ホーム内の公募・助成金情報内の公募内の【募集】 行動インサイト・アイデアソン開催! 〜日本版ナッジ・ユニットBESTと行動経済学会のコラボレーション企画第2弾〜(締切 12/31)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2018年11月01日 - 2018年12月31日   投稿日:2018年11月08日

【募集】 行動インサイト・アイデアソン開催! 〜日本版ナッジ・ユニットBESTと行動経済学会のコラボレーション企画第2弾〜(締切 12/31)

ナッジ(英語nudge:そっと後押しする)をはじめとする行動科学の知見(行動インサイト)に基づく取組が政策として、また、民間に早期に社会実装され、自立的に普及することを目標に、環境省のイニシアチブの下、平成29年4月に日本版ナッジ・ユニット(BEST:Behavioral Sciences Team)が発足しました。BESTは、関係府省等や地方公共団体、産業界や有識者等から成る産学政官民連携のオールジャパンの取組です(事務局:環境省)。
このたびBESTと行動経済学会との連携企画として、行動インサイトのアイデアを募集します。幅広い分野の社会・行政の課題の解決に向けて、行動インサイトを活用した行動変容の促進に繋がるアイデアを募集します。とりわけ、イノベーションの創出に繋がる斬新かつ革新的なムーンショット型のアイデアを募集します。

[募集期間] 平成30年11月1日(木)〜12月31日(月)必着
※以降は四半期ごとの単位で受け付けます。(応募多数の場合は予告なく早期に終了することがあり得ます)

[募集対象] 以下の(1)〜(4)の全ての条件を満たすアイデアを対象とします。
(1)社会や行政の課題の解決に向けて何らかの行動変容を促すものであること
   (分野は環境・エネルギーに限らない)
(2)倫理的側面に配慮したものであること
(3)国内で実施されたことのないこと
   (海外の事例を国内向けにアレンジしたものは可)
(4)応募者自身の発案であること

[応募資格] 上記[募集対象]を満たすアイデアをお持ちで、ホームページに記載の「7.その他注意事項」に同意いただける個人・組織

[応募されたアイデアの取扱い] 応募されたアイデアは、その内容に応じて以下のような取扱いをすることがあります。
(1)日本版ナッジ・ユニット(BEST)内、行動経済学会または関係行政機関等に情報提供
(2)優れたものについては、応募者への聞き取りや技術的助言を通じて、行動経済学会の研究者
   等とともに実証研究等を実施(アイデアソン形式その1)
(3)優れたものについては、公表し、その実現に必要な実施体制やフィールド等を提供可能な事
   業者(コンソーシアム)を予算事業等により募集(アイデアソン形式その2)
※アイデアソンとは↓
アイデア(Idea)とマラソン(Marathon)を合わせた造語。特定のテーマについてアイデアを出し合い、イノベーションの種となるアイデアを共創するイベント。

[応募様式] メール本文打ち込み、または、Microsoft Office PowerPointファイルにより提出ください。様式は不問ですが、「解決しようとする社会や行政の課題」、「誰のどのような行動変容を目的としているか」、「どこで誰がどのようにアイデアを実践するか」、「アイデアの効果をどのように測定・評価すれば良いか」等(これらの全てが必須というわけではありません)がわかるように、平易な言葉で簡潔にわかりやすく記載ください。
※連絡の取れるよう、氏名、所属機関・部署・役職、電話番号、電子メールアドレスを記載ください。
※同一の応募者(個人・組織)が複数のアイデアについて応募(同時または別途応募)することも可能です。

[問い合わせ先] 環境省地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室
E-mail:chikyu-jigyo@env.go.jp
※電子メールの件名は「行動インサイトアイデアソン問合せ」としてください。
また、公平を期すため、回答は原則受付順にいたしますので、お待ちください。

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.env.go.jp/press/106106.html
  

このページの先頭へ