ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【札幌】 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク 第2回フォーラム「しめっちフォーラム 忍び寄る湿地への危機 たとえば、そう・・・・」
開始日時 2018年 1月 27日 (土曜日)   13時30分
終了日時 2018年 1月 27日 (土曜日)   17時00分
場所 札幌市社会福祉総合センター大研修室(札幌市中央区大通西19丁目1番1号)
連絡先
詳細 石狩川下流域にはかつて釧路湿原よりも大きな湿地が広がっていましたが、農地開発や防災工事によって、0.1%にまで減少しました。わずかに残る湿地も地域で保全・利活用の取り組みがされていますが、現状は厳しく、また関心も持たれず排水による乾燥化や更なる開発や不法投棄などによって減少は続いています。
https://youtu.be/degNf-C7dss

今回はそんな湿地に広がっている外来生物にも注目し、吉田剛司先生に基調講演をいただきます。

湿地がもたらす豊かさ、それを守ることの大切さ、一緒に考えてみませんか?

[日時] 1月27日(土)13:30〜17:00(開場 12:30)

[場所] 札幌市社会福祉総合センター大研修室(札幌市中央区大通西19丁目1番1号)

[プログラム]
12:30〜 開場 ※ポスター展示、人形劇予告映像の上映
13:30〜 開会の挨拶
13:35〜 人形劇本編上映
13:45〜 基調講演「石狩川下流域の湿地での外来種と生物多様性保全」
     吉田 剛司 氏(酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室 教授)
14:35〜 湿地落語「新・湿地のミライ」
     こみゅに亭楽時男 氏
14:55〜 活動紹介「おらが湿地自慢」
15:35〜 ポスターセッション
     ※セッションA(15:35〜16:15)、セッションB(16:15〜16:55)
17:00 閉会 ※18:00から懇親会

[定員] 120名(要申込み)

[参加費] 無料

[申込み締切] 1月22日(月)※定員になり次第、締め切ります。

[申込み方法] 以下まで、下記(1)〜(3)をお知らせください。
(1)氏名
(2)連絡先(メールアドレスまたは電話番号)
(3)所属

[申込み先・問い合わせ先] 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク
TEL:011-200-0973
FAX:011-200-0974
E-mail:info@ishikarigawa-net.com

[主催] 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク

[共催] ウェットランドセミナー

[後援] 石狩市、札幌市、新篠津村、北海道、国土交通省北海道開発局札幌開発建設部、環境省北海道地方環境事務所、北海道環境財団、北海道ラムサールネットワーク、北海道市民環境ネットワーク

◆ 講師プロフィール:吉田 剛司さん(酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室)
1970年生まれ、大阪出身。高校卒業後に渡米して9年、京都で4年、東京5年の研究生活の後に酪農学園大学の教員として北海道に上陸。専門は野生動物保護管理学。

◆ 落語:こみゅに亭楽時男さん(MARUさん)
1962年生まれ、札幌市出身。大阪芸術大学卒業。劇団関西芸術座付属研究所、大阪シナリオ学校を経て富良野塾入塾、第四期生。脚本家倉本聰氏に師事。以後、札幌で放送作家として活動しながら、STVラジオ「アタックヤング」パーソナリティを務める。日本放送作家協会会員。劇団32口径主宰。radioTxT FMドラマシティ局長。舞台「時間の隙間」は、NHKFMシアターにて全国放送される。湿地落語はNHKのニューズ番組でミニドキュメントとして放送され、北海道ローカルのみならず全国放送された。

★ 石狩川流域 湿地・水辺・海岸ネットワーク ★
ウェブサイト:http://ishikarigawa-net.com/
FBページ:https://www.facebook.com/simecchi/


カテゴリー
投稿者 E-HECO
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2018年 1月 10日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する