ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 11月 25日(水) 次週 翌月
10時00分〜 【オンライン】エコプロオンライン2020
[会期] 2020年11月25日(水)〜28日(土)[コアタイム 10:00-17:00](会期後、12月25日(金)までアーカイブを公開)
[主催] 日本経済新聞社、(一社)サステナブル経営推進機構
[入場料] 無料(登録制)

出展者一覧 (11月12日現在)
エコプロOnline
Innovation for Cool Earth Forum (ICEF)、アインズ、アサヒビール、アドイン研究所、E.F.E、インフォコム、ウエスト・クラウド・ジャパン、ウェルネストホーム、エイピーピー・ジャパン、エコマーク事務局、エステー、塩ビ工業・環境協会/塩化ビニル環境対策協議会、 王子グループ、岡山県産業振興財団(オーエム産業/萩原工業/広谷商店/三井E&Sマシナリー)、岡山県産業振興財団(シーピー化成/ ヒノキラボ/モリマシナリー/リプロ)、科学技術振興機構(JST)、川崎市、環境再生保全機構、環境省(水俣条約と日本の優れた水銀対策技術)、環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策室、関西電力グループ、木村化工機、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ ジャパン、国連環境計画 国際環境技術センター(UNEP IETC)、国連広報センター(UNIC)/国連開発計画(UNDP)/国連工業開発機関(UNIDO)/国連世界食糧計画(WFP)/国連大学(UNU)・国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)/国連難民高等弁務官 事務所(UNHCR)、佐賀県、サステナブル経営推進機構、JFEグループ、J-クレジット制度、商船三井、シンクピア・ジャパン、新日本印刷、 世界銀行グループ、石油天然ガス・金属鉱物資源機構/日本地熱協会、大王製紙、太平洋セメント、竹中工務店、地球温暖化防止全国ネット、 帝人フロンティア、鐵鋼スラグ協会、デンカ、東亜グラウト工業、東京都市大学伊坪研究室、東京都トラック協会、東京都立産業技術研究センター、徳島県、土壌汚染対策法に基づく指定支援法人 日本環境協会、豊田通商/福助工業、ナノセルロースジャパン、南京保沃商貿/ 久野商事、日本製紙グループ、日本製鉄、日本ゼオン、日本電気、日本化学繊維協会、日本CCS調査、日本遮熱、日本有機資源協会、日本容器包装リサイクル協会、日本リファイン、農林水産省 農村振興局、パナソニック、ひろせプロダクト、ボーイスカウト日本連盟、北海道石狩市、 北海道環境生活部、マニフレックス、MILKBOTTLE SHAKERS、吉川国工業所、リンテック、レンゴー

【特別企画展】エコスタディルームOnline
アドバンテスト、親子でまなぶ!日経 お金の教室、管清工業、JFEグループ、3R推進団体連絡会/ガラスびん3R促進協議会/PETボトルリサイクル推進協議会/紙製容器包装リサイクル推進協議会/プラスチック容器包装リサイクル推進協議会/スチール缶リサイクル協会/ アルミ缶リサイクル協会/飲料用紙容器リサイクル協議会/段ボールリサイクル協議会、聖学院、日本地熱協会/石油天然ガス・金属鉱物資源機構、ライオン、YKK AP

【特別企画展】海洋プラスチックごみ対策パビリオン
SGSジャパン、大石産業、オルディ、花王、カネカ、クラレ、クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)事務局、サントリーホールディングス、DKSHジャパン、中本パックス、NISSHA、日本製紙、三井化学、リコー、レンゴー


☆詳しくはこちらをご覧ください
https://eco-pro.com/2020/
13時00分〜16時50分 【オンライン】 令和3(2021)年度公募助成事業に向けた住まいとコミュニティづくり活動セミナー
ハウジングアンドコミュニティ財団は、1992 年の設立以来、豊かな住環境の創造に貢献することを目的として、NPO法人や市民活動団体に対し、延べ419 件の助成を行ってきました。
令和3(2021)年度の公募にあたり、住まいとコミュニティ活動を考えるセミナーを開催し、合わせて公募助成事業の説明会を行います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

[日時] 令和2(2020)年11月25日(水)13:00〜16:50(12:45開場)
[会場] オンライン(Zoom)によるWEBセミナー
[プログラム]
 第一部 基調講演&活動紹介
  ◎住まい活動事業の現場から地域づくりを考える  東京大学教授 大月敏雄氏
  ◎私たちは助成事業をこう活用した…
   ・地域の宝「竹内農場西洋館」の保存に向けた手づくり冊子の作成活動
     NPO法人 龍ヶ崎の価値ある建造物を保存する市民の会 前田享史氏
   ・ホームレスや路上生活者等の住まい確保に向けたセーフティネット活動
     NPO法人 ほっとプラス 平田真基氏
 第二部 グループディスカッション
  地域・コミュニティ活動助成事業、住まい活動助成事業の二つのグループに分かれて、
  日頃のまちづくり活動の知恵やスキルの情報交換、
  あるいは、来年度応募を検討されている団体の状況などをお聞きしながら、
  コロナ時代の新しい市民活動スタイルなどについて考えます。
[定員] 70名
[参加費] 無料(事前申込制、定員に達し次第締切)
[主催] 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
[お申込み]
 11月19日(木)までに「氏名(フリガナ)」「所属」「連絡先」「グループディスカッションの希望」を明記して、メールまたはFAXでお申し込みください。
 Mail:seminar★hc-zaidan.or.jp(★を@に置き換え) FAX:03-6453-9214

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.hc-zaidan.or.jp/news/view/245
13時30分〜16時00分 【岐阜県郡上市・オンライン】 地域循環共生圏パートナーシップ基盤強化ミーティング「郡上の未来づくりビジネスを考える」
EPO中部主催・初の地域循環共生圏パートナーシップ基盤強化ミーティング「郡上の未来づくりビジネスを考える」を岐阜県郡上エリアで開催します。地域循環共生圏づくりでカギとなる地域ビジネスの創発をテーマにしたセミナー形式の会合で、オンライン配信も行います。

[日時] 2020年11月25日(水)13:30〜16:00
[場所] 白鳥ふれあい創造館 交流ホール(210号室)(岐阜県郡上市)
[参加方法] 来場参加…郡上市の在住者や事業者・通勤者のみ(定員30名程度・要事前申込)
      オンライン視聴…YouTubeのライブ配信を視聴(要事前申込)
[内容]
・縄文型SDGsの超絶まちづくり〜自然と共存共生する1万年の奥義とは〜
 谷中修吾氏(地方創生イノベータープラットフォームINSPIRE代表理事/
 BBT大学経営学部グローバル経営学科学科長・教授)
・岐阜県下における最近の経済情勢について
 高橋成守氏(財務省東海財務局岐阜財務事務所財務課長)
・地域ビジネスのアイデア共有ワーキング(会場参加のみ)

[申込締切] 2020年11月18日(水)
[主催] 環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO 中部)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
 http://www.epo-chubu.jp/epo/6820.html
19時00分〜20時30分 【オンライン】 GEOC森里川海トークセッション第4回「わたしの旅で まちが元気に!未来に思いをはせた新しい旅のかたち」
環境省は第5次環境基本計画のなかで地域循環共生圏を提唱し、ローカルSDGsの姿として各地で地域循環共生圏構築を目指す動きが高まっています。そこで一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つける「GEOC森里川海トークセッション」を開催します。いま、あらためて自然と共生する持続可能な暮らしのあり方に注目が集まっています。第4回は、私達にとって身近な「旅」をテーマに下記の通りトークセッションを企画しています。

「わたしの旅で まちが元気に!未来に思いをはせた新しい旅のかたち」
みなさんはどのような旅がすきですか?
エシカルな旅、「My ethical trip」、
東京湾唯一の無人島・猿島を「環境・観光・学び」の島にする「つづく みんなの猿島プロジェクト」
https://sarushima-eco.com/)。
旅を通して、地域が元気になるような新しい旅のかたちを提案されているお二人から、お話を伺います!

[日時] 2020年11月25日(水) 19:00−20:30
[開催方法] オンライン会議システム「Zoom」及び、ネットメディア「YouTube」で開催いたします。
 当日の参加URL(zoom)は、お申し込み頂いた方に、 別途メールにてお送りいたします。
[協力] 株式会社トライアングル 
[プログラム]
 19:00 開会
 Session 1 ご講演 つなげよう、支えよう森里川海 アンバサダー 佐々木依里氏
 Session 2 ご講演 株式会社トライアングル 営業企画部 部長 藤野浩章氏
 Session 3 パネルディスカッション
 Session 4 視聴者からの質問タイム(zoomでの参加者のみ質問可能です)
 20:30 閉会

[参加申し込み・お問合せ]
 こちら(https://www.geoc.jp/mail_form/2/)からお申し込みください。
 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)問い合わせ先
 TEL:03-5468-8405 FAX:03-5468-8406
 E-mail:global@geoc.jp
[主催] 環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.geoc.jp/activity/domestic/2664907.html