ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 10月 17日(日) 次週 翌月
【苫小牧】 令和3年度「ウトナイ湖・渡り鳥フェスティバル」
マガンやヒシクイなどのガン類をはじめ、オオハクチョウやコハクチョウ、カモ
の仲間などの渡り鳥が賑わうこの時期に合わせ、毎年「ウトナイ湖・渡り鳥フェ
スティバル」を開催しています。
今年はオンラインでも参加できるプログラムもご用意しておりますので、皆様の
ご参加を心よりお待ちしております。

※新型コロナウイルス感染症の影響により中止もしくは内容を変更する場合があ
ります。

[開催日] 10月16日(土)〜17日(日)
[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター、自然観察路(苫小牧市字植苗)
[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/2021.html

------------------------------☆

(1)ウトナイ湖・渡り鳥ウォッチング

秋にウトナイ湖に渡ってくるハクチョウ類やガン類などの水辺の野鳥を観察します。

[日時] 10月16日(土)、17日(日) ※各日とも13:30〜14:30
[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター及び自然観察路
[対象] どなたでも(小学生以下保護者同伴)
[定員] 各日10名(申込み先着順)
[参加費] 無料
[持ち物] 帽子、飲み物、雨具、あれば双眼鏡と図鑑(貸出あり)
[申込み方法] 10月13日(水)までに電話にてお申込みください。
[申込み先] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231

------------------------------☆

(2)オンラインイベント「道内ラムサール湿地、渡り鳥ニュース!」

ウトナイ湖をはじめとした、道内のラムサール湿地からのリアルな渡り鳥の状況
をオンラインでリポートします。
秋の渡りにどんな野鳥が来るのか、また各湿地の見どころもお伝えします。
ぜひ、オンラインでの道内ラムサール湿地巡りをお楽しみください。

[日時] 10月16日(土)10:00〜11:30
[場所] 館内観覧及びオンライン観覧
・館内観覧:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター レクチャールーム
・オンライン観覧:オンライン会議システム「Zoom」を使用
[対象] どなたでも
[定員] 館内観覧:30名(先着順)、オンライン観覧:500名(先着順)
[参加費] 無料
[申込み] 不要
○館内観覧:当日直接レクチャールームへお越しください。
○オンライン観覧:10月上旬にイベント参加用「Zoom」のログイン先をWebサイト
に掲載予定です。

------------------------------☆

(3)オンラインセミナー「苫小牧発!オオジシギの渡りとチュウヒの繁殖 〜
勇払原野と共に〜」

苫小牧市にある、勇払原野に暮らす環境省レッドリスト準絶滅危惧種のオオジシ
ギと、絶滅危惧種のチュウヒについて、現地で調査を行なっている日本野鳥の会
が講演します。
今年衛星追跡送信機をつけたオオジシギはどこへ渡ったのか?数の減少が懸念さ
れるチュウヒとは?秋の勇払原野の様子もお伝えします。

[日時] 10月17日(日)10:00〜11:30
[場所] 館内観覧及びオンライン観覧
・館内観覧:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター レクチャールーム
・オンライン観覧:オンライン会議システム「Zoom」を使用
[対象] どなたでも
[講師]
・(公財)日本野鳥の会 自然保護室 室長 田尻 浩伸
・(公財)日本野鳥の会 自然保護室 主任研究員 浦 達也
[対象] どなたでも
[定員] 館内観覧:30名(先着順)、オンライン観覧:500名(先着順)
[参加費] 無料
[申込み] 不要
○館内観覧:当日直接レクチャールームへお越しください。
○オンライン観覧:10月上旬にセミナー参加用「Zoom」のログイン先をWebサイト
に掲載予定です。

------------------------------☆

(4)セルフで楽しむ「渡り鳥クイズ」

渡り鳥に関する様々なクイズ板を設置します。ぜひ全問正解を目指してクイズに
挑戦してください。参加賞もご用意しています。

[日時] 10月16日(土)、17日(日) ※各日とも10:00〜16:00(答え合わせは
17:00まで)
[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 展示スペース(予定)
[対象] どなたでも
[参加費] 無料(申込み不要)
※混雑時は人数制限を行う場合があります。予めご了承ください。

------------------------------☆

(5)渡ってみたらわかるかも!渡り鳥診断

設置した質問にyes、Noで答えながら歩いていただくと、様々な渡り鳥の中の1種
類に辿り着くプログラムです。
セルフで体験いただく内容ですが、渡り鳥の生態を楽しく知ることができます。
さて、あなたはどんな渡り鳥に辿り着くでしょうか。参加賞もご用意しています。

[日時] 10月16日(土)、17日(日) ※各日とも10:00〜16:00
[場所] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 屋外草地(予定)
[対象] どなたでも
[参加費] 無料(申込み不要)
※混雑時は人数制限を行う場合があります。予めご了承ください。

9時00分〜16時00分 【浜中】「ハーバリウム・霧多布 コケ入門編」
霧多布湿原センターでは、浜中の自然環境のようすを将来にわたって記録し残すことを目的に、浜中町内で見られる植物の押し葉標本を作る活動「ハーバリウム・霧多布」を行っています。

今回は、10月17日(日)に、「コケ入門編」を開催します。
植物研究家の内田暁友氏を講師にお迎えし、身近なコケの見分け方、調べ方などをお伝えします。
詳しい内容は、ポスターをご覧ください。
お申込みはお電話か、ポスターのQRコードから!
みなさまの参加をお待ちしております。

〇イベントチラシはこちら

[日時] 2021年10月17日(土)9:00〜16:00
[集合・活動場所] 霧多布湿原センター/周辺の森・湿原
[講師] 植物研究科 内田暁友氏
    釧路市立博物館 学芸員 加藤ゆき恵氏
[参加費] 無料
[定員] 6名(先着順)
[対象] 小学生以上(小学生保護者同伴)
[持ち物] 昼食、飲み物
[服装] 動きやすく汚れてもよい服装、防寒着、長靴など
[募集] 10月14日(木)17:00まで(定員になり次第終了)
[予備日] 10月23日(土)9:00〜16:00
[申し込み・問い合わせ]
霧多布湿原センター(担当:伊藤)
厚岸郡浜中町四番沢20 TEL:0153-65-2779

主催:NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト
共催:釧路市立博物館

☆詳しくはこちらをご覧ください
9時30分〜11時30分 【室蘭】 測量山唐松平 探鳥会
室蘭市の測量山直下の唐松平で、主にハイタカ、オオタカ、ノスリなどのタカ類
の渡りを楽しみます。
タカ類の観察は晴天が必須ですが、ここではタカ類以外の鳥も観察することがで
きます。
11:30頃の鳥合わせの後は解散になりますが、引き続き探鳥を楽しむことも可能
です。

※新型コロナウイルス感染症の状況により中止の場合があります。
中止の場合は当会ホームページ( https://aigokai.org/ )に前日夜までに掲載
しますので、ご確認をお願いいたします。

[日時] 10月17日(日)9:30〜11:30

[場所] 測量山唐松平(室蘭市)
    https://aigokai.org/wordpress/06guide/muroran.htm

[集合] 9:30 同上
※公共の交通機関はありません。(JR室蘭駅からタクシー利用可能)

[持ち物] 観察用具、筆記用具 など

[参加費] 無料

[申込み] 不要、直接現地に集合してください

[問い合せ先] 北海道野鳥愛護会(一般社団法人北海道自然保護協会内)
TEL:011-251-5465(10:00〜16:00(土・日・祝祭日を除く))

[主催] 北海道野鳥愛護会 https://aigokai.org/
10時00分〜11時30分 【オンライン】 オンラインセミナー「苫小牧発!オオジシギの渡りとチュウヒ の繁殖 〜勇払原野と共に〜」
苫小牧市にある、勇払原野に暮らす環境省レッドリスト準絶滅危惧種のオオジシ
ギと、絶滅危惧種のチュウヒについて、現地で調査を行なっている日本野鳥の会
が講演します。
今年衛星追跡送信機をつけたオオジシギはどこへ渡ったのか?数の減少が懸念さ
れるチュウヒとは?秋の勇払原野の様子もお伝えします。

[日時] 10月17日(日)10:00〜11:30

[場所] 館内観覧(ウトナイ湖野生鳥獣保護センター レクチャールーム)及び
オンライン観覧(オンライン会議システム「Zoom」を使用)

[講師]
・(公財)日本野鳥の会 自然保護室 室長 田尻 浩伸
・(公財)日本野鳥の会 自然保護室 主任研究員 浦 達也

[対象] どなたでも

[定員] 館内観覧:30名(先着順)、オンライン観覧:500名(先着順)

[参加費] 無料

[申込み] 不要
○館内観覧:当日直接レクチャールームへお越しください。
○オンライン観覧:10月上旬にセミナー参加用「Zoom」のログイン先をWebサイト
に掲載予定です。

[問い合わせ先・主催] ウトナイ湖野生鳥獣保護センター TEL:0144-58-2231

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/shizen/shizenhogo/utonai/2021.html
10時00分〜12時00分 森のようちえん秋〜日帰り編〜
身近な自然を使って親子で一緒に遊びませんか?
普段の外遊びでも簡単にできる遊びをご紹介します。親子でたくさんの“わくわく”を見つけましょう!

【事業詳細】(札幌市環境プラザHPよりチラシ、実施要項をご確認ください。https://www.kankyo.sl-plaza.jp/event_post/r3moriyo1/
[日時] 10月17日(日)10:00〜12:00
[場所] 北海道大学構内
[定員・対象] 10組・未就学児とその家族
[参加費] 1組500円
[申込方法] 定山渓自然の村HPにある申込フォーム、またはハガキ(事業名/参加希望日/参加者全員の氏名
/参加者全員の年齢/住所/電話番号を記入の上、定山渓自然の村宛にお送りください。)
応募多数時は抽選を行います。
[申込締切]10月1日(金)17:00まで
10時00分〜12時00分 【鶴居】 秋の紅葉を見に行こう
紅葉の季節。鶴居軌道跡の樹木を中心に色づいた木々や実を見つけてみましょう。

[日時] 10月17日(日)10:00〜12:00

[場所] 温根内ビジターセンター周辺(鶴居村温根内)

[定員] 10名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[申込み先・問い合わせ先・主催] 温根内ビジターセンター
TEL:0154-65-2323
HP:https://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/onnenaiv/
13時00分〜15時45分 【オンライン】 東北ESD/SDGsフォーラム2021「みちのくSDGs in あおもり 〜 人づくりから広がるSDGsの力〜」
東北地方ESD活動支援センターでは、持続可能な社会の実現に関わる「人づくり」
をテーマにフォーラムを開催します。
開催地となる青森県の資源や文化、環境、人と人とのつながりから生まれる「あ
おもりのポテンシャル」を活かした取組を紹介いたします。
ESD/SDGsについて学びたい方、ESDやSDGsをどのように実践していけばいいのか
悩んでいる方など、お気軽にご参加ください。

[日時] 10月17日(日)13:00〜15:45

[場所] オンライン(YouTubeでの視聴)※要事前申込み

[参加費] 無料

[内容]
○ESDやSDGsを青森視点から学ぼう!
ESDとSDGsの事例を対話形式で青森の視点からお話します。
総合司会:西川 綾乃 氏
講師:藤 公晴 氏(青森大学社会学部 教授・青森大学SDGs研究センター長)
○ショートプレゼンテーション「あおもりの事例に触れよう!」
青森県内でESD/SDGsの活動を行う9つの団体の活動紹介を行います。
○質疑応答

[申込み方法] Webの専用申込みフォーム、もしくはQRコードからお申込みくだ
さい。

[問い合わせ先] 運営事務局:東北地方ESD活動支援センター
TEL:022-393-9615
FAX:022-290-7181
E-mail:info@tohoku-esdcenter.jp

[主催] 東北ESD/SDGsフォーラムあおもり実行委員会

[共催] ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアム

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://tohoku.esdcenter.jp/hot_topics/tohokuesdsdgsforum2021michinokusdgs-in-aomori/