ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 5月 26日(日) 次週 翌月
10時00分〜12時00分 【苫小牧】 ウトナイ湖・夏鳥ウォッチング 〜美しい姿とさえずりを楽しもう〜
南の地方で冬を越していた夏鳥たちが渡ってきました。
美しい「さえずり」を聞くには早朝がおすすめ。センダイムシクイなどの姿と声を楽しみましょう。

[日時] 5月26日(日)10:00〜12:00

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[定員] 申込み先着20名

[参加費] 無料

[持ち物] 飲み物、雨具、あれば双眼鏡(貸出あり)など

[申込み方法] 5月25日(土)までに電話、または直接来館での申込み

[申込み先・問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
TEL:0144-58-2231
URL:http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/

10時00分〜12時00分 【旭川】 北海道自然史研究会2019年度大会 in 旭川「外来種フォーラム&駆除体験ワークショップ」
北海道開拓150年、私達人間活動の結果、北海道の隅々まで入り込んでしまった外来種。今回は本州から北海道に持ち込まれた国内外来種アズマヒキガエルをメインに、それらが及ぼす影響と、もともとの生態系を取り戻すために、一旦入り込んでしまった外来種を根絶するのが、いかに大変なのか?それらについての研究結果と、実際の駆除活動をやってみたり見てみたりすることで、外来種を“捨てない”、すでに野外にいる外来種を他地域に“拡げない”という、外来種被害予防三原則がいかに重要であるか。そして今回のフォーラムで、一人一人の行動が非常に大切であるか、と言うことを知ってもらいたいと思います。

[日時] 5月25日(土)13:00〜21:00 / 26日(日)10:00〜12:00

[場所] 上川教育研修センター(旭川市6条通4丁目)
http://kami-cen.hs.plala.or.jp/

[内容]
■ 5月25日(土)
○13:00〜17:30 外来種フォーラム
・基調講演
「見落とされてきた脅威を暴く 〜北海道に定着したアズマヒキガエルのインパクト〜」
 岸田 治(北海道大学北方圏FSC)
・発表
「道内におけるアズマヒキガエルの生息状況調査結果について」
 坂村 武(北海道環境生活部 生物多様性保全)
「住民連携で成果をあげる深川市のアズマヒキガエル駆除活動」
 八谷 和彦(深川ひきがえるバスターズ)
「札幌市北の沢のアズマヒキガエルの生息状況とその取り組み」
 徳田 龍弘(エスワン動物専門学校)
「函館のヒキガエルはどこから来たのか?その謎を推理する!!」
 斎藤 和範(北海道教育大学旭川校) など
○19:00〜21:00 ワークショップ(ヒキガエル駆除体験)
○21:30〜 懇親会

■ 5月26日(日)
○10:00〜12:00 駆除試験地見学(集合:音江小学校 駐車場)

[参加費] 500円(資料代)※宿泊は3000円、懇親会は2500円(大学生1000円)

[申込み方法] 「25日・26日の参加」「懇親会・宿泊の参加」について、大会担
当:斎藤までEメールでお申込みください。
E-mail:kazoo_zarigani@sepia.plala.or.jp

[問い合わせ先] 北海道自然史研究会 事務局(さっぽろ自然調査館内)
TEL:011-892-5306
E-mail:n-h@cho.co.jp

[主催] 北海道自然史研究会