ホーム内の公募・助成金情報内の公募内の【パブリックコメント】 ラムサール条約の国別報告書(案)に対する意見の募集について(締切 12/7)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2017年11月24日 - 2017年12月07日   投稿日:2017年11月29日

【パブリックコメント】 ラムサール条約の国別報告書(案)に対する意見の募集について(締切 12/7)

環境省では、ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)締約国会議の勧告2.1に基づき、ラムサール条約第13回締約国会議(平成30年10月、アラブ首長国連邦・ドバイ)に提出する国別報告書の作成に当たり、広く国民の皆様からご意見を募集するため、パブリックコメントを行います。

[意見募集期間] 平成29年11月24日(金)〜平成29年12月7日(木)17:30必着
※郵送での提出の場合は同日消印有効

[国別報告書の概要] ラムサール条約国別報告書は、同条約の勧告2.1(国別報告書の提出)に基づき各締約国が作成し、条約事務局に提出することが求められています。第13回締約国会議に提出する国別報告書は、以下の5つのセクションにより構成されています。 (1)制度上の情報 条約の管理当局及び中央連絡先等の連絡先 (2)国内実施に係る進展及び課題の概要 (3)指標質問及び実施に関する追加情報 「2009-2015年戦略計画」(決議X.1付属書)に定められた各実施目標の進捗状況に係る指標質問及び追加情報 (4)国家目標に関する情報(回答任意の附属書類) (5)ラムサール条約登録湿地に関する追加情報(回答任意の附属情報)
[意見募集対象] ラムサール条約第13回締約国会議に提出する国別報告書(案)に記載する内容(ただし、セクション(1)については定型であるため、またセクション(4)については生物多様性国家戦略内の湿地に関する記載を国家目標としており日本から回答はしないため除外) ※ラムサール条約の国別報告書(案)↓ URL:http://www.env.go.jp/press/files/jp/107604.pdf
[意見提出方法] 所定の「意見提出用紙」の様式により、氏名(企業・団体の場合は、その名称)、連絡先(住所、電話番号必須)を必ず明記の上、郵送・FAX・電子メールのいずれかにて提出してください。 ○郵送(A4版)↓ 封筒に朱書きで「ラムサール条約国別報告書(案)に対する意見」と記載してください。 ○FAX(A4版)↓ 締切間際は、回線が混み合いますので、あらかじめ余裕をもってお送りください。回線がつながりにくい場合は、郵送あるいは電子メールにてお送り願います。 ○電子メール↓ 「意見提出用紙」の項目に従い、メール本文に記載して送信ください。(添付ファイルやURLへの直接リンクによるご意見は受理しませんのでご注意ください)
[問い合わせ先] 環境省自然環境局野生生物課(担当:愛原) TEL(代表):03-3581-3351(内線6475) TEL(直通):03-5521-8284 ☆詳しくはこちらをご覧ください↓ URL:http://www.env.go.jp/press/104815.html

 

  

このページの先頭へ