ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 10月 20日(土) 次週 翌月
8時30分〜16時30分 【喜茂別】 秋の恵みを楽しもう♪
知来別の森は、ボランティアの力で整備が進められている里山です。
秋の森を散策し、きのこ探しや森の観察、焚き火や森の手入れ体験などを行います。
昨年は、同じ時期にシモフリシメジがたくさん見られました。
晩秋の森を一日いっぱい楽しみましょう♪

[日時] 10月20日(土)8:30〜16:30

[場所] 知来別の森(喜茂別町知来別)

[集合] 8:20 真駒内駅 真駒内中学校の角(札幌市南区真駒内)

[参加費] 大人も子供も1人2,000円(貸切バス代含む)

[対象] 一般、親子

[定員] 20名

[持ち物・服装] 長靴、お弁当、飲み物、敷物、防寒着、軍手、ビニール袋
※防寒着はしっかりお持ちください。
※雨天時には、カサ、カッパをお持ちください。

[申込み方法] 10月16日(火)までに、Eメールか電話・FAXのいずれかで、「氏名」「住所」「電話番号」をお知らせください。

[申込み先・問い合わせ先] 自然ウオッチングセンター
TEL:011-583-5208
FAX:011-583-5233
E-mail:wanpakuasobitai@tea.ocn.ne.jp
[主催] 知来別森の会

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://shizen.la.coocan.jp/tiraiF.pdf
9時30分〜14時30分 【阿寒】 一歩園自然セミナー「アカエゾマツの香りパワーの秘密と可能性を探る! in 阿寒の森」
アカエゾマツはピアノ材、建築材としても知られ、積極的に植栽されてきましたが、木材資源として活用までには多くの作業と歳月が必要なため、植林したままの人工林も一部で見受けられます。
アカエゾマツ人工林の価値を高める手法の一つに、枝打ち作業から出た下枝などの不要物の有効活用(香りによるリラックス効果、人畜に対する抗菌作用等)が注目され始めていることから、本セミナーでは、当財団のアカエゾマツ人工林での枝葉の採取(枝打ち)体験並びに、それらを用いた精油の蒸留過程の観察、最新のアカエゾマツの機能性研究を通して、この樹(森林)の持つ多面的な有用性に触れる機会を提供します。

セミナー詳細並びに参加募集に関するチラシ(PDF)は前田一歩園財団ホームページ( https://www.ippoen.or.jp/ )の「新着情報」よりダウンロード可能です。

[日時] 10月20日(土)9:30〜14:30(受付開始 9:00)
※雨天催行/荒天時はプログラムを一部変更して催行します。

[場所] 釧路市 阿寒湖周辺
・現地観察会:阿寒湖周辺(前田一歩園財団管理森林内)
・講演:阿寒湖まりむ館(トーラサンペ・ユーカラ)
・蒸留作業体験:阿寒湖まりむ館(多目的ホール/調理室)

[集合] 阿寒湖まりむ館(釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目6-10 TEL:0154-67-4400)

[タイムスケジュール]
9:00〜 受付(阿寒湖まりむ館)
9:30〜10:30 アカエゾマツ林見学・枝打ち体験
10:30〜12:15 アカエゾマツ精油蒸留作業体験
13:15〜14:15 講演
14:15〜14:30 アカエゾマツ精油蒸留の解説
※昼食は各自ご用意ください。
※アカエゾマツの針葉で燻製したベーコンの試食、アカエゾマツ茶の試飲あり。
※参加記念品としてアカエゾマツ精油蒸留時に抽出されたアカエゾマツの蒸留水をプレゼント!

[講師]
・横田 博(よこた ひろし)氏:(一社)PineGrace 代表、酪農学園大学名誉教授
 講演「北海道の特産アカエゾマツをお宝に変える!」
・酒巻 美子(さかまき よしこ)氏:(一社)PineGrace 副代表、木育マイスター
 アカエゾマツ精油蒸留作業の実演・解説など

[定員] 申込み先着30名

[参加費] 無料

[申込み方法] 電話にてお申込みください

[申込み先] (一財)前田一歩園財団 TEL:0154-67-2207

[申込み期間] 定員(30名)になり次第締め切ります

[問い合わせ先] (一財)前田一歩園財団 自然普及課(担当:山本光一)
TEL:0154-67-2207
E-mail:k_yamamoto@ippoen.or.jp

[主催] (一財)前田一歩園財団

[協力] (一社)PineGrace
10時00分〜 【札幌】 インタープリターズキャンプ2018 in 札幌
「インタープリターズキャンプ2018in札幌
人と自然、人と人をつなぐ プログラムデザイン体験講座」

自然の大切さや面白さを伝える、自然を介して人同士をつなぐ。
その役割を「インタープリター(通訳者)」と呼びます。
1983年から日本の環境教育をリードしている(公財)キープ協会より講師を招き、2016年・2017年に札幌でインタープリテーションの基礎講座を開催しました。
2018年は、地域資源を生かしたプログラムのデザインと、自然体験活動を円滑にするファシリテーションの基本を、講義と実習をとおして学びます。

[日時] 平成30年10月20日(土)10:00〜10月21日(日)16:00 1泊2日
[会場] 札幌市青少年山の家
[講師] (公財)キープ協会 増田直広さん ほか
[内容] 講義/インタープリテーション企画概論、実習/プログラム企画作り
[対象] 札幌市内および近郊の環境活動の実践者・教員・学生など 30名       
[参加費] 一般12,000円、大学生8,000円(宿泊費、食費、保険料込)
[申込み] 札幌市環境プラザへ電話・FAX・Eメールでお申込みください。
     9月11日(火)9:00から受付開始(先着順)
     氏名、ふりがな、性別、年齢、生年月日、電話番号、住所、Eメールアドレスをお伝え
ください。
[電話] 011-728-1677
[FAX]  011-728-1400
[E-メール] ecoplaza@kankyo.sl-plaza.jp

[共催] 札幌市定山渓自然の村、札幌市北方自然教育園、札幌市青少年山の家、札幌市環境プラザ
【以上指定管理者(公財)さっぽろ青少年女性活動協会】 滝野自然学園

[協力] 環境中間支援会議・北海道【環境省北海道環境パートナーシップオフィス、(公財)北海道環境財団、NPO法人北海道市民環境ネットワーク、札幌市環境プラザ】

10時00分〜 【小樽】 平成30年度 地域に根ざす消費者教育セミナー
[プログラム]
10月20日(土)
10: 00 〜12: 00
 「スマホから考える世界・わたし・SDGs」〜スマホの製造工程から考える〜
 講師:八木 亜紀子氏(認定特定非営利活動法人 開発教育協会)
 ※SDGsとは
  持続可能な開発目標で、住みやすい地球を残すためにみんなで共通の17の目標を作り、1人1人が取り組むことを目標としています。

13: 00 〜15: 00
 「実機を使ったスマホ体験」
 〜スマホを賢く使って、安心・安全にインターネットをしよう〜
 講師:高橋 誠氏(LINE株式会社 公共政策室)
 ※親子・子供(小学高学年以上対象)参加可

15:10〜15:40
 スマホの契約あれこれ〜契約前に知っておきたい事
 講師:道林 正子氏((公社)全相協)


10月21日(日)
10: 00 〜12: 00
 「私の消費は 世界・未来へつながっている
  講師:佐竹 輝洋氏(フェアトレードタウンさっぽろ戦略会議幹事/札幌市環境局) 
     有坂 美紀氏(フェアトレードタウンさっぽろ戦略会議事務局長/RCE北海道道央圏協議会)

※フェアトレードとは
開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」を いいます。

13: 00 〜14: 30  
 今、注目の北海道ワイン」〜ブランド力を高めるために
 講師:阿部 眞久氏(NPO法人ワインクラスター北海道代表)

14:40〜15:40 
「ワイン産業の振興とワイン特区」〜余市町の取り組み
 講師:濱川 龍一氏(余市町役場経済部農林水産課長)

15:50〜16:20 
 暮らしに生かそう、食品表示!〜元気な明日のために〜
 講師:小山 里美氏((公社)全相協)

※ 内容、講師などが一部変更になる場合もあります

会場:10/20(土) 小樽市民センター2階 会議室1号2号
   10/21(日) 小樽市民センター3階研修室

主催:(公社)全国消費生活相談員協会 北海道支部
後援: 北海道・小樽市・小樽消費者協会

[申込み・問い合わせ]
全国消費生活相談員協会 北海道支部 
(TEL 011-622-2725 月・火・木 10〜15時)
氏名、住所、電話番号、Fax番号、参加希望講座(1講座から可・手話通訳希望・親子参加の方はその旨)を明記
Fax 011-622-2725またはEmail:hokkaido.shibu@zenso.or.jp 
電話でお申込み下さい。10/9(火)締切
13時00分〜15時00分 【標茶】 ムックリ(口琴)を作ろう
アイヌの人たちが使っていた楽器、ムックリを使って、その音色を楽しみましょう♪

[日時] 10月20日(土)13:00〜15:00

[場所] 塘路湖エコミュージアムセンター「あるこっと」(標茶町塘路原野)

[定員] 15名(要事前申込み)

[参加費] 300円(材料費)

[申込み先・問い合わせ先・主催] 塘路湖エコミュージアムセンター「あるこっと」
TEL:015-487-3003
URL:http://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/tooroedo/
13時00分〜15時40分 【東川】 平成30年度第1回 大雪山の「価値」を知り「活かす」ためのフォーラム
いま、大雪山を取り巻く圏域一帯では、広域連携により様々な取り組みが行われていることをご存知でしょうか。ジオパーク?協働型管理運営って?山守隊?なぜ日本遺産なの?
平成28年度からスタートし、今回で通算6回目となる当該フォーラムでは、大雪山圏域でいま何が起こっているのか、そして私たちにいま何が求められているのかなど、それぞれキーマンとなる論客を講師にお招きし、楽しく、分かりやすく語っていただきます。大変貴重な機会ですので、たくさんの方のご来場をお待ちしております。

[日 時]2018年10月20日(土)13:00〜15:40(開場12:30〜)
[会 場]東川町複合交流施設せんとぴゅあ1 コミュニティホール(旧東川小学校ランチルーム)
    (上川郡東川町北町1丁目1-1)
     https://town.higashikawa.hokkaido.jp/arts-exchange-center/
[定 員]100名
[参加費]無料
[講 演]
(1)大雪山国立公園の協働型管理運営体制の構築について(13:10〜13:40)
   講演者:桝厚生氏/環境省北海道地方環境事務所上川自然保護官事務所首席自然保護官
(2)日本遺産の認定を受けて(13:50〜14:20)
   講演者:鈴木創太氏/上川町教育委員会社会教育グループ主任
(3)大雪山のアイヌ語地名(14:30〜15:00)
   講演者:高橋基氏/元旭川商業高等学校教諭 アイヌ語地名研究会幹事
(4)大雪山を取り巻く新たな保全の取り組み/第1回まとめ
   講演者:愛甲哲也氏/北海道大学大学院農学研究院准教授 
[主 催](一社)ひがしかわ観光協会、東川町、東川町教育委員会
[後 援]環境省北海道地方環境事務所、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、上川総合振興局、
     大雪山国立公園連絡協議会、大雪山麓上川アイヌ日本遺産推進協議会、あさひかわジオパークの会、
    (一社)層雲峡観光協会、(一社)美瑛町観光協会、(一社)かみふらの十勝岳観光協会、
    (一社)ふらの観光協会、NPO法人南富良野まちづくり観光協会、東川町商工会、東川町農業協同組合、
    (株)東川振興公社
[申 込]不要
[問合せ]東川町複合交流施設せんとぴゅあ2 文化レクリエーション課(担当:三島)
     電話 0166-82-4245(休日不在)

※あさひかわジオパークの会 第1回ジオ・カフェ「大雪山とジオパーク構想」との共同開催です。
※第2回フォーラムは、2018年12月15日(土)13:00から第1回フォーラムと同じ会場で開催します。
 以下のような講演内容を予定しています。ぜひご参加ください。
(1)大雪山の火山生成と地質特性
   講演者:和田恵治氏/北海道教育大学旭川校教授
(2)大雪山の観光振興について
   講演者:木村 宏氏/北海道大学観光学高等研究センター特任教授
(3)山の恵みと里の暮らしをつなぐ
   講演者:山本 牧氏/NPO法人もりねっと北海道代表
(4)大雪山を取り巻く新たな保全の取り組み/今年度まとめ
   講演者:愛甲哲也氏/北海道大学大学院農学研究院准教授 
18時00分〜20時30分 【札幌】 第376回 野鳥お勉強会
☆「野鳥お勉強会」とは…
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場としています。誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 10月20日(土)18:00〜20:30

[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)

[集合] 同上 17:50

[内容]
○テーマ:「ブータンの自然 〜観光資源としての視点から〜」
○講師:菊池 聖子 氏(ネイチャーツアー企画/自然フィールドたび倶楽部)
「幸せの国ブータン」の観光は独特な民族風習や文化が中心ですが、近年“自然”
が注目を浴びています。地形は“北高南低”、北は7000m級のヒマラヤ山脈、南は
200m台の亜熱帯ジャングル。まるで急坂のようなものスゴイ高低差の国。その環
境の植物相は60%が固有種と云われ、今でも新種が次々発見。バードウォッチン
グも盛んで春は海外のバーダーで賑わいます。そんな知られざるブータンの自然
を、花々や野鳥を中心に紹介します。

[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合はお断りする場合があります。

[参加費] 3,500円(飲食代)

[申込み方法] 10月18日(木)までに、Eメールもしくは電話でお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会(代表:富川)
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org

[主催] 野鳥お勉強会 http://www.toriben.org/