ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2022年 1月 20日(木) 次週 翌月
11時00分〜12時30分 【オンライン】令和3年度廃棄物処理システムにおける脱炭素化に向けた普及促進方策に係る第2回シンポジウム
2050年までのカーボンニュートラル達成に向けて、廃棄物分野では、一般廃棄物の焼却や埋立処分に伴う直接的な温室効果ガス排出の抑制のほか、収集運搬過程における燃料使用や、中間処理施設等の稼働に伴う電力使用等によるエネルギー起源CO2等の排出抑制等を総合的に講じていく対策が求められています。また、脱炭素化は、第五次環境基本計画で提唱した地域循環共生圏の創造と併せて進展していくことが必要です。
 これらを踏まえて、第2回シンポジウムでは、プラスチック資源循環を中心に3R+Renewableと廃棄物処理における脱炭素化への方策について、法制度面・技術面の両面からトピック的話題を取り上げ、広く関係者への情報共有を図ることとしました。
 市町村等の担当者を始め廃棄物処理に関わる関係者の方々の御参加をお待ちしています。

1.日時
令和4年1月20日(木) 11:00〜12:30

2.開催形式
オンライン形式にて開催(zoom ウェビナー)

3.定員
100名
※ 事前申込制です。参加希望者はシンポジウム前日までにお申し込みください。参加希望者が多数の場合は自治体関係者を優先します。

4.参加費
無料

5.参加申込方法
下記、一般社団法人廃棄物資源循環学会のホームページからお申し込みください。
URL:https://jsmcwm.or.jp/?page_id=24553

視聴に必要なURL等につきましては、シンポジウム前日までにお申し込みいただいた方に対して個別にメールでお送りします。
取材希望の方も同様にお申し込みください。なお、お申し込みの際に取材希望である旨を入力いただきますよう、お願いいたします。

6.プログラム
11:00〜11:03
開会の挨拶

(一社)廃棄物資源循環学会 
会長 吉岡 敏明

11:03〜11:23 プラスチック資源循環法の解説
環境省環境再生・資源循環局
総務課リサイクル推進室長
平尾 禎秀

11:23〜11:43 ごみ焼却施設におけるCCUSの展望
(一社)日本環境衛生施設工業会 
技術委員長 田中 朝都

11:43〜12:03 循環型ケミカルリサイクルの展望
三菱ケミカル(株)
サーキュラーエコノミー推進本部長 
馬渡 謙一郎

12:03〜12:28 ディスカッション
(一社)廃棄物資源循環学会 
理事 国際委員長 酒井 伸一

12:28〜12:30 閉会の挨拶
(一社)廃棄物資源循環学会
副会長 長田 守弘

7.問合せ先
 環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課
 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1−2−2
  E-mail : hairi-haitai@env.go.jp
  T E L : 03-3581-3351(内線6803)

連絡先
環境省環境再生・資源循環局廃棄物適正処理推進課
代表 03-3581-3351
直通 03-5521-9273
課長 筒井 誠二 (内線 6841)
課長補佐 小林 純一郎 (内線 6859)
課長補佐 田中 嘉彦 (内線 6897)
担当 越智 俊二 (内線 6803)

引用:https://www.env.go.jp/press/110386.html
14時00分〜15時30分 【オンライン】第6回水辺からはじまる生態系ネットワーク全国フォーラム
国土交通省は、令和4年1月20日、農林水産省・環境省と共同で、生態系ネットワークをテーマにした全国フォーラムをオンラインで開催します。
 今回のフォーラムでは、河川をはじめとする水辺の保全・利活用に取り組む多様な主体間の橋渡しを行い、水辺の豊かさを活かした地域振興を推進する原動力となった「地域のキーマン」から、取組を具体化する上での苦労や工夫や、各地域で動き出しつつある流域間交流の取組状況等について紹介いただく予定です。

<フォーラム概要>
[日時] 令和4年1月20日(木)14:00〜15:30
[場所] オンライン(Zoomウェビナー)にて開催
[プログラム(予定)]※詳細は別紙を参照ください。
 ◎全国の取組状況の報告 
  国土交通省 水管理・国土保全局 河川環境課
 ◎地域の取組状況の報告
  鮫田 晋 氏(いすみ市 農林課 主査)
  舟越 幹洋 氏(株式会社山陰中央新報社 編集局 報道部 ニュースセンター 委員)
  柴折 史昭 氏(NPO法人とくしまコウノトリ基金 理事・事務局長)
 ◎総括 
  中村 圭吾 氏(国立研究開発法人土木研究所 水環境研究グループ 河川生態チーム
  上席研究員 兼 自然共生研究センター長)
  ※新型コロナウイルスの影響により急遽内容を変更する場合がございます。
   その際は、国土交通省ホームページ上にてお知らせいたします。

[定員] 500名(先着順) 

<参加申込>
 ・参加ご希望の方は、下記申込フォームより令和4年1月18日(火)までにお申込み(ウェビナー登録)ください。定員になり次第、申込みを締め切ります。
 申込フォームのURL 
 https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_VbV0Bml2Qb-7v0zesUWrMA

※申込者ごとに専用のURLを発行します。視聴は一つの端末に限定されますので、使用する端末ごとにお申し込みください。
※なお、CPDプログラム受講証明書をご希望の方は本フォーラム終了後2週間以内に、本フォーラムを聴講して参考になった
点をご提出ください(100文字以上、書式不問)。提出方法等はお申込み後に別途ご案内します。

<参加申込に関する問合せ先>
(公財)日本生態系協会 生態系フォーラム係
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
TEL:03-5951-0244  FAX:03-5951-2974  E-mail:forum2021@ecosys.or.jp

[添付資料]
報道発表資料(PDF形式)
別紙(PDF形式)

[お問い合わせ先]
国土交通省水管理・国土保全局 河川環境課課長補佐 大角
TEL:03-5253-8111 (内線35-441) 直通 03-5253-8447 FAX:03-5253-1603
国土交通省水管理・国土保全局 河川環境課水環境管理係長 寺石
TEL:03-5253-8111 (内線35-482) 直通 03-5253-8447 FAX:03-5253-1603

引用:https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo04_hh_000172.html
14時00分〜16時00分 【オンライン】 環境NGO/NPOのための組織基盤強化研修 第2回「Withコロナ時 代の協働・コラボレーション」
2020年度に引き続き新型コロナウイルス感染症拡大の影響が続く中、地球環境基
金では、ポストコロナに向けたさらなる活動推進のために、活動の土台となる団
体組織の強化と、他団体の現状や今後の展開を知ることができる情報収集の場と
して、4つのテーマにわけた「環境NGO/NPOのための組織基盤強化研修」を開催し
ます。

第2回の研修では「Withコロナ時代の協働・コラボレーション」をテーマとして、
組織の代表・幹部・プロジェクトリーダーを対象に、協働・コレクティブインパ
クトとは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による協働の難しさ、中間支援
的役割の重要性について学びます。

[日時] 1月20日(木)14:00〜16:00

[場所] オンライン(Web会議システム「Zoom」を活用)

[定員] 20名程度(定員を超えた場合は、抽選とさせていただきます)

[講師] 五井渕 利明 氏(NPO法人CRファクトリー 副理事長)

[研修の構成]
(1)研修 <基礎編>:事前学習用
各テーマの基礎を学びます。考え方の整理やスキルの棚卸しとしてもご活用いた
だけます。
(2)研修 <応用編>:オンライン参加型
実践的な内容で、具体的に自団体で活かせるヒントを得られます。

[申込み方法] Webの申込みフォームからお申込みください。

[問い合わせ先・主催] 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
TEL:044-520-9505
E-mail:kikin_kensyu@erca.go.jp
(受付時間:平日 10:00〜17:00)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.erca.go.jp/jfge/training/covid19_seminar_2021.html