ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2021年 11月 20日(土) 次週 翌月
9時00分〜12時00分 【豊富】野鳥専門家と行く! オオワシ・オジロワシ観察ツアー
サロベツ・エコ・ネットワークでは、オオワシ・オジロワシの観察ツアーを開催いたします。
今年は当法人の野鳥専門家のガイドのもと、ワシをたくさん見ることができる
とっておきの場所に皆様をお連れし、じっくりと観察会を行いたいと思います!

翼を広げると優に2mを超える日本最大級のオオワシ・オジロワシ
ロシアから海を渡ってきたばかりのオオワシの勇猛な姿を是非ご覧あれ!!

本イベントは鳥の初心者さんから上級者さんまで、
どなたでも参加可能ですのでご興味のある方はぜひご参加下さいね。

[日時] 令和3年11月20日(土)9:00〜12:00(雨天決行)
[場所] 豊富温泉 湯の杜ぽっけ前集合 
[定員] 先着15名 
[参加費] 2,000円
[申込方法] 
1.チラシのQRコードを読み取り、Googleフォームからお申込み
2.お電話(TEL:0162-82-3950 受付時間 9:00〜17:00)でのお申込み
[申込締切] 令和3年11月18日(木)17:00まで
[お申込・問い合わせ]
認定NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク
TEL/FAX:0162-82-3950 Eメール:hasebe@sarobetsu.or.jp

※本イベントは、豊富町商工会「元気な湯治体験プロジェクト」事業の一環で、認定NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークが実施しています。
〈チラシダウンロードはこちらをクリック〉

☆詳しくはサロベツ・エコ・ネットワークHPのイベントページをご覧ください
 
13時00分〜15時00分 【標茶】 クリスマスリースを作ろう
松ぼっくりや木の実などの自然の素材を使ってリースを作ります。

[日時] 11月20日(土)13:00〜15:00

[場所] 塘路湖エコミュージアムセンター「あるこっと」(標茶町塘路原野)

[定員] 10名(要事前申込み)

[参加費] 500円(材料費)

[申込み先・問い合わせ先・主催] 塘路湖エコミュージアムセンター
TEL:015-487-3003
HP:https://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/tooroedo/
13時30分〜16時00分 【網走】 地域循環共生圏づくりに向けた「網走川流域 みらい意見交換会」
網走川流域で取り組まれてきた漁業者と農業者・酪農家の連携は、地域や立場を
超えた、自然環境の保全、人材育成も視野に入れた先進的な取り組みとして注目
されています。
各地でも取り組みが進み、上流域ではエコツーリズムや環境教育が、中流域では
高等学校と博物館によるプラスチック汚染防止に向けた活動が、また、下流域で
は産業と体験活動をつなぐ取り組みが展開されています。
このように環境、経済及び社会がつながる動きを、流域全体の持続可能性の向上
に、さらに生かしていくためにはどのようにすればよいのか、流域全体のビジョ
ンや協働・連携方策を探る意見交換会を開催します。

[日時] 令和3年11月20日(土)13:30〜16:00

[場所] オホーツク・文化交流センター「エコーセンター2000」大会議室
    (網走市北2条西3丁目)

[対象] 網走川流域住民や事業者、行政職員 等

[定員] 30名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[プログラム]
(1)開催趣旨説明「地域循環共生圏について」
(2)プレトーク
「いま取り組んでいること・これから取り組みたいこと」
・上野 真司さん(NPO法人森のこだま)
・岡本 幸年さん(津別町農業協同組合)
・軍司 昇さん(流氷硝子館)
・新谷 哲也さん(網走漁業協同組合)
・道山 マミさん(合同会社大地のりんご)
(3)参加者同士の意見交換「網走川流域の資源と課題/2030年の流域の姿」
(4)ふりかえり

[申込み方法] Webの申込みフォームをご利用いただくか、FAXまたはEメールで
「お名前」「ご所属」「ご連絡先(電話番号・メールアドレス)」をお知らせく
ださい。

[申込み先・問い合わせ先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(担
当:溝渕)
TEL:011-596-0921
FAX:011-596-0931
E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp

[主催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス

[協力] 網走川流域の会

[後援] 網走市

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://epohok.jp/event/14167
13時30分〜17時30分 【オンライン】 北海道高山植物保護ネット市民フォーラム「お花畑は、いま… 2021」
「北海道高山植物保護ネット」(代表:愛甲哲也 北海道大学准教授)は1998年
に北海道内の山岳団体や自然保護団体が集まって発足し、高山帯における盗掘問
題をはじめ、オーバーユース問題や外来種・エゾシカの増加、温暖化などにも取
り組むネットワークとして活動しています。

毎年開催しております市民フォーラムを、今年はウェブにて下記のとおり開催い
たします。国立公園への昇格と区域の拡大が予定されている日高山脈襟裳国定公
園について、小野有五さんと梅沢俊さんの講演を予定しています。

[日時] 11月20日(土)13:30〜17:30

[場所] オンライン(ZOOMミーティング使用)

[定員] 100名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[内容]
○挨拶:愛甲 哲也(委員長、北海道大学 准教授)
○講演
「日高山脈国立公園化の意義と課題」
 小野 有五(北海道大学 名誉教授)
「日高山脈の高山植物と魅力」
 梅沢 俊(植物写真家)
○若手研究者による研究事例の紹介
「北海道の高山帯におけるエゾイソツツジとヒメイソツツジの関係」
 塩谷 悠希(北大環境科学院)
「大雪山系におけるミヤマバイケイソウの一斉開花現象」
 伊藤 陽平(北大環境科学院)
○地域からの報告
 各地の加盟団体からの報告

[申込み方法] 視聴を希望される方は、事前にメール( chosakan@cho.co.jp
でお申込みください。

[申込み期限] 11月18日(木)

[問い合わせ先] 北海道高山植物保護ネット事務局:さっぽろ自然調査館内
(担当:渡辺、丹羽)
TEL:011-892-5306
FAX:011-892-5318
E-mail:hap-net@cho.co.jp

[主催] 北海道高山植物保護ネット事務局