ホーム内のキャンペーン・展示情報内のTOP内の【お知らせ】 令和元年度 自然公園関係功労者環境大臣表彰について

アーカイブ | RSS |
期間:2019年09月30日 - 2019年10月31日   投稿日:2019年09月30日

【お知らせ】 令和元年度 自然公園関係功労者環境大臣表彰について

環境省では、自然公園の保護とその適正な利用に関し、顕著な功績があった者(または団体)を表彰し、これを讃えるために毎年度「自然公園関係功労者環境大臣表彰」を行っています。
令和元年度は27件が選ばれ、支笏洞爺国立公園指定70周年シンポジウムと併せて表彰が行われました。

北海道からは支笏洞爺国立公園、大雪山国立公園、阿寒摩周国立公園で活動された3名の方が表彰されました。おめでとうございます!

・三松 三朗 氏(支笏洞爺国立公園)
昭和49年より、永年にわたって所有する昭和新山の管理を行い、火山に生息する希少動植物の保護活動を実施するほか、来訪者や子どもたちを対象として、周辺地域も含めた地形地質と、それに育まれた自然解説を行うなど、普及啓発活動に尽力。

・内藤 美佐雄(大雪山国立公園)
昭和57年より、登山道のパトロールを通して道の補修や施設の維持管理を実施するとともに、近年では、携帯トイレ普及を行い、トイレブースの点検や美化活動を行うほか、遭難救助にも尽力。

・田村 勝夫(阿寒摩周国立公園)
昭和32年より、雌阿寒岳・オンネトー地区において、定期的なパトロール、登山道等の補修や清掃及び公園利用者に対する自然環境や利用ルールの解説・指導を行うほか、自然災害発生時の緊急対応や遭難救助にも尽力。

[問い合わせ先] 環境省自然環境局 国立公園課 国立公園利用推進室
TEL(代表):03-3581-3351
TEL(直通):03-5521-8271

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.env.go.jp/press/107202.html
キャンペーン・展示情報

このページの先頭へ