ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 2月 17日(日) 次週 翌月
(継続中) エコ育広場2018出展者募集
「エコ育広場」は子どもから大人まで気軽に環境教育を体験できるイベントです。個人、市民団体、事業者、行政などの環境教育に関わる団体が体験プログラムを実施します。参加者は自由に出入りし、気軽に環境教育を体験できます。

■開催日時
2019年4月13日(土曜日)10:00から15:00
※入場料無料(小学生以下は保護者同伴とします。)

■会場
札幌エルプラザ公共4施設2F(札幌市北区北8条西3丁目)
※環境プラザ展示コーナー・環境研修室前スペース・交流広場での出展形態となります。

■募集期間
2019年2月12日(火曜日)〜3月7日(木曜日)

■申込方法
申し込み用紙(兼 同意書)に必要事項を記入の上、申込窓口まで郵送、FAX、E‐mail、持参のいずれかの方法でお申し込みください。
※申込用紙は環境プラザHPよりダウンロードできます
http://www.kankyo.sl-plaza.jp/work/ecoikuhiroba/2019bosyuindex.html

申込・問い合わせ窓口:札幌市環境プラザ
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共4施設2F
TEL/011-728-1667
FAX/011-728-1400
E-mail ecoiku.hiroba@gmail.com

■出展者説明会
日時:2019年3月7日(火曜日)19:00〜
場所:札幌市環境プラザ

■参加費
参加費をお願いします。1口500円よりお受けいたします。
〜12時30分 【美瑛】 自然体験活動フォーラム in 大雪2018
今年度も国立大雪青少年交流の家を会場に、「自然体験活動フォーラム in 大雪」を開催いたします。
今回は「自然体験活動とソーシャルバリュー」をテーマに、自然体験活動をキーワードとした様々な分科会や、各分野のゲストを招いた全体会を通じて、自然体験活動の持つ価値について、参加者の皆様と一緒に考えます。
自然体験活動や環境教育、アウトドアを専門とした方はもちろん、行政、農林漁業、観光業の方、地域おこし協力隊、学生から社会人まで、幅広い方を対象としていますので、ぜひ気軽にお申込みください。

またフォーラムに先立ち、第1部といたしまして、自然体験活動指導者を対象とした様々な指導者養成講座も開設されますので、併せてご参加ください。
※第1部の詳細はこちらからご確認ください⇒ http://cone.jp/caravan_taisetsu/

[日時] 2月16日(土)13:00〜17日(日)12:30
[場所] 国立大雪青少年交流の家(美瑛町白金温泉) https://taisetsu.niye.go.jp/
[対象] 自然体験活動に興味のある人は、どなたでも!
[主なプログラム]
○全体会1(2/16(土)13:20〜15:00)
「自然体験活動とソーシャルバリュー」
・コーディネーター:宮本 英樹 氏(流山牧場・パドミュゼ 代表)
・パネリスト:井田 芙美子 氏(いただきますカンパニー 代表)
       瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院 精神科医師)
       佐藤 初雄 氏(国際自然大学校 理事長)
○全体会2(2/16(土)17:00〜18:30)
「自然体験活動と災害支援」
・コーディネーター:上田 融 氏(いぶり自然学校 代表)
○全体会3(2/17(日)10:30〜12:00)
「自然体験活動のこれから」
・コーディネーター:荒井 一洋 氏(大雪山自然学校 代表)
○分科会1(2/16(土)15:00〜17:00)
(1)森のようちえんのリスクマネジメント
   講師:田中 住幸 氏(飯田女子短期大学 准教授)
(2)あなたにも作れる!SDGsの学びの場
   講師:能條 歩 氏(北海道教育大学岩見沢校 教授・CONEトレーナー・リスクマネージャー)
(3)パッケージドプログラムの極意
   講師:二杉 寿志 氏(おたる自然の村公社 指導課長)
(4)自然体験活動と発達障害
   講師:安藤 正紀 氏(玉川大学教職大学院 教授)
(5)エコビレッジという暮らしと学びの場
   講師:坂本 純科 氏(北海道エコビレッジ推進プロジェクト 理事長)
○分科会2(2/17(日)9:00〜10:30)
(6)自然体験と学校教科の成績相関
   講師:山本 光一 氏(前田一歩園財団 自然普及課長)
(7)森の癒しと医療(森林療法)
   講師:瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院 精神科医師)
(8)畑のインタープリテーション
   講師:井田 芙美子 氏(いただきますカンパニー 代表)
(9)自然学校で飯が食えるか?
   講師:鈴木 宏紀 氏(自然考房 Nature Designing 代表)
※プログラムの詳細についてはチラシ(PDF)にてご確認ください↓
URL:http://cone.jp/wp-content/uploads/2018/10/caravan_taisetsu.pdf
[定員] 100名
[参加費]
○両日とも参加:7,500円(学生 5,500円)
○1日のみ参加:3,000円(16日は茶菓子代別途100円)
※宿泊の場合、宿泊先は国立大雪青少年交流の家( https://taisetsu.niye.go.jp/ )となります。男女別の相部屋、タオルや歯ブラシなどアメニティはありませんので、各自ご用意ください。
[申込み方法] ホームページの「申込みフォーム」より、必要事項を記入の上、お申込みください。
[問い合わせ先・主催] NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)
TEL:03-6407-8240(問い合わせ時間:月〜金 10:00〜17:00)
FAX:03-6407-8241
E-mail:info@cone.jp
[助成] 「平成30年度 子どもゆめ基金」助成事業

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://cone.jp/caravan_taisetsu/
10時00分〜13時00分 【美唄】 ぶらしっち「厳冬の宮島沼を歩く」〜冬のサンドウィッチ付きガイドウォーク〜
季節やテーマで吟味したその日オリジナルのコースをスタッフがご案内。
歩いた後は、地元美唄のパン屋さん「カフェストウブ」のサンドウィッチとスープをいただきます。

[日時] 2月17日(日)10:00〜13:00

[場所] 宮島沼 周辺

[集合] 宮島沼水鳥・湿地センター(美唄市西美唄町大曲3区)
※10:00スタートですので、事前に受付をお済ませください。

[内容] カンジキやスノーシューを履いて雪の上を散策します。ランチは、地元美唄のお店「カフェストウブ」のサンドウィッチをいただきます。

[定員] 15名(申込み先着順)

[参加費] お一人1,200円(保険・昼食・カイロ代込、当日現金で支払い)

[持ち物・服装] スキーウェアなどの防水防寒服、帽子、ネックウォーマーやマフラー、スノーブーツまたは長ぐつ、手袋、温かい飲み物、カンジキかスノーシュー(プラカンジキ貸出あり)

[申込み方法] 参加希望者の「お名前」「ご住所」「緊急時の連絡先」を、電話かEメールでお知らせください。

[申込み締切] 2月10日(日)※定員に達し次第、締め切ります。

[申込み先・問い合わせ先] 宮島沼水鳥・湿地センター(担当:加藤)
住所:美唄市西美唄町大曲3区
TEL:0126-66-5066
FAX:0126-66-5067
E-mail:mwwc3@dune.ocn.ne.jp(担当:加藤)

[主催] 宮島沼水鳥・湿地センター http://miyajimanumaproject.blog.fc2.com/blog-entry-126.html


13時00分〜18時00分 【東京】 「SDGsローカル・アカデミー」全国報告会 〜SDGsで考えるビジネスと地域の関係〜
環境省では、環境課題にSDGsの視点を取り入れ、環境の面からだけではなく、経済及び社会の面から総合的なアプローチをすることにより、2030年に向けた持続可能な社会の実現や「地域循環共生圏」の形成を目指し、北海道・広島・愛媛で、環境課題を中心とする地域課題の解決に取り組む人材(SDGs人材)の育成のための研修(SDGsローカル・アカデミー)を行いました。
この研修の成果報告として、環境課題を中心とする地域課題の解決及び人材研修に関心のある若手社会人、企業、自治体、NGO/NPO等の方々を対象に「地域の環境課題解決に向けたSDGs人材研修成果報告会」を開催します。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

[日時] 2月17日(日)13:00〜18:00(開場 12:30)

[場所] Creator's District 神保町(東京都千代田区神田小川町3-6-8 伸幸ビル4階)

[参加費] 無料(事前登録制)

[定員] 100名(申込み多数の場合は、先着順とさせていただきます)

[主な内容]
○研修生・研修受入先による現地研修報告(北海道・広島・愛媛)
○トークセッション「SDGsで考えるビジネスと地域の関係」

[申込み方法] 申込みフォーム( https://epc.or.jp/pp_dept/events/events-archive-190217)、Eメール又はFAXでお申込みください。Eメール、FAXでの申込みの際には、件名に「SDGs人材研修成果報告会」と明記し、下記(1)〜(4)をご記入ください。
(1)氏名(ふりがな)
(2)所属
(3)電話番号
(4)Eメールアドレス(若しくはFAX番号)

[申込み先] 一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)
E-mail:sdgs-academy@epc.or.jp
FAX:03-5468-8406

[問い合わせ先] 一般社団法人環境パートナーシップ会議(EPC)(担当:江口、藤本)
TEL:03-5468-8405
FAX:03-5468-8406
E-mail:sdgs-academy@epc.or.jp

[主催] 環境省

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.env.go.jp/press/106421.html