ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 9月 12日(土) 次週 翌月
10時00分〜 【北見】 ネイパル北見「IKIRU力book編 ブックハンター」
本に親しむ体験活動を通じて、読書に対する興味・関心を高め、子どもの読書習慣の定着を図る。

[期日] 令和2年9月12日(土)〜13日(日)1泊2日
[場所] 北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見(北見市常呂町365-1)
[参加費] 2,600円
   内訳:施設利用料 350 円、食事代 1,900円(朝 600円、昼 500円、夜 800円)、
   保険代 210 円、経費 140 円
[対象] 小学3〜6年生 30名程度
[申込] 申込受付は電話・メール・FAXとなっております。
[受付期間] 8月20日(木)9:00〜9月2日(水)17:00まで(先着順)
[主催・申込先] 北海道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見
   TEL:0152-54-2584 FAX:0152-54-2736
   Mail:kitami@pony.ocn.ne.jp

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://napal-kitami-hokkaido.jp/R2syusai/R20912-book.pdf
10時30分〜12時00分 【釧路】 釧路湿原ラムサール条約登録40周年記念市民講座 〜地域の宝 は 地球の宝!釧路湿原の 「すごい!」 を体験しよう〜(全3回の連続講座)
国際的に重要な湿地を保全する「ラムサール条約」に釧路湿原が登録されてから
40年がたちました。
当時は「不毛な土地」として見られることもあった釧路湿原は、「タンチョウ」
をはじめ多様な動植物を支える野生生物の宝庫として見直され始め、豊かな「水」
を涵養し観光や産業を支える貴重な資源として評価されるようになりました。
近年は、そうした地域での価値に加えて、湿原を形作る「泥炭」など地球規模で
もなくてはならないものとして評価されつつあります。
そんな釧路湿原の「すごい!」を、2回の講座と現地案内を通して、釧路湿原案
内人 新庄久志さん にご案内いただきます。

※本講座は「連続講座」です。3回通してご参加ください。

●第1回:変わる「すごい!」の評価軸 〜「タンチョウ」「ワイズユース」そし
て「防災・減災」をキーワードに〜
釧路湿原の評価がどのように変わってきたのか、ラムサール登録からこの40年の
変遷を学びます。

[日時] 9月12日(土)10:30〜12:00

[場所] 釧路地方合同庁舎 5階 第1会議室

●第2回:湿原フィールド訪問 〜日常から30分の秘境を歩く〜
木道を離れて普段立ち入ることができない湿原内を訪問し、湿原の「すごい!」
を体験します。
※湿原内への立入りは関係者調整のもと特別に実施します。

[日時] 9月27日(日)9:00〜11:30

[場所] 温根内ビジターセンター周辺

●第3回:これからの湿原と私たち
参加者の皆さんと一緒に、これまでのお話やフィールド訪問を振り返り、これか
らの湿原と私たちとのつきあい方を考えます。

[日時] 10月3日(土)10:30〜12:00

[場所] 釧路地方合同庁舎 5階 第1会議室

≪ 以上共通して ≫
[講師・案内人] 新庄 久志 氏
帯広市出身。1972年4月に釧路市立博物館に入り植物をはじめ長年湿原の研究に携
わる。現在、釧路国際ウェットランドセンター技術委員長。環境ファシリテーター。

[対象] 3回通して参加できる方
※第2回のフィールド訪問では、足元の悪い湿原内を2時間程度歩きます。

[参加費] 無料

[定員] 10名(申込み多数の場合は抽選となります)

[申込み方法] 8月25日(火)までに、FAXもしくはEメールで下記(1)〜(6)
をお知らせください。
(1)お名前
(2)住所
(3)連絡先電話番号
(4)所属(ある場合のみ)
(5)性別
(6)生年月日
※(2)、(5)および(6)は保険加入のため。

[申込み先・問い合わせ先] 釧路湿原自然再生協議会 再生普及行動計画オフィス
TEL:0154-56-4646
FAX:0154-56-2267
E-mail:wanda@heco-spc.or.jp

[主催] 環境省釧路自然環境事務所

[協力] 釧路国際ウェットランドセンター

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/pre_2020/40.html
13時00分〜 【森】 ネイパル森「ネイパル防災キャンプ」
自分や家族の身を「守る」ための防災グッズについて考えよう!命を「守る」救急救命法や避難者の生活を「守る」ための避難所について学ぼう!健康を「守る」ために、限られた食材で食事をつくりろう!

[日程] 2020年9月12日(土)〜13日(日)1泊2日
[会場] 青少年体験活動支援施設ネイパル森(森町駒ヶ岳657-15)
[対象] 小学校4年生〜6年生 計40名 ※障がいのあるお子さんも参加いただけます。
[参加費]  1,800円
   【内訳】宿泊費300円、夕食800円、朝食500円、保険料200円
    ※参加費については、金額が多少前後する場合があります。あらかじめご了承ください。
    ※1日目の昼食を希望する場合は、プラス550円になります。
    ※保険内容は死亡・後遺障害330万円、入院日額3,000円、通院日額2,000円となります。
    ※障がい者手帳等をお持ちのお子さんは宿泊費が免除になります。 [申込期限] 8月29日(土)17時まで
[申込方法] ネイパル森HP内の「申込フォーム」からお申し込みください。
[主催] 青少年体験活動支援施設ネイパル森
    〒049-2141 北海道茅部郡森町駒ヶ岳657-15
    TEL:01374-5-2110 / FAX:01374-5-2118

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://napal-mori.org/