ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 10月 21日(木) 次週 翌月
16時00分〜17時30分 【オンライン】 ESD for 2030学び合いプロジェクト「気候変動教育連続勉強会」 第5回『学校教育とNPOの連携による学習の仕組みづくり』
2050年脱炭素社会の実現に向けて各分野で必要とされる人材像を共有し、その育成・輩出に向けた体系の確立や推進戦略の構築に向けて、国内外の「気候変動教育」に関する動向や事例を学びます。
第5回は、NPO・学校・教育行政等の連携によりプログラムを確立し、いちはやく県内・市内全域の学校で大規模に気候変動に関する学習を展開している京都市と静岡県での実践事例をご紹介いただきます。そこから、学校での学習定着に至るまでの調整や課題解決のプロセス、学校とNPOの連携構築のポイント等、気候変動教育の本格的な導入にあたり必要となる条件を学びます。

※ESD活動支援センターは、ESD推進ネットワークの新たな活動として「ESD for 2030 学び合いプロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくはこちらをご覧ください⇒ https://esdcenter.jp/2021/07/starting_manabiai_project/

[日時] 2021年10月21日(木)16:00〜17:30

[場所] オンライン(オンライン会議システム「Zoom」を使用)

[対象] 気候変動教育の実践者・関係者、関心をお持ちの方

[定員] 200名(申込み先着順)

[参加費] 無料

[内容]
(1)京都市における温暖化防止教育プログラム「こどもエコライフチャレンジ」の展開
○講師:豊田 陽介さん(NPO法人気候ネットワーク 上席研究員)
1977年広島県生まれ。立命館大学大学院修士課程修了。専門は、再生可能エネルギー政策。現場での実践と研究をとおして地域を主体にした再生可能エネルギー導入・普及のためのコンサルティングや支援に取り組む。この他、京都市全小学校での脱炭素教育のコーディネーター等を務める。
著書に、「エネルギー・ガバナンス」(学芸出版、2018年)、「エネルギー自立と持続可能な地域づくり−環境先進国オーストリアに学ぶ」(昭和堂、2021年)などがある。
(2)学校授業と家庭の実践を組み合わせたプログラムの広域的な実施
○講師:服部 乃利子さん(NPO法人アースライフネットワーク 専務理事)
1995年から10年間静岡市消費者協会事務局長として消費者運動に関わる。同年から環境省認定環境カウンセラー。地球温暖化の現状や省エネ講座、グリーンコンシューマーのワークショップなど、学校への派遣授業や、公民館講座、研修などを行っている。現在、静岡県地球温暖化防止活動推進センター次長を務めるとともに、コミュニティパワーによる再生可能エネルギーの普及推進をメイン事業とする「しずおか未来エネルギー(株)」を設立し代表取締役社長を務める。

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://epohok.jp/event/13995 )からお申込みください。

[申込み締切] 2021年10月20日(水)18:00 ※申込み先着順

[問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(担当:小路)
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
E-mail:inf@hokkaido-esdcenter.jp

[主催] 北海道地方ESD活動支援センター(環境省北海道環境パートナーシップオフィス)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://epohok.jp/event/13995
19時00分〜20時30分 【オンライン】 北海道メジャーグループプロジェクト2021 ユースグループ ミーティング(全5回):第1回「考えよう私たちの時代のこと」
チーム「北海道メジャーグループプロジェクト2021」(主幹団体:北海道地方ESD
活動支援センター、NPO法人さっぽろ自由学校「遊」)では、北海道の持続可能な
社会づくりのために「誰一人取り残さない」ことを目指し北海道の未来像を探る
成果を社会に発信していくために、現在、本プロジェクトでは計9つのグループ
で、未来と今を考える対話を行っています。

北海道地方ESD活動支援センターでは、そのうちの1つであるユース(子ども・若者)
グループミーティングを開催します。
ユースで集まり、未来のための対話をしませんか?

[日時] 10月21日(木)19:00〜20:30

[場所] オンライン(オンライン会議システム「Zoom」を使用)

[対象] 本企画に関心のある、30歳未満の方(全5回に参加できることが望ましい)

[定員] 20名程度

[ワークショップコーディネーター] 任意団体「snug」代表 長谷川 友子さん
https://snugdantai.wixsite.com/my-site
1998年生まれ、江別市出身。2020年4月にユースを中心とした対話の場づくりを
行う任意団体「snug」(旧:任意団体「話をしよう」)を設立。持続可能な社会
の実現に向けた取組を生み出すことを目的としたワークショップのデザインや
ファシリテーション活動を行っている。
これまで10回の主催事業のほか、札幌市環境局、札幌市男女共同参画センター、
学生組織SASH(法政大学)、江別蔦屋書店とともに、小学生から若手社会人まで
およそ230人のユースと対話を行ってきた。また、札幌市が2021年10月〜2022年3月
にかけて開催する「企業×ユースによるSDGs協働ワークショップ『SDコン』」の
ファシリテーション及びユースコーディネーターを担当する。

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://forms.gle/dNQDUTgaUuskPGSf9
よりお申込みください。

[問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(担当:小路)
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
E-mail:inf@hokkaido-esdcenter.jp

[主催] 北海道地方ESD活動支援センター(環境省北海道環境パートナーシップ
オフィス)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://epohok.jp/event/14021