ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 10月 28日(木) 次週 翌月
12時10分〜12時55分 【オンライン】 気候変動の影響への適応 ランチタイムセミナー:第3回「雪崩 発生のメカニズムと気候変動」
東北地方環境事務所では3回にわたり、ランチタイムセミナーをオンラインで開
催いたします。(第1回は終了しました)
お忙しい中、勤務時間ではなかなかセミナーを受講する時間がとれないという皆
さまに、貴重なお昼休みの時間ではございますが、ご自分の席やテレワークの自
宅などで、お弁当を食べながらお気軽にご参加いただき、気候変動の影響への適
応について考えていただくというセミナーです。

ランチライムのひととき、気候変動の影響と適応策について考えてみませんか?

[日時] 10月28日(木)12:10〜12:55

[場所] オンライン(WebEX)

[定員] 150名(申込み先着順)

[参加費] 無料

[内容]
「雪崩発生のメカニズムと気候変動」
講師:国立研究開発法人防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター 中村 一樹 氏

[申込み方法] 所定の「参加申込書」をホームページよりダウンロードのうえ、
必要事項を記載し、メールでお申込みください。

[申込み締切] 10月14日(木)17:00 ※定員になり次第、締切といたします

[申込み先・問い合わせ先] 環境省東北地方環境事務所(担当:金)
E-mail:THK_KANTAI@env.go.jp

[主催] 環境省東北地方環境事務所

[運営] 日本エヌ・ユー・エス株式会社

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
http://tohoku.env.go.jp/to_2021/post_62.html
13時30分〜15時30分 【札幌、オンライン】ほっかいどう食品ロス削減セミナー
「ほっかいどう食品ロス削減セミナー」 〜生産地だからこそ"もったいない"の心を大切に!〜
いま、コロナ禍で外食が控えられ、家庭で過ごす時間が増えています
「買物」での食品ロスを減らすお役立ちヒントをお伝えします!

(1)日時 令和3年(2021年)10月28日(木) 13:30〜15:30(13:00開場)
(2)開催方法 会場開催とあわせてZoomで同時配信
・会場先着50名(札幌市内・石狩振興局管内にお住まいの方)+Zoom先着400名
(3)会場 TKPさっぽろビジネスセンター赤れんが前 ホール5C
(札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日札幌会館5階)
(4)講演者
   1. 「北海道の食品ロスについて」講師:道庁食品政策課
   2. 「食品ロス問題に対するコープさっぽろの取組」
      講師:生活協同組合コープさっぽろ 組織本部
本部長補佐(SDGs推進担当) 鈴木 昭徳 氏
   3. 「チャレンジ!楽しみながら家庭で食品ロス削減」
      講師:札幌ポトフの会 代表 吉田 陽子 氏
   4. 具体的な取組も紹介
    「B面レシピプロジェクト」 (株)Mizkan
(5)申込方法
    申し込みは次のURL若しくはFAX(011-232-7334)で
    (オンライン参加の場合はURLで申し込み)
    申込URL https://www.harp.lg.jp/uhQpDHZF
    FAXの場合は セミナータイトル、氏名、電話番号、FAX番号を記載願います
(6)申込締切 10月24日(日)

○ セミナーに関するホームページ
 https://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/shs/data/advance/food_loss.html
  「道食品ロスセミナー」でも検索できます。
○ 問合せ先
北海道農政部食の安全推進局食品政策課
TEL:011-231-4111内線27-666 FAX:011-232-7334
〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目
e-mail:slow.food@pref.hokkaido.lg.jp
19時00分〜20時30分 【オンライン】 北海道メジャーグループプロジェクト2021 ユースグループ ミーティング(全5回):第2回「SDGs(2030年)のその先、大丈夫そ?」
チーム「北海道メジャーグループプロジェクト2021」(主幹団体:北海道地方ESD
活動支援センター、NPO法人さっぽろ自由学校「遊」)では、北海道の持続可能な
社会づくりのために「誰一人取り残さない」ことを目指し北海道の未来像を探る
成果を社会に発信していくために、現在、本プロジェクトでは計9つのグループ
で、未来と今を考える対話を行っています。

北海道地方ESD活動支援センターでは、そのうちの1つであるユース(子ども・若者)
グループミーティングを開催します。
ユースで集まり、未来のための対話をしませんか?

[日時] 10月28日(木)19:00〜20:30

[場所] オンライン(オンライン会議システム「Zoom」を使用)

[対象] 本企画に関心のある、30歳未満の方(全5回に参加できることが望ましい)

[定員] 20名程度

[ワークショップコーディネーター] 任意団体「snug」代表 長谷川 友子さん
https://snugdantai.wixsite.com/my-site
1998年生まれ、江別市出身。2020年4月にユースを中心とした対話の場づくりを
行う任意団体「snug」(旧:任意団体「話をしよう」)を設立。持続可能な社会
の実現に向けた取組を生み出すことを目的としたワークショップのデザインや
ファシリテーション活動を行っている。
これまで10回の主催事業のほか、札幌市環境局、札幌市男女共同参画センター、
学生組織SASH(法政大学)、江別蔦屋書店とともに、小学生から若手社会人まで
およそ230人のユースと対話を行ってきた。また、札幌市が2021年10月〜2022年3月
にかけて開催する「企業×ユースによるSDGs協働ワークショップ『SDコン』」の
ファシリテーション及びユースコーディネーターを担当する。

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://forms.gle/dNQDUTgaUuskPGSf9
よりお申込みください。

[問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(担当:小路)
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
E-mail:inf@hokkaido-esdcenter.jp

[主催] 北海道地方ESD活動支援センター(環境省北海道環境パートナーシップ
オフィス)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://epohok.jp/event/14021