ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 3月 9日(土) 次週 翌月
(継続中) 環境報告書展in札幌エルプラザ
企業の環境への取り組みを広く公開!
企業のCSR報告書を展示しています。

■日程
3月6日(水)〜3月11日(月)
9:00〜20:00
※最終日は17:00まで

■場所
札幌エルプラザ情報センター
(札幌市北区北8西3札幌エルプラザ1階)
10時00分〜14時00分 【札幌】 カンジキをはいて歴史の小路を歩こう
今から90年前以上、空沼二股から藤野まで、人が行き来していた路跡をカンジキを履いてたどります。

[日時] 3月9日(土)10:00〜14:00

[開催コース] 空沼二股(常盤)⇒ 常盤ヒルズ(532m)⇒ 藤野

[集合] 空沼二股(中央バス「空沼線」終点) 10:00集合 ※駐車スペースはありません。

[アクセス] 地下鉄南北線「真駒内駅」中央バス2番乗り場から、9:30発「空沼二股行き」乗車、終点下車

[対象] どなたでも参加いただけます ※5km程度雪原を歩きます(若干高低差があります)

[定員] 30名

[参加費] 500円(保険料含む)

[持ち物] 弁当、飲み物、長靴、着替え等 ※カンジキはこちらで用意しますが、お持ちの方は持参してください。

[申込み方法] 3月8日(金)までに、事前にEメールでお申込みください。その他、FAXもしくはお電話で。

[申込み先・問い合わせ先] 「カッコウの里を語る会」事務局(担当:小林保則)
E-mail:koba84@ceres.ocn.ne.jp
FAX:011-592-5923
TEL:011-592-5922

[主催] カッコウの里を語る会

10時30分〜 【札幌】 大雪山・山守隊 活動報告写真展
崩れの進む大雪山で、山を想い守るために活動する人たちの写真展および講演会・トークショーです。
(講演会は3月10日(日)の13:00〜14:30)

[日時] 3月9日(土)〜10日(日)※両日とも10:30〜18:00頃

[場所] 秀岳荘白石店 3階特設会場(札幌市白石区本通1丁目南2-14)
※アクセス⇒ http://ur0.link/Rjui

[入場料] 無料(申込み不要)

[問い合わせ先]
○秀岳荘白石店 TEL:011-860-1111
○大雪山・山守隊 TEL:070-2616-4396

[共催] 秀岳荘白石店、一般社団法人大雪山・山守隊

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://www.facebook.com/yamamoritai/
13時30分〜17時00分 【七飯】第4回大沼研究発表会
大沼に関わる研究者の方たちが日ごろの成果を発表する会。
今回で4回目を数え、地域課題に学術的アプローチを活かせるかが注目です。

[日時]3月9日(土)13:30〜17:00
[場所]大沼国際セミナーハウス
[参加申込]不要(入場無料!)
[プログラム]
13:30 開会

13:35 飛騨市における鳥獣被害対策としての野生獣肉利用推進について
洞翔哉 (一般社団法人飛騨市観光協会)

13:55 浜頓別町の持続可能な自然環境の共生
〜グローカルなフィールド観測から子どもたちへの自然環境教育へ〜
吉田磨,清水日香里(酪農学園大学)

14:15 みんなで大沼環境調査
〜ドローンと携帯電話を使った市民参加型調査の展望〜
桑原朋 (北海道大学)

14:35 大沼地域での外来生物に対する地域住民の意識調査
更科美帆,鈴木あいり (酪農学園大学) 吉田浩平 (大沼ラムサール協議会)
吉田剛司(NPO法人En Vision環境保全事務所)

14:55〜15:30 ポスターセッション

15:35 大沼の環境保全に対する七飯高校科学部の取り組み
玉森一 (北海道七飯高等学校)

15:55 渡島大沼の水質の周年変動パターンとその経年変化
〜2012年から2016年までの考察〜
田中邦明 (北海道教育大学函館キャンパス)

16:15 フューチャー・デザイン・ワークショップが及ぼす地域愛着や他者意識への影響
〜北海道・大沼地域を対象として〜
武田裕之 (大阪大学) 杉野弘明 (東京大学) 石川由美子,伴瑞季,
山西康太 (大阪大学)

16:35 大沼の湖内と流入河川の水環境について
鈴木啓明,三上英敏,五十嵐聖貴 (道総研環境科学研究センター環境保全部)

16:55 閉会

[共催団体について]
Wetland Seminar
湿地を研究対象とした研究者や学生が集まり、情報を交換し、研究を深めていこうという学生主催のセミナー。

大沼ラムサール協議会
平成24年に大沼がラムサール条約に登録されたのを機に結成された。

知の協働 大沼
大沼を研究地とする研究者のネットワーク。研究者同士の横の連携の強化を目的としている。

[共催]大沼ラムサール協議会、Wetland Seminar、知の協働 大沼
[お問い合わせ]大沼ラムサール協議会 TEL:0138-67-5885

☆詳しくはこちらをご覧ください
 https://www.facebook.com/events/1199766343508531/?active_tab=about
14時30分〜18時20分 【札幌】 参加者募集! SDGsチェンジリーダ―ズ会議 in 札幌 第1回SDGsクリエイティブアワード表彰式
SDGsとは、国連が定めた「持続可能な開発目標」です。「SDGsってどんなもの?達成のためにはどんなことが行われているの?」。この度、第1回SDGsクリエイティブアワードを開催し、より多く知ってもらうための短編映像作品を募集しました。その優秀作品の上映と表彰、さらにSDGsをけん引する各界の豪華ゲスト、チェンジリーダーらによる特別対談セッションを同時開催致します。ぜひご参加ください。

[日 時]2019年3月9日(土)14:30〜18:20(開場 14:00)
[会 場]札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ
     (札幌市中央区北1条西1丁目(最寄り地下鉄大通り駅))
 *アクセス:https://www.sapporo-community-plaza.jp/access.html
 *当館専用の駐車場及び指定の駐車場はございません。最も近い駐車場としては、当館を含む
  「さっぽろ創世スクエア」の地下に有料駐車場がございます

[参加費]無料(要事前申込/下記の「表彰式に参加する」からお申込みください)
[定 員]150名 ※定員に達した場合事前に締切る場合がございます

[審査員]
 蟹江 憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
 国谷 裕子(キャスター/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)
 堅達 京子(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
 菱川 勢一(映像作家・写真家/武蔵野美術大学教授)

[高校生平和スピーチ]
 庭田杏珠  国際平和映像祭(UFPPP)2018 学生部門賞

[プログラム] ※当日のプログラムは、予告なしに変更になる場合がございます。
 14:30 開始(14:00開場)
 14:30〜14:50 開会のご挨拶
 14:50〜15:10 メッセージ『SDGsで変える持続可能な未来(仮)』
         国谷 裕子(キャスター/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授)
 15:10〜15:25 SDGsクリエイティブアワードについて
         水野 雅弘(SDGsクリエイティブアワード実行委員長)
 15:30〜17:00 「第1回SDGsクリエイティブアワード表彰式」
         入賞作を上映、制作者を表彰
 17:00〜17:20 休憩
 17:20〜17:30 SDG16:平和と公正「高校生平和スピーチ」
         庭田 杏珠(国際平和映像祭(UFPPP)2018 学生部門賞)
 17:30〜18:15 「特別対談セッション」
         蟹江 憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
         国谷 裕子(キャスター/慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)
         堅達 京子(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー)
         菱川 勢一(映像作家・写真家/武蔵野美術大学教授)
 18:20 閉会

[主 催]SDGsクリエイティブアワード実行委員会

[共 催]北海道、札幌市

[協 賛]株式会社大和証券グループ本社、ANAホールディングス株式会社、三井住友信託銀行株式会社、
     公益財団法人秋山記念生命科学振興財団、サラヤ株式会社

[後 援]国連広報センター、内閣府(申請中)、神奈川県、JICA北海道、朝日新聞北海道支社、
     HTB北海道テレビ、他関係省庁

[協 力]No Maps実行委員会、SDGs for School(Think the Earth)

[お問い合わせ]SDGs クリエイティブアワード実行委員会(事務局:株式会社TREE(SDGs.TV)内)
 〒248-0012 鎌倉市御成町13-37 ブランシュ鎌倉2階 
 メール:info@sdgs.world
 電話:070-3532-8800(平日 10:00〜17:00)

☆詳しくはこちらをご覧ください
 https://www.sdgs.world/award_ceremony