ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【札幌】SDGsとアドボカシー 〜国連のオープン・プロセスに学ぶ
開始日時 2018年 8月 3日 (金曜日)   18時30分
終了日時 2018年 8月 3日 (金曜日)   21時00分
場所 愛生舘サロン    札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル6F(南側奥)
連絡先  syu@sapporoyu.org TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751   (さっぽろ自由学校「遊」事務局・小泉)
詳細  国連が採択した2030年までの世界共通目標である持続可能な開発目標
(SDGs)は、日本においても様々な形で紹介される機会が増えており、
自治体レベルでの動きも活発化しつつあります。とりわけ北海道では、
SDGs未来都市に4自治体(下川町、ニセコ町、札幌市、北海道)が選定
されるなど全国的にも注目を集めており、北海道庁ではSDGs推進本部を
設けるとともに、SDGsの達成に向けたビジョンの策定に向けた動きを始めて
います。こうした自治体の動きを実のあるものにするためには、多様な市民の
関与と参画のプロセスが必要です。
 今後の地域におけるSDGs達成に向けたプロセスに活かすために、市民社会
組織の立場からSDGsの策定や国内でのアドボカシー(政策提言)に取り組んで
いる黒田かをりさんを迎えて、お話を伺います。ぜひ、ご参加ください。

■日 時 2018年8月3日(金) 18:30〜21:00
■会 場 愛生舘サロン
   札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル6F(南側奥)
■参加対象 SDGsをめぐるアドボカシーに関心のある方
(参加無料・要申込/定員20名)

<講師プロフィール>
黒田かをり 一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事
 民間企業に勤務後、コロンビア大学経営大学院日本経済経営研究所、
アジア財団日本の勤務を経て2004年より現職。2010年よりアジア財団ジャパン
・ディレクターを兼任。2007年より日本のNGO代表としてISO26000(社会的責任)
の策定に参加。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の「持続可能性に
配慮した調達コード」WG委員、SDGs推進円卓会議構成員、SDGs市民社会
ネットワーク代表理事、ビジネスと人権NAP(国別行動計画)市民社会プラット
フォーム副代表等を務める。

<参加申込>
 EメールもしくはTEL、FAXにて必要事項(お名前・ご所属・連絡先)をお知らせください。
  syu@sapporoyu.org TEL.011-252-6752 FAX.011-252-6751
  (さっぽろ自由学校「遊」事務局・小泉)

主催 NPO法人さっぽろ自由学校「遊」
助成 環境再生保全機構地球環境基金
カテゴリー
投稿者 E-EPOH
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 7月 27日 (金曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する