ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 9月 28日(土) 次週 翌月
10時00分〜11時30分 【札幌】 ごみ減量3回連続セミナー お家&空き家編「元気なうちにお家の中を片付けよう」:応用編 〜お家・空き家を処理するために!〜
NPO法人北のごみ総合研究所では、今後ますます大きな問題となる「家」の処理について取り組んでいます。
今回は、札幌市市民まちづくり活動促進助成金を受け、『元気なうちにお家の中を片づけよう!』の3回連続講座を開催します。

親の家・今住んでいる自分の家を、今、困っている人!、これから困りそうな人!のための講座です。

※3回連続講座です。
(1)9月14日(土):入門編 〜お家をそのままにしているとどうなるの?〜
(2)9月21日(土):基礎・実務編 〜お家の処理って何をするの?〜
(3)9月28日(土):応用編 〜お家・空き家を処理するために!〜

[日時] 9月28日(土)10:00〜11:30

[場所] 札幌エルプラザ 2F 環境研究室(札幌市北区北8条西3丁目)

[対象] 札幌市内にお住まいの方

[定員] 50名(申込み先着順)

[参加費] 2,000円(3回連続で参加できる方)

[内容] お家・空き家を処理する時に必要な手順と、処理後について解説します。
また、自分一人だけの判断で処分できない、また遠距離の場合などの対応について学びます。
〇処理するためには
・処理とは?費用と業者選び
・自分の物の場合
・権利者が複数の場合
〇処理(販売・解体)した後は?
〇質疑応答

[申込み方法] 電話にてお申込みください。後日、受講票をお送りいたします。

[申込み先・問い合わせ先・主催] NPO法人北のごみ総合研究所
TEL:011-621-5318(月〜土(日・祝日休み)10:00〜17:00)
URL:https://kitagomis.jimdo.com/

☆この事業は、札幌市市民まちづくり活動促進助成金を受け実施しております。
10時00分〜12時00分 【札幌】 三角山地質観察会「街中ジオ散歩−三角山採石跡地」
9月17日(火)に開催する「自然を語る会」において、同じテーマで先に話題を提供いたします。
「自然を語る会」での解説を聞かれたうえで、現地観察会に参加されると、さらに良く理解が出来る内容となっております。
ぜひ「自然を語る会」にもご参加いただくようお願いいたします。

☆自然を語る会「街中ジオ散歩−三角山採石跡地」
・日時:8月20日(火)18:00〜20:00
・場所:札幌市立大学サテライトキャンパス(札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45(12階))
・話題提供:宮坂 省吾さん(株式会社アイピー)

[日時] 9月28日(土)10:00〜12:00

[場所] 三角山採石跡地

[集合] 10:00 大倉山ジャンプ競技場前(札幌市中央区宮の森1274)

[アクセス]
(1)地下鉄円山公園駅前(4番乗り場)より、9:19発のJRバス「円14:荒井山線」 乗車、「大倉山競技場入口」下車、徒歩10分
(2)地下鉄円山公園駅前(4番乗り場)より、9:30発のJRバス「くらまる号」 乗車、「大倉山競技場前」下車
※自家用車の場合は大倉山競技場駐車場をご利用ください。

[定員] 20名(申込み先着順)

[参加費] 500円(野外活動保険など)

[案内]
〇宮坂 省吾(株式会社アイピー)
〇在田 一則(北海道自然保護協会 会長)
〇岡村 聡(北海道教育大学 名誉教授)
〇内山 幸二(山の手博物館)
〇加藤 孝幸(アースサイエンス株式会社)

[服装] 野外自然観察に適した服装。一部湿地になっておりますので、数センチ程度の深さの水たまりを歩ける靴が必要です。

[注意事項] 採石跡地の立入禁止区域に許可を得て入るので、ヘルメット着用が条件。お持ちでない方にはヘルメットを貸し出しますが、「日本手ぬぐい」か「大判ハンカチ」を持参し、頭を覆ってからヘルメットを着用することをお勧めします。
※ヘルメットをお持ちでない方は、参加申込み時にヘルメットの貸出もお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 北海道自然保護協会
TEL:011-251-5465
FAX:011-211-8465
E-mail:info@nc-hokkaido.or.jp

[主催] 一般社団法人北海道自然保護協会 https://sapporo1.com/NC/
10時00分〜16時00分 【札幌】農業・農村ふれあいフェスタin赤れんが
 9月28日(土)に北海道庁赤れんが庁舎前で「農業・農村ふれあいフェスタin赤れんが
」が開催されます。当日は、餅つきや脱穀・精米などの各種体験ブースのほか、太鼓演奏
やパントマイムなどのステージ、各種農産物の販売などの出展が盛りだくさんです。
 森林活用課も出展し、赤れんが庁舎2号大会議室内で、「木のコースターづくり」を行
います。札幌駅からのアクセスも良く、木育と合わせて様々なことを体験できる機会でも
ありますので、札幌に来られる方は是非お立ち寄りください。

●日 時 令和元年9月28日(土) 10:00〜16:00(雨天決行)
●場 所 北海道赤れんが庁舎前
    札幌市中央区北3条西6丁目
    (駐車場はありません)
●料 金 入場、各種体験は無料
●その他 体験ブースによっては開始時刻や定員があるものもありますので、事前にご確
     認ください

 詳細は実行委員会事務局のHPをご覧ください
 https://nponoutopia.jimdo.com

【お問い合わせ】
 農業・農村ふれあい実行委員会事務局
 朝日アグリ内 011.221.1551
13時00分〜16時30分 【洞爺】支笏洞爺国立公園指定70周年シンポジウム
支笏洞爺国立公園は、昭和24年5月16日に指定を受け、令和元年5月16日に指定70周年を迎えました。その節目をきっかけに環境省北海道地方環境事務所では、支笏洞爺国立公園を次世代により良い形で受け継いでいくため、「今、見つめ直そう。いちばん身近な山と森と湖を」をコンセプトに、支笏洞爺国立公園の魅力を広く地域内外に向けて発信すると同時に、多くの方に支笏洞爺国立公園の魅力を発見してもらう取組を行っていきます。

支笏洞爺国立公園指定70周年シンポジウムを以下のとおり開催します。
テーマ:「どう活かす?どう守る?みんなに愛される国立公園の未来形」

日時:令和元年9月28 日(土)13 時00 分〜16 時30 分(予定)
場所:洞爺湖文化センター(北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142)
内容:基調講演及びパネルディスカッション(詳細はシンポジウムチラシをご確認ください)
参加申込:事前申込不要、参加費無料です。
共催:環境省北海道地方環境事務所・洞爺湖町・壮瞥町

目的:本公園は札幌市中心部や新千歳空港からも近いため、多くの人が来訪しやすく年間約1,100万人が訪れます。自然探勝や温泉利用などの周遊観光、登山や高山植物観賞にも利用されている一方で、通過型の利用が多く国立公園として認識されにくいという課題もあります。
シンポジウムを通じて参加者があらためて支笏洞爺国立公園の価値を確認し、今後の支笏洞爺国立公園のあり方について考える機会となるよう開催するものです。


☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://hokkaido.env.go.jp/post_73.html