ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 1月 13日(水) 次週 翌月
(継続中) 【日高】 令和2年度教員免許状更新講習
新学習指導要領の趣旨を踏まえ、自然体験や集団宿泊体験等に必要な知識・技術の向上を図るため、このたび、「令和2年度 教員免許状更新講習」を開催いたします。参加を希望される方は、下記の申込フォームにて必要事項をご記入の上、送信してください。

[日時] 令和3年1月12日(火)12:30〜14日(木)17:00(2泊3日)
[会場] 国立日高青少年自然の家
[対象] 令和2年度および令和3年度末が修了期限の教諭 20 名
※応募人数が7名を下回った場合、講習が中止となる場合がございます。ご了承下さい。
※主に小学校教諭を対象としますが、幼稚園、中学校、高等学校、特別支援学校の教諭も受講可能です。
※受講の手続き方法や受講対象の判断等は、文部科学省ホームページのフローチャート等でご確認
ください。

[受講費用]
25,000 円(受講料 18,000 円、その他 食費、シーツ洗濯代、リフト代、教材費、保険代など)
※当日のキャンセルは夕食代710円をいただきます。
※スキー用具のレンタルもあります。御希望の方は、御連絡ください。(料金別途)
「スノーシューハイキング」及び「歩くスキー」に用いる用具の貸出しは無料です。

[申込フォーム] https://www.niye.go.jp/entry/app/event/apply/3411
[申し込み期間] 10月9日(金)〜11月30日(月)
[主催] 独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立日高青少年自然の家

引用:https://hidaka.niye.go.jp/kyouinmenkyo-hidaka/


13時30分〜17時05分 【オンライン】 令和2年度災害廃棄物対策推進シンポジウム
令和3年1月13日(水)に、「令和2年度災害廃棄物対策推進シンポジウム」を開催いたしますので、お知らせします。
今年は「ボランティアや民間と連携した多角的な災害廃棄物対策」をテーマに、過去の災害対応により培われた産学官のノウハウを共有し、災害廃棄物対策を推進することを目的としています。

1.背景
今年は令和2年7月豪雨を始めとした自然災害が発生し、日本各地において甚大な被害が発生しました。災害時においても公衆衛生の悪化を軽減させ、生活環境を保全するとともに、速やかな復旧・復興を実現するためには、災害発生時に関係機関が連携し、迅速に災害廃棄物対策を実施することが重要となります。

本シンポジウムは、過去に発生した大規模災害の実例を検証しながら、国、自治体、民間事業者のそれぞれの役割を再認識し、密に連携した体制を構築することを目的として、平成27年度に災害廃棄物処理支援ネットワーク(D.Waste-Net)発足を記念して開催して以降、毎年開催しているものです。例年、自治体や企業、マスコミ等からの参加をいただいております。

2.日時
令和3年1月13日(水)13:30〜17:05

3.視聴方法
オンラインでライブ配信を行います。
視聴方法は後日、災害廃棄物対策情報サイト(http://kouikishori.env.go.jp/action/d_waste_net/210113symposium.html)にて
公開いたします。なお視聴は無料、事前登録は不要です。

4.プログラム(予定)
1)開会挨拶 (13:30〜13:35)
 環境省
2)基調講演(13:35〜14:30) 
 国立大学法人 京都大学大学院地球環境学堂准教授 浅利 美鈴
「オールジャパンで取り組む災害廃棄物管理〜助け、助けられるために知っておきたいこと〜」
3)講演(14:30〜15:05) 
 社会福祉法人 全国社会福祉協議会 全国ボランティア・市民活動センター長 高橋 良太
「コロナ禍における災害ボランティア活動について」
【休憩 15:05〜15:15】
4)講演(15:15〜15:50)
 一般社団法人 セメント協会 生産・環境部門 リーダー 細川 浩之
「セメント業界における災害廃棄物の受け入れについて」
5)講演(15:50〜16:25)
 一般社団法人 持続可能社会推進コンサルタント協会 専務理事 藤塚 哲朗
「災害廃棄物処理現場における課題等について(派遣開始から終了まで)」
6)講演(16:25〜17:00)
 長野市 環境部廃棄物対策課係長 中嶋 隆夫
「令和元年東日本台風における災害廃棄物処理について」
7)閉会挨拶(17:00〜17:05)
 環境省

連絡先
環境省環境再生・資源循環局環境再生事業担当参事官付災害廃棄物対策室
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-8358
室長 名倉良雄(内線 6841)
室長補佐 山内秀洋(内線 6869)
担当 菊池風太(内線 6850)

引用:https://www.env.go.jp/press/108838.html
19時00分〜20時30分 【オンライン】 札幌市気候変動対策行動計画(案)パブコメ・ダイアログ
気候危機への対応が迫られる中、札幌市は「札幌市温暖化対策推進計画」を改定し、
「札幌市エネルギービジョン」等と統合した「札幌市気候変動対策行動計画」の
策定を進めています。この計画に対するパブリックコメントが、令和3年1月20日
(水)まで行われることを受けて、私たち一人ひとりが札幌市の環境政策を知り、
考えていくための対話の場を開きます。
今回は、初のオンライン開催にあたり、事前に計画案をご覧いただいて気になっ
た点をチェックしていただき、当日は計画についての情報共有と参加者の皆さん
の対話を中心に進めます。ぜひご参加ください。

☆気候変動対策行動計画(案)への意見募集について(札幌市サイト)↓
URL:https://www.city.sapporo.jp/kankyo/ondanka/kikouhendou_plan2020/public_comment/index.html

[日時] 令和3年1月13日(水)19:00〜20:30
[場所] オンライン会議システム「Zoom」での開催
※ミーティングルームのURL及び進め方の詳細は、後日お知らせいたします。
※画面を共有しながら進めますので、PCからのご参加をおすすめします。
 また、できる限りビデオをオンにしてのご参加をお願いします。
[定員] 20名(申込み先着順)
[参加費] 無料
[プログラム]
(1)開会・趣旨説明
(2)札幌市気候変動対策行動計画(案)について
   山西 高弘さん(札幌市環境局環境都市推進部環境政策課 気候変動対策担当係長)
(3)参加者意見交換

[申込み方法] EPO北海道の申込みフォームからお申込みただくか、
 Eメールにて「お名前」「ご住所」「連絡先(メールアドレス・電話番号)」
 及び「Zoomご利用経験の有無」をお知らせください。
[申込み先・問い合わせ先]
 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(担当:溝渕)
 TEL:011-596-0921 FAX:011-596-0931 E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp
[主催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス、
    NPO法人北海道グリーンファンド