込が必要です)

[参加費] 無料

[主なプログラム]
 ○増え続けているCO2 −北海道では? 世界では?−
  町田 敏暢(国立環境研究所 地球環境研究センター 大気・海洋モニタリング推進室長)
 ○十勝地方の気候の変化
  小司 晶子(気象庁 札幌管区気象台 気候変動・海洋情報調整官)
 ○「脱炭素社会」構築に必要な「大転換(トランスフォーメーション)」
  江守 正多(国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長)

[申込み方法] 「お名前」と「電話番号」を添え、下記の申込み先(メール、電話、FAX)までご連絡ください。

[申込み先・問い合わせ先] 北海道十勝総合振興局 保健環境部 環境生活課
メール:tokachi.kankyo10@pref.hokkaido.lg.jp
電話:0155-26-9027
FAX:0155-22-3746

[主催] 北海道十勝総合振興局、国立環境研究所、北海道環境財団

[後援] 帯広市
14時00分〜16時00分 【七飯】 世界湿地の日コラボイベント「大沼 ラムサール条約への道」
2012年7月にラムサール条約に登録された大沼。
登録に向けてどのような努力があったのか。登録に向けてご尽力された方々から当時の話を聞いてみませんか?

☆「世界湿地の日」とは?
水鳥の生息地となる湿地の保全を目的とした国際条約である、“ラムサール条約”が制定された2月2日を“世界湿地の日”として、世界中で湿地に関わるコラボイベントが開かれています。

[日時] 2月16日(土)14:00〜16:00

[場所] 大中山コモン 大ホール(七飯町大中山3丁目275-2)

[参加費] 無料(申込み不要、途中入退出自由)

[内容]
○基調講演(藍綬褒章受章記念)
 金澤 晋一(自然公園指導員)
○パネルディスカッション「大沼 ラムサール条約への道」
・パネラー
 金澤 晋一(自然公園指導員)
 有坂 美紀(Co.Design 代表)
 内山 到(北海道環境財団)
・司会:池田 誠(大沼ラムサール協議会)
○同時開催:ラムサール条約や他湿地のポスターなどを掲示

[問い合わせ先・主催] 大沼ラムサール協議会 TEL:0138-67-5855

[後援] 日本国際湿地保全連合、北海道ラムサールネットワーク、Wetland Seminar

[協力] 七飯町

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://www.facebook.com/events/536321283534744/
18時00分〜20時30分 【札幌】 第380回 野鳥お勉強会「円山動物園の鳥を紹介」
☆「野鳥お勉強会」とは…
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場としています。誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 2月16日(土)18:00〜20:30

[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)

[集合] 同上 17:50

[内容]
○テーマ:「円山動物園の鳥を紹介」
○講師:金井 陽一 氏(円山動物園ZOOガイドボランティア)
円山動物園では、昨年の春はホッキョクグマ館がオープンし、夏にはキリンが導入。また、最近ではアジアゾウ4頭が導入されて今春の公開に向けて準備中であるなど、見どころがどんどん増しています。現在、動物園には約170種900点の動物がいますが、そのうち、鳥類は35種166点ほどです。今回はその鳥類にスポットを当てて動物園内にいる鳥たちの姿を紹介します。

[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合は、お断りする場合があります。

[参加費] 3,500円(飲食代)

[申込み方法] 2月14日(木)までに、Eメール、もしくは電話にてお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会(代表: 富川)
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org

[主催] 野鳥お勉強会 http://www.toriben.org/