ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【札幌】野生生物の記録を残して活用する 〜みんなでつくる鳥類データベース〜
開始日時 2019年 6月 2日 (日曜日)   14時00分
終了日時 2019年 6月 2日 (日曜日)   16時30分
場所 北海道大学総合博物館 S105(ホール・知の交流)
連絡先 フォーラム開催事務局 (担当:長谷川) メール:office@cervus.kapiu.org
詳細  観察記録を個人のフィールドノートに埋もれさせないよう、皆で共有し有効活用できないか考えるフォーラムです。全国各地でオープンデータベース化の取組みは行われていますが、生物によって記録の仕方が異なるなど、データの提供と利用の両面から使い勝手のよい運用というのはなかなか簡単ではありません。
 貴重なデータを提供し、そして使いたくなるデータベースとはどんなものか、参加者といっしょに考えます。今回は、鳥類を主な対象とし、データ集約の方法、対象範囲の広さ、共有手段を検討します。

【日時】2019年6月2日(日) 14:00-16:30
【会場】北海道大学総合博物館 S105(ホール・知の交流)
【定員】50名(申し込み制・当日参加も可)
【主催】NPO法人EnVision環境保全事務所
【助成】北海道新聞野生生物基金

【プログラム】
主旨説明:オープンデータベースやマップシステムの展望
      金子正美(酪農学園大)
特別講演:北海道における鳥類の繁殖期の分布
      藤巻裕蔵(帯広畜産大名誉教授)
事例報告1:藤巻データベースの作成と公開
      中森達・ 福田潤(EnVision環境保全事務所)
事例報告2:鳥類のデータベースに関する北海道の取組み
  (発表者調整中)
パネルディスカッション:既存の観察記録を、どう共有データとして残し活用するか
司会進行:長谷川理(EnVision環境保全事務所)

【申込み・問合せ】
フォーラム開催事務局 (担当:長谷川)
メール:office@cervus.kapiu.org
※定員に達していなければ当日飛び入り参加も可能です。できれば事前に申し込んでください。
カテゴリー
投稿者 E-EPOH
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 5月 22日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する