ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 6月 22日(土) 次週 翌月
10時00分〜12時00分 【苫小牧】 第2回 野生動物に学ぶ救護セミナー 〜マダニにやられないために〜

[日時] 6月22日(土)10:00〜12:00

[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)

[集合] 同上

[内容] マダニの生態、マダニ由来の病気、野外で気をつけること など

[定員] 申込み先着30名

[参加費] 無料

[持ち物] 筆記用具

[申込み方法] 電話、または直接来館での申込み

[申込み受付期間] 6月1日(土)〜6月22日(土)

[申込み先・問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
TEL:0144-58-2231
URL:http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/
10時00分〜 【江別】えべつ環境広場2019
えべつ環境広場は、今年で29回目を迎えることができました。「見つめよう江別の環境 奏でよう緑のシンフォニー」をメインテーマに、「えべつ環境広場」は、活動発表の場、情報交換の場、さらには環境を考える場として、多くの皆さまのご協力を得て開催しているものです。ここまで続けて来ることができたのは、出展して下さる皆さま、来場して下さる方々、ご支援・ご協力してくださるたくさんの方々のおかげだと、感謝しています。
 今年度のサブテーマは、「もっと、ずっと、eライフ」といたしました。映画「おだやかな革命」の上映や海洋プラスチックに関するミニセミナー、たくさんのアクティビティなど、盛りだくさんの内容です。皆さんのご参加をお待ちしています。

日時:2019年6月22日(土)10:00〜20:00
   2019年6月23日(日)10:00〜16:00
会場:江別市野幌公民館(江別市野幌町13-6)
対象:一般(子どもから大人まで)
参加費:無料
主催:えべつ地球温暖化対策地域協議会、江別市
協力:北海道、公益財団法人北海道環境財団、環境省北海道環境パートナーシップオフィス
お問い合わせ先:
 TEL  011−381−1019(江別市環境課)
 MAIL info@ebetsu-earth.net(えべつ地球温暖化対策地域協議会)

★無料映画上映「おだやかな革命」(6月22日のみ)
予告編(http://odayaka-kakumei.com/trailers/
自然エネルギーによる地域再生。これからの時代の「豊かさ」を巡る物語。
都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれのエネルギー自治を目指すことで、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が生まれている。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。(2017年/100分)
時間/(1回目)15時45分ー17時30分、(2回目)18時15分ー20時
担当/えべつ地球温暖化対策地域協議会・江別市環境課
定員/いずれも100名

詳細が決まり次第、随時掲載します。

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://ebetsu-earth.net
13時00分〜 【足寄】ふるさと発見隊
6月22日(土曜日)〜23日(日曜日)に「ふるさと発見隊」を開催します。(チラシ
対象・定員は小学生〜中学生とその家族40名です。

申込期限は6月16日(日曜日)17:30必着です。
期限までに申込用紙をFAX(0156-25-6112)・メール(asyoro@cocoa.ocn.ne.jp)・郵送いずれかの方法で送付、又はネイパル足寄へ持参してください。
(今回はお電話での申し込みは必要ありません)

応募多数の場合、抽選となります。
参加の決定は郵送(6月17日発送予定)でお知らせします。
羊牧場へ行って見学したり、羊の毛を使って工作したり、北海道遺産に登録されている「ジンギスカン」を食べて、
「螺湾ブキ」の圃場へ行ってフキ狩り体験をします。
小学3年生以上はお子さんだけの参加も可能です。
たくさんのご応募お待ちしております。

★お申込み・お問い合わせ先★
北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル足寄
(指定管理者 NPO法人あしょろ観光協会)
〒089-3734 北海道足寄郡足寄町常盤3番地
TEL.0156-25-6111 FAX.0156-25-6112
URL http://www.napal-ashoro.hokkaido.jp
E-mail asyoro@cocoa.ocn.ne.jp


☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.napal-ashoro.hokkaido.jp/s/news/archives/141
14時00分〜16時45分 【札幌】市民活動の「やる気スイッチ」はどこにあるの?/きたネットセミナー
2019年度 通常総会同日行事/きたネットセミナー
【6/22 札幌】市民活動の「やる気スイッチ」はどこにあるの?
きたネットセミナー

■14:00〜セミナー
(1)講演「環境保全の担い手育成のポイントは? 世界の実例、市民への意識調査から学ぶ」
講師 愛甲 哲也 氏  (北海道大学農学研究院 准教授)

環境保全の担い手はどこにいるの? 人は何によって動くの?
NPOと参加者との活動に対する意識のギャップは? 
北海道の環境NPOは、次世代を担う人材の不足という課題を抱えています。
海外の環境団体にはなぜ若者が多いのか。参加者の「やる気」を育てるために、
受け入れ側は何に着目し、どんなプログラム、どんなコーディネートが行われているか。
環境保全活動や緑化活動の参加者の動機を長年調べてきた研究者の視点から、
活動に継続的に関わる人材育成には何が求められているのかを、
Reasonable Person Modelという、活動支援、活動の効果の評価、情報面のサポート、
活動の妥当性についての精神面でのサポートなどを総合的に提案するモデルについてお話いただき、
その仕組みを北海道の環境活動と比較することで、新たな視点から活動を見つめ直します。
また、世界の保護地域で行われている、環境活動の有効性を見える化する
「自然保護地域の有効性評価」や、
市民アンケート、ヒアリングの手法などについてもお話いただきます。

(2)対談/次代に共感をつなぐ活動とは
愛甲 哲也 氏 × 草野 竹史 氏(NPO法人ezorock代表理事・きたネット理事)

若者NPOといえばezorock、2000年のRISING SUN ROCK FESTIVALにおける
環境対策活動からスタート、近年は年に約3300人の若者が、
20以上の市町村で、300回以上の活動を展開、地域づくりの担い手を輩出しています。
学生の教育に携わる愛甲哲也氏と、ezorock代表理事の草野竹史さんに、
世界の環境活動とezorockの活動の比較などを交え、
若い世代が継続的な環境活動の担い手になる、
あるいはボランティアを経て社会活動に関わるプロとして成長して行くために、
環境団体がどう関わり、体験や学びを提供していくかを語りあっていただきます。

講師プロフィール

愛甲 哲也 氏
北海道大学農学研究院 准教授
1967年鹿児島県生まれ。専門は造園学、特に公園の計画・管理。
自然保護地域におけるレクリエーション利用のモニタリングとその管理、
地域や市民との協働による自然公園、都市公園の管理のあり方について研究。
また、ローインパクトな登山の普及にも取り組む。
著書に『自然保護と利用のアンケート調査』(築地書館)、『利用者の行動と体験』(古今書院)

草野 竹史 氏NPO法人ezorock 代表理事 きたネット理事1979年札幌生まれ。
酪農学園大学環境システム学部経営環境学科卒。
在学中に国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」の活動に参加。
卒業後、環境調査会社に就職して野生動物の生態調査や国立公園でのアンケート調査などに関わる。
26歳で独立を決意。NPO ezorock代表に就任。13年にNPO法人取得。NPO法人代表理事に就任。

■きたネット会員活動紹介
15:50〜 会員活動紹介
きたネットのネットワークに参加している団体に、活動紹介をしていただきます。
詳細はHP等で随時お知らせします。

日時 6月22日(土) 受付13:30〜
 14:00〜セミナー 15:50〜会員活動紹介会場 かでる2.7  1040会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目 TEL.011-204-5100) 
定員 30名程度 ■会員・学生 優先受付参加費 会員・学生 500円 一般 700円
事前申込み要 6/20までにきたネット事務局にお申込み
チラシダウンロード
表面 http://kitanet.org/event/2019/2019kitanet-sokaiA.pdf
裏面・申込用紙有
 http://kitanet.org/event/2019/2019kitanet-sokaiB.pdf

参加申込み方法

以下を明記の上、FAX、メール等で、きたネット事務所にお申し込みください。
会員は電話でも受け付けます。
 ・参加プログラム(セミナー・総会・交流会)
 ・参加者名・連絡先(住所・電話番号)
 ・所属団体名・職業等
※きたネット会員・学生優先受付け。
※一般の方への参加の可否のご連絡は6/10以降となります。
※きたネット正会員(団体・個人)は、別途送付する【出欠票】も必ずご提出ください。

主催/問合せ/参加申込み 
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」〒060-0061 
札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
TEL 011-215-0148   FAX 011-215-0149 E-mail office@kitanet.org 
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」 http://kitanet.org

ーーー
2019.6.22(土) 17:00〜【きたネット2019年度通常総会】 18:30〜【交流会】
会員以外の方も参加できます。

・きたネットWeb http://www.kitanet.org/
・きたマップ http://kitamap.net/
・ラブアース・クリーンアップin北海道 HP http://www.love-earth-hokkaido.jp/
・きたネットFacebook https://www.facebook.com/kitanet.org
20時00分〜22時00分 【札幌】 さっぽろキャンドルナイト2019 〜世界中の人達が優しい時を過ごす、でんきを消して、スローな夜を〜
さっぽろキャンドルナイトは、『1年中で一番昼が長い夏至の日、夜20時から22時の2時間、みんなで一斉に電気を消して、スローな夜を過ごそう。』という1,000,000人のキャンドルナイトの呼びかけに賛同し、札幌市内で開かれる様々な取り組みを、「広く市民に知らせる」ということで、「世界に誇れる環境文化都市さっぽろ」の実現を目指すものです。
今年の夏至の日は、6月22日。キャンドルナイトの趣旨に賛同して、札幌市内でも、いろいろな催しや取り組みが行われます。

☆6月5日(水)から、オリジナルキャンドルを無料配布します!
ご家庭でも、電気を消して、スローな夜をお過ごしください。(お1人様1個限り、なくなり次第終了とさせていただきます)
※配布先は、こちらからご確認ください↓
URL:http://www.sapporo-candle-night.com/2019/?cat=6

[日時(メインデー)] 6月22日(土)20:00〜22:00

[場所] 札幌市内各所

[内容] さっぽろキャンドルナイトは、様々な人が様々な形でゆるやかに繋がるイベントです。ことしも、ステキなイベントや、各家庭・企業での取り組みが札幌市内各所で行われます。
※各キャンドルナイトイベントはこちらから↓
URL:http://www.sapporo-candle-night.com/2019/?page_id=10

[問い合わせ先] さっぽろキャンドルナイト実行委員会事務局(札幌市環境局環境計画課内)
TEL:011-211-2877
FAX:011-218-5108
E-mail:info@sapporo-candle-night.com

[主催] さっぽろキャンドルナイト実行委員会

☆詳しくは、「さっぽろキャンドルナイト2019」ホームページをご覧ください↓
URL:http://www.sapporo-candle-night.com/2019/