ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 1月 10日(金) 次週 翌月
(継続中) 【美瑛】 令和元年度教育事業「子どもたちのワンダーランド(冬編)」
小学生が冬休みを利用して、子どもたちだけで宿泊活動を行い、自分たちで企画した自然体験をはじめとする体験活動、集団宿泊活動等を体験することを通して、生活リズムを向上させ、地域の自然環境や体験活動の楽しさを感じ取り、子どもの自主・自立の心を育てることを目的に「子どもたちのワンダーランド(冬編)」を開催します。

[期間] 令和2年1月6日(月)〜13日(月) 8日間
[会場] 国立大雪青少年交流の家及び周辺
[対象] 小学校3年生〜6年生の2名以上のグループ
[定員] 各日最大30名程度(他宿泊団体の利用申込状況によっては宿泊できなくなる日があります)

[参加費] ※宿泊日程により異なりますが、以下の経費が必要となります。
1泊2日(3食)の目安:2,940 円 + 材料費
・食事代内訳(朝食 430 円、昼食 580 円、夕食 750 円・・注文された分の経費が掛かります)
・軽食代(活動中における温かい飲み物や簡単なおやつを準備します。)(100 円)
・シーツ代(300 円) ・保険料 (200 円)〔参加日数により異なります〕
・行事食材料費:もちつき (300 円) ・クラフト材料費

[申込方法・受付期間]
<募集開始は 12 月 16 日(月)〜12 月 20 日(金)>
お申し込みは、グループを作った後で代表者(保護者)の方からお電話にて申し込んでください。
受付完了後3日以内に FAX またはメールで参加者情報等をお知らせください。

[主催] 独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大雪青少年交流の家
[申込・問合先] 国立大雪青少年交流の家
 〒071-0235 北海道上川郡美瑛町白金温泉
 TEL:0166-94-3121 FAX:0166-94-3223
 e-mail:taisetsu-suishinshitsu@niye.go.jp
 担当:小俣、梅田

☆詳しくはこちらをご覧ください
 https://taisetsu.niye.go.jp/?p=2882
〜15時00分 【札幌】 第8回CISEサイエンスフェスティバル in チ・カ・ホ 知らないことは、いいことだ!〜体験・挑戦・大発見〜
CISEサイエンスフェステイバルは、札幌近郊の自然史系博物館や動物園・図書館の社会教育施設、市民団体と大学など研究機関が協働して、地域の子どもと一般市民に環境・科学教育の場を2013年より提供しています。第8回大会では、北海道の資源(ヒト・モノ・コト)を活用し、北海道の自然について学ぶ機会を提供するとともに、子どもが持つ科学的な可能性を伸ばす色々な体験ができます。

[場所] 札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)「北3条交差点広場(西)」
[日時] 2020年1月9日(木):12時〜18時、1月10日(金):10時〜15時
[入場料・参加費]  無料
[対象] 小学生から一般の方まで(小学1・2年生は保護者同伴)
[募集人数] 1,000人(2日間)

[主催] 一般社団法人ちせ
[共催] CISEネットワーク運営委員会
[後援] 北海道生物多様性保全活動連携支援センター(HoBiCC)、札幌市、北海道、北海道森林管理局
*この事業は、こどもゆめ基金とほっくー基金北海道生物多様性保全助成制度からの助成を受けて実施します。

[実施内容]
〇二酸化炭素とはどんなもの?【一般社団法人ちせ】(1月9日のみ)
〇ゾウだけじゃない!【札幌市円山動物園】(1月10日のみ)
〇サケと生きる 【札幌市豊平川さけ科学館】 
〇サケ皮クラフト体験【サケのふるさと千歳水族館】
〇トランクキットでヒグマの生態を知ろう!
 【札幌市青少年山の家/札幌市定山渓自然の村/札幌市北方自然教育園】 
〇北の海の海獣たち【おたる水族館】
〇冬でもできる樹木観察〜冬芽から広がる世界〜【北海道森林管理局】
〇外来カエルについて知っていますか【札幌市環境局環境都市推進部環境共生担当課】
〇みんなの知らない石狩浜【石狩浜海浜植物保護センター】
〇1月30日は世界自然遺産・知床の日【北海道環境生活部環境局生物多様性保全課】
〇白いおしりを捕まえろ!【外来種セイヨウオオマルハナバチの防除対策チーム
 (北海道セイヨウオオマルハナバチ対策推進協議会×札幌市立大学)】
〇100万年前の貝の化石を探してみよう!【北海道博物館】
〇北広島の魅力大発見!〜見えないものをみてみよう〜
 【北広島市エコミュージアムセンター知新の駅】 
〇今夜のオカズに生命の歴史を見る 【いしかり砂丘の風資料館】
〇いろいろな石をよ〜く見てみよう! 【地図と鉱石の山の手博物館】
〇フシギな科学体験にチャレンジ 【札幌市青少年科学館】 
〇マイでんき発電所 【札幌市環境プラザ】 
〇水のふしぎ!ふしぎ!〜水をつかって紙に花を描こう!〜【共育考房かわさん】

[石狩湾から海の学びを考える!コーナー]
〇海の学び石狩湾トランクキット体験【北海道大学総合博物館】
石狩湾の海と浜に自然環境の大切さを楽しくわかる展示コーナーを設置します。
・海の学びを考えるワークショップ〜クイズやゲームを通じて石狩湾の自然について知ろう!〜
 9日(木)13時〜、15時〜、17時〜/10日(金)10時〜、12時〜、14時〜
 協力:船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」

[問い合わせ先]
 一般社団法人ちせ・CISEネットワーク運営委員会 事務局
北海道大学総合博物館 学術研究員 菊田 融
 TEL:090-1640-9017
 E-mail:cisenetwork*gmail.com *を@に変えて送信してください。

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
 URL:https://www.museum.hokudai.ac.jp/lifelongeducation/publicevents/15679/
9時30分〜16時00分 【札幌】 !締切延長!令和元年度 環境教育・環境保全活動に関するプログラム実践講座 〜広げよう減災意識、そなえよう自然災害〜
学校や所属団体等で活用していただける知識・学習方法を学んでいただく、道民向けの講座です。
気候変動の影響による自然災害のリスクが増大しており、すでに起こりつつある影響への適応策が重要になっています。
本講座では気候変動への適応策及びSDGsの視点で自分の住んでいる地域環境を調べ、災害可能性を考えたり、減災教育プログラムを立案したりするなどワークショップ形式を中心に学びます。
SDGsやESDの予備知識がなくても差し支えありません。是非この機会を利用して環境教育等の授業や学習会に役立つノウハウを身に付けてみませんか。

☆募集要項(チラシ)はこちらからご覧ください↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/ksk/kannkyoukyouiku/R1jissenkoza.pdf

[日時] 2020年1月9日(木)13:30〜17:00 / 1月10日(金)9:30〜16:00

[場所] かでる2・7 10階 1070会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)

[対象] 原則として、道内在住の以下の方
〇小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の教員
〇学校や市町村と連携した環境教育等の実践に関心を有する大学生・大学院生及
び法人・団体職員
〇青少年教育施設の職員(指定管理者を含む)
〇北海道、市町村、北海道・市町村教育委員会の職員

[定員] 申込み先着30名

[参加費] 無料(交通費等は参加者ご負担)

[内容] 構成は以下のとおりです。
〇講義:映像記録で学ぶ災害の基本(火山、台風、豪雨、地震、津波、土砂災害)
〇ワークショップ
1.SDGsと減災教育(身近な災害とSDGs)
2.今いる所の災害可能性を知ろう!(ネットで可能な災害予測体験)
3.減災教育プログラムをつくろう!(広げよう防災意識)
4.あなたにもできるSDGsの取り組み(減災で取り組むSDGs)

[持ち物] ネット利用可能なスマホ・タブレットをできるだけご持参ください。

[申込み方法] 参加枠に余裕がありますのでご相談ください。

[申込み先・問い合わせ先] 北海道環境生活部 環境局 環境政策課 環境企画グループ(担当:長谷、高橋)
TEL(直通):011-204-5188
FAX:011-232-1301
E-mail:kansei.kankyou1@pref.hokkaido.lg.jp (送信の際は@を半角にしてください)

[主催] 北海道、公益財団法人北海道環境財団

[共催] 北海道教育委員会

[協力] 北海道教育大学岩見沢校 教授 能條 歩 氏