ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 3月 4日(月) 次週 翌月
(継続中) エコ育広場2018出展者募集
「エコ育広場」は子どもから大人まで気軽に環境教育を体験できるイベントです。個人、市民団体、事業者、行政などの環境教育に関わる団体が体験プログラムを実施します。参加者は自由に出入りし、気軽に環境教育を体験できます。

■開催日時
2019年4月13日(土曜日)10:00から15:00
※入場料無料(小学生以下は保護者同伴とします。)

■会場
札幌エルプラザ公共4施設2F(札幌市北区北8条西3丁目)
※環境プラザ展示コーナー・環境研修室前スペース・交流広場での出展形態となります。

■募集期間
2019年2月12日(火曜日)〜3月7日(木曜日)

■申込方法
申し込み用紙(兼 同意書)に必要事項を記入の上、申込窓口まで郵送、FAX、E‐mail、持参のいずれかの方法でお申し込みください。
※申込用紙は環境プラザHPよりダウンロードできます
http://www.kankyo.sl-plaza.jp/work/ecoikuhiroba/2019bosyuindex.html

申込・問い合わせ窓口:札幌市環境プラザ
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共4施設2F
TEL/011-728-1667
FAX/011-728-1400
E-mail ecoiku.hiroba@gmail.com

■出展者説明会
日時:2019年3月7日(火曜日)19:00〜
場所:札幌市環境プラザ

■参加費
参加費をお願いします。1口500円よりお受けいたします。
13時30分〜16時00分 【札幌】 報告会「エネルギー自立を目指すオーストリアの自治体と持続可能な地域づくりのしくみ」
ヨーロッパには、地域の存続や豊かさを実現することを目的として、化石燃料に依存しないエネルギー自立を目指す地域がたくさんあります。
オーストリアもその1つ。小さな村から、ウィーンのような大きな都市まで、たくさんの自治体、地域が、エネルギー自立を目指しています。どうしてそれができるのでしょうか?ヨーロッパの視察を続けて来られた 久保田学さん、平岡俊一さん に、その「しくみ」についてご報告いただきます。
お二人の報告をもとに、地域における再生可能エネルギーの視点を通した「持続可能な地域づくり」について考えてみませんか?
皆さんのご参加をお待ちしています。

[日時] 3月4日(月)13:30〜16:00(開場 13:00)

[場所] 札幌市環境プラザ 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共施設2階)

[内容]
○報告1:「地域気候政策を支える住民参加と内発的な地域づくり 〜ローカルアジェンダ21、LEADER(リーダー)〜」
 久保田 学さん(公益財団法人北海道環境財団 事務局次長)
○報告2:「オーストリアの自治体エネルギー政策を促す支援制度・体制について」
 平岡 俊一さん(滋賀県立大学 環境科学部 助教)

[定員] 40名

[参加費] 無料

[申込み方法] 申込みフォーム( https://pro.form-mailer.jp/fms/35833a6c68033)、もしくは電話かEメールでお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
E-mail:office@h-greenfund.jp

[主催] NPO法人北海道グリーンファンド http://www.h-greenfund.jp/

[後援] 札幌市、公益財団法人北海道環境財団、環境省北海道環境パートナーシップオフィス

[協力] 札幌市環境プラザ、一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構

13時30分〜16時30分 【札幌】 災害廃棄物対応セミナー 〜北海道胆振東部地震の教訓に学ぶ発災後の対応〜
近年、大規模災害の発生が相次ぎ、発災時の災害廃棄物対策について、様々な教訓が得られているところです。
それらの教訓の共有を図るとともに、発災時における初動と事後対応の検討及び人材育成のため、北海道地方環境事務所では、地方自治体等の行政担当者、廃棄物処理に関わる事業者及び一般市民の皆様を対象としたセミナーを開催します。
平成30年北海道胆振東部地震における災害廃棄物処理を振り返り、被災地で発災後に起きた問題とその対応について、以下のとおり、講演とパネルディスカッションを行います。

[日時] 3月4日(月)13:30〜16:30(受付開始 13:00)

[場所] ホテルポールスター札幌 2階 セレナード(札幌市中央区北4条西6丁目)
※アクセス⇒ http://www.polestar-sapporo.com/access/

[定員] 150名(申込み先着順)

[対象] 国、地方自治体、廃棄物処理に関わる事業者、一般市民

[プログラム内容]
○災害廃棄物対応セミナー
「平成30年胆振東部地震の初動対応について」
 茶山 修一 氏(環境省東北地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課 災害廃棄物対策専門官)
「災害廃棄物処理の体験に基づく計画のあり方の視点について 〜朝倉市と平成30年度被災自治体支援を通して〜」
 上村 一成 氏(福岡県朝倉市 市民環境部 環境課 リサイクル推進係 係長)
○パネルディスカッション
「平成30年胆振東部地震における災害廃棄物処理の振り返り」
・コーディネーター
 石井 一英 氏(北海道大学大学院工学研究院 教授)
・パネラー
 東條 安匡 氏(北海道大学工学研究院 准教授)
 茶山 修一 氏(環境省東北地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課 災害廃棄物対策専門官)
 吉田 裕 氏(環境省北海道地方環境事務所 環境対策課 災害廃棄物対策専門官) 
 八川 真幸 氏(北海道環境生活部 環境局 循環型社会推進課 主幹)
 上村 一成 氏(福岡県朝倉市 市民環境部 環境課 リサイクル推進係 係長)
 菊池 功 氏(むかわ町 総務企画課 財政グループ 主査)
 山本 正幸 氏(公益社団法人北海道産業廃棄物協会 副会長)

[申込み方法] 2月28日(木)までに、Eメール、あるいはFAXにてお申込みください。申込みの際には、件名に「災害廃棄物対応セミナー参加希望」、本文に「氏名・所属(勤務先等)・住所・電話番号」をご記入ください。
※申込みの先着順で参加登録いたします。

[申込み先] 応用地質株式会社 北海道支店
FAX:011-863-0138
E-mail:sasaki-tomoko@oyonet.oyo.co.jp

[問い合わせ先] 応用地質株式会社 北海道支店(担当:佐々木、箕浦、齋藤)
TEL:011-863-6711
E-mail:sasaki-tomoko@oyonet.oyo.co.jp

[主催] 環境省北海道地方環境事務所

※本セミナーの開催に関する事務運営は、北海道環境事務所から委託を受けた応用地質株式会社が実施いたします。

※ご提供いただいた個人情報は、本セミナーの開催目的以外には使用しません。

13時30分〜17時30分 【札幌】 プラスチックの未来と環境問題
気候変動や環境汚染が進む現代社会に生きる私たち
プラスチックとはこれからどう付き合っていけばいいのでしょうか。
海洋プラスチック汚染の現状から最先端の研究まで企業や環境先進国フィンランドにおける取り組み事例を参考に、皆さんで一緒に考えてみませんか?

※リーフレットは下記URLよりご覧ください※
https://docs.wixstatic.com/ugd/b84f13_b0e1751c71fd4d4c9cf1df191b0b0290.pdf

[日時] 2019年3月4日(月)13:30〜17:30

[場所] 北海道大学 学術交流会館(札幌市北区北8条西5丁目)

[内容] ※敬称略、順不同
● 基調講演
「海洋プラスチック汚染 〜マイクロプラスチック研究の最前線と今後の課題〜」
 磯辺 篤彦(九州大学 応用力学研究所 大気海洋環境研究センター 教授)
●講演
「生分解性プラスチックについての理解と誤解」
 松本 謙一郎(北海道大学 工学研究院応用化学部門 教授)
「バイオ素材プラスチック〜日本古来の植物、ススキの可能性」
 山田 敏彦(北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 教授)
「フィンランドにおけるサステナビリティ」
 松岡 宗太郎(北海道開発局 農業水産部農業整備課 課長補佐/前在フィンランド日本国大使館 一等書記官)
● パネルディスカッション
「2030年までに日本が取り組むべき課題と私たちが出来ること」
・ファシリテーター:小林 三樹(公益財団法人北海道環境財団 理事長)
・パネリスト:磯辺 篤彦(九州大学 教授)
       山田 敏彦(北海道大学 教授)
       岸村 小太郎(日本プラスチック工業連盟 専務理事)
● 交流会(18:00〜19:00)※会費 1,500円

​[申込み] こちらのURLより事前にお申込みください⇒ https://bit.ly/2U1RTTV

[問い合わせ先] 一般社団法人北海道バイオエコノミー研究所 TEL:011-232-3757 https://hokkaidobioeconomy.or.jp

[主催] 一般社団法人北海道バイオエコノミー研究所
    
[共催] 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター

[後援] 経済産業省北海道経済産業局(予定)、北海道、札幌市、一般社団法人北海道中小企業家同友会(予定)、EPO北海道

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
 https://www.hokkaidobioeconomy.or.jp/