ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 10月 2日(火) 次週 翌月
【ニセコ】 林業お試しツアー2018
北の大地北海道での暮らし、林業への就労を目指す方へ、移住・就業の体験ツアーを開催します。
暮らしや仕事の「ホント」を見て体験して感じる絶好のチャンスです!

ニセコエリアでは、羊蹄山『通称:蝦夷富士(エゾフジ)』なニセコ連峰の雄大な山々に囲まれた地域で、林業体験を行います。
林業のスタートとなる苗木生産の現場見学・体験、苗木が他の草木に負けないように育てる下刈り体験、育った木を伐採し運び出す作業の見学と一部体験、木材の利用に関わる製材所などの見学と、内容は盛りだくさん!

※ツアーパンフレット(ニセコエリア)のダウンロードはこちらから↓
URL:https://hokkaido-aff.com/lp_h30/pdf/otameshi_r1.pdf

[開催日] 10月1日(月)〜5日(金)※4泊5日

[開催場所] 倶知安町、ニセコ町、京極町

[内容] 苗木の生産から木材の加工まで、北海道の林業の一連の流れを見学・体験できます。また、就業や暮らしに関する相談会も行います。

[定員] 2名程度

[参加費] 体験プログラムは無料ですが、交通費の一部(自宅から北海道1次交通拠点までの往復の交通費)、食費、宿泊費を参加者に負担していただきます。

[申込み方法] 申込み期限までに、HPの「申込みフォーム」にてお申込みください。もしくは必要事項をご記入の上、FAX又はEメールにてお申込みください。
※平成30年度「農林漁業の新たな担い手確保モデル事業」HP⇒ https://hokkaido-aff.com/

[申込み期限] 9月10日(月)

[申込み先・問い合わせ先] 株式会社三共コンサルタント(担当:眞清田(ました)、酒井、山口)
TEL:011-757-1220
FAX:011-757-1236
E-mail:sapporo@sankyou-s.co.jp

[主催] 北海道(企画・運営:株式会社三共コンサルタント)

☆2018年の「北海道林業お試しツアー」は全5ヶ所での開催です。詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://hokkaido-aff.com/lp_h30/tour_h30_ringyou.html
18時30分〜20時30分 【札幌】 緊急開催!!「(仮称)北海道SDGs推進ビジョン(原案)」パブリックコメントワークショップ
2015年、「国連持続可能な開発サミット」の成果文書として採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」から、人間、地球及び繁栄のための行動計画として17目標からなる「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられました。
17目標には、貧困、まちづくり、環境保全、パートナーシップ等に関わる様々な分野からの視点が含まれています。また「誰ひとり取り残さない」というキャッチフレーズの元、世界中がSDGsの達成に向けた行動をしています。
このような流れを受け北海道庁では、北海道内へのSDGs推進に向け「(仮称)北海道SDGs推進ビジョン(原案)」を2018年12月策定を予定し、2018年10月10日(水)を期限としてパブリックコメントの募集中です。
本ワークショップでは、会場に掲示されたビジョンを自分のペースで読み込み、参加者同士の対話と書き込みによって、政策を身近なものにしていくことを目的としています。
この機会に北海道のSDGsについて一緒に考えてみませんか。

※パブリックコメントとは…
行政が、政策・制度等の決定前に、案を公表し国民から意見等を募集し、それを踏まえて政策・制度等を決定する制度。

※「(仮称)北海道SDGs推進ビジョン(原案)」パブリックコメントの詳細は下記ホームページをご覧ください。
北海道(総合政策部政策局計画推進課)のホームページ↓
URL:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/sks/SDGs/vision-dominiken.htm

[日時] 2018年10月2日(火)18:30〜20:30

[場所] 札幌エルプラザ公共4施設 2階 会議室3・4(札幌市北区北8条西3丁目)

[対象] 持続可能なまちづくり、SDGsに興味関心を持つ方

[定員] 20名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[内容]
(1)開会
(2)「(仮称)北海道SDGs推進ビジョン(原案)」について(予定)
   北海道総合政策部 政策局 計画推進課 SDGs推進グループ
(3)ビジョンについて話し合おう!
  ※参加者一人ひとりがパブコメの機会を活用することをねらい、意見の素材を見つけ出すための対話を行います。
(4)まとめ・閉会

[申込み方法] EPO北海道ホームページの申込みフォームをご利用いただくか、電話もしくはFAX、Eメールにて必要事項(お名前・ご所属・連絡先(メールアドレス・電話番号))をお知らせください。

[申込み先・問い合わせ先・主催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp

[共催] (公財)さっぽろ青少年女性活動協会 市民参画部市民参画課事業係(札幌市男女共同参画センター指定管理者)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://epohok.jp/event/9650