ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2018年 11月 30日(金) 次週 翌月
13時00分〜18時00分 【東京】 ESD推進ネットワーク全国フォーラム2018〜SDGs(持続可能な開発目標)を地域で達成していくための人づくり:地域ESD拠点の可能性〜
ESD推進ネットワーク全国フォーラムは、持続可能な社会を担う人づくりに関わる多様なステークホルダーが一堂に集い、ESDに関する最新の国際動向、国内動向及びネットワーク形成の状況を共有するとともに、相互のつながりを構築・強化することにより、ネットワークが成長するための機会として、ESD活動支援センター、文部科学省、環境省が開催しています。

3回目となる今回は、「SDGs(持続可能な開発目標)を地域で達成していくための人づくり:地域ESD拠点の可能性」と題し、SDGsを地域で達成していくための人づくりとしてのESDと、ESD推進ネットワークにおいて重要な役割を担う地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)に焦点を当て、意見交換を行います。

地域ESD拠点及び地域ESD拠点の登録に関心を持つ組織・団体の皆様はもちろん、広く持続可能な地域づくりと人づくりに関心を持つ教育関係者・自治体関係者・NGO/NPO/公益法人・企業/産業界・学生をはじめとする若者・メディア・関係省庁等、皆様のご参加をお待ちしています。

[日時] 11月30日(金)13:00〜18:00 / 12月1日(土)9:30〜14:30

[場所] 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
・全体会:カルチャー棟 小ホール
・分科会:分科会用会議室(カルチャー棟、センター棟)

[アクセス]
・小田急線「参宮橋」駅下車、徒歩約7分
・地下鉄千代田線「代々木公園」駅下車、徒歩約10分(代々木公園方面4番出口)
[参加費] 無料
※1日目:全体会終了後、同会場にて懇親会(18:30〜20:00、会費制)を予定しています。

[プログラム概要]
■ 1日目:11月30日(金)13:00〜18:00
○セッション1:基調パネルディスカッション「地域におけるESDのさらなる展開に向けて」
○セッション2:ポスター発表、情報交流セッション
○セッション3:ESD関連省庁施策とESD推進ネットワークへの期待
       −持続可能な社会づくりのための消費者行動をめぐる諸課題を中心に−
■ 2日目:12月1日(土)9:30〜14:30
○セッション4:分科会「地域ESD拠点:活動成果と可能性」
・分科会1:学校と地域ですすめるESD
・分科会2:自然災害に備える人づくり
・分科会3:地域と「国際」をつなぐESD
・分科会4:ユースの関わり、ユースの巻き込み
・分科会5:体験活動を提供する施設のESD
○セッション5:全体総括

[申込み方法] 11月20日(火)までに、「参加申込専用フォーム」よりお申込みください。
※参加申込専用フォーム:https://business.form-mailer.jp/fms/e52b3e0992878
※Eメール、FAXでのお申込みも可能です。詳細はホームページにてご確認ください。

[申込み締切] 11月20日(火)

[問い合わせ先] ESD活動支援センター(担当:金沢、渡辺)
TEL:03-6427-9112
E-mail:esdforum@esdcenter.jp ※@を半角に換えて送信ください

[主催] ESD活動支援センター、文部科学省、環境省

[共催] 独立行政法人国立青少年教育振興機構

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://esdcenter.jp/hottopics/esdcenter-forum2018/
13時10分〜16時30分 【札幌】 気候変動の影響への適応に関するセミナー 〜変化する気候と北海道のこれから〜
地球温暖化に関しては、その原因である二酸化炭素等の排出を抑制、削減して低炭素社会の実現を目指す「緩和策」とともに、緩和を実施しても温暖化の影響が避けられない場合、その影響に対して自然や人間の在り方を調整していく「適応策」の必要性が高まってきています。
今後さらに深刻化が予想される気候変動の影響に対処する「適応」にスポットを当て、最新の気候変動の影響に関する科学的知見や適応策に関する動向の紹介に加え、北海道における気候変動の影響や適応策等についてのセミナーを開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

[日時] 11月30日(金)13:10〜16:30(開場 12:40)

[場所] ACU-A(アスティ45 16F)大研修室1606(札幌市中央区北4条西5丁目)

[対象] 行政機関、民間企業、研究機関、市民団体 等

[定員] 120名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[内容]
・講演1「氷河減少を追うドキュメンタリー制作の現場から〜温暖化の適応策を考える」
 濱中 貴満 氏(北海道テレビ放送株式会社 報道部 プロデューサー)
・講演2「気候変動下における季節ごとの適応策 〜地理空間情報等の利用〜」
 大西 暁生 氏(横浜市立大学データサイエンス学部 教授)
・講演3「気候変動の日本酒製造への影響」
 廣野 徹 氏(高砂酒造株式会社 執行役員・企画部部長)
・講演4「味の素グループの気候変動の取り組み・緩和策と適応策」
 太田 史生 氏(味の素株式会社 シニアマネージャー)

[申込み方法] 下記(1)〜(4)を記載の上、FAX又はEメールにてお申込みください。なお、複数名での参加の場合は、参加者全員の氏名を記載の上、お申込みください。
(1)氏名
(2)所属
(3)連絡先電話番号(及びFAX番号)
(4)Eメールアドレス
※FAXで申込みいただく場合は、『開催案内』の「申込み用紙」を、Eメールの場合はタイトルに「気候変動セミナー参加申込み」としていただいた上でお申込みください。
※『開催案内(PDF)』のダウンロードはこちらから↓
URL:http://hokkaido.env.go.jp/20181108tekio.pdf

[申込み締切] 11月27日(火)

[申込み先・問い合わせ先] 日本エヌ・ユー・エス株式会社(担当:橋爪、佐々木(静))
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア5階
TEL:03-5925-6770
FAX:03-5925-6745
E-mail:adaptation-hokkaido@janus.co.jp

[主催] 環境省北海道地方環境事務所、北海道、札幌市、(公財)北海道環境財団

☆プログラム内容等、詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://hokkaido.env.go.jp/pre_2018/post_86.html