ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【大沼】 ラムサール協議会×大沼未来会議 特別シンポジウム「大沼におけるワイズ・ユースとは? 〜自然と共に生きるまちづくり〜」
開始日時 2019年 7月 19日 (金曜日)   17時00分
終了日時 2019年 7月 19日 (金曜日)   19時00分
場所 南北海道大沼婦人会館 大集会室(七飯町字大沼町212番地)
連絡先
詳細 ラムサール条約登録湿地は現在全国52ヵ所となっており、北海道は最も多い13ヵ所が登録されていますが、ビジターセンターを持たないのは大沼のみとなっています(2019年1月現在)。ビジターセンターは、地域観光や地域の環境学習といった教育としての機能だけでなく、地域の人々が集まり、活動を行う、地域活性化拠点としてのポテンシャルも秘めています。
本シンポジウムでは、ビジターセンターと地域活性化に視点を注目し、講師やパネリストと共に、今後の大沼地域の可能性の「種」を話し合うことを目的としています。
※チラシは下記からご覧ください。
 https://epohok.jp/wp-content/uploads/2019/07/190719_flier.pdf

[日時] 2019年7月19日(金)17:00〜19:00(予定)

[場所] 南北海道大沼婦人会館 大集会室(七飯町字大沼町212番地)

[参加費] 無料

[プログラム]
〇基調講演「ラムサール条約湿地とビジターセンターの役割」
小西 敢 氏(浜頓別町産業振興課 参事、北海道ラムサールネットワーク 代表)
〇パネルディスカッション「自然のワイズ・ユースと地域活性化」
−パネリスト−
小西 敢 氏(浜頓別町産業振興課、北海道ラムサールネットワーク)
橋本 和彦 氏(北海道生物多様性保全課 自然公園グループ)
堀 純 氏(大沼合同遊船、大沼小学校 PTA会長)
大崎 美佳 氏(EPO北海道)
池田 誠 氏(大沼ラムサール協議会、北海道国際交流センター)
−コーディネーター−
武田 裕之 氏(大阪大学+東京大学大沼フューチャー・デザイン・プロジェクト)
※プログラム・パネリストは変更することがございます。予めご了承ください。

[申込み方法] メールにて(1)ご氏名・ (2)ご連絡先をご連絡ください。

[申込み先] 大沼ラムサール協議会
TEL:0138-67-5855
E-mail:onumaramsar01@gmail.com

[問い合わせ先] 大沼ラムサール協議会 TEL:0138-67-5855

[主催] 大沼ラムサール協議会、大阪大学+東京大学大沼フューチャー・デザイ
ン・プロジェクト
[協力]七飯町、環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
カテゴリー
投稿者 E-HECO
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 7月 2日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する