【オンライン】日本環境学会 第48回研究発表会 公開シンポジウム「生物多様性保全の最前線-北海道の高山・湿原・都市近郊林での実践」

生物多様性保全は世界的な課題であると同時に、種の多様性・遺伝子の多様性はそれぞれの生物の生存する生態系の保全なくしては達成しえません。そして生態系は地域的な固有性を有しています。
本シンポジウムでは、グローバルな動向と北海道での3つの実践を学び、生物多様性保全を一緒に考えましょう。

[日時] 2022年7月2日(土)13:30~15:45

[場所] オンライン(Zoom)

[対象] どなたでもご参加いただけます

[定員] 300名(申込み先着順)

[参加費] 無料

[プログラム]
○シンポジウム前(13:00~13:30)に動画を上映予定
 (大雪山、サロベツ湿原、北海道博物館の映像)
○基調講演(13:35~14:05)
「生物多様性のすそ野を広げる:グローバルな動向とローカルな展開をつなげる」
 小堀 洋美さん(東京都市大学 特別教授)
○個別報告(14:05~15:05)
・「大雪山の現状-生態系の維持管理の課題」
 岡崎 哲三さん(一般社団法人大雪山・山守隊 代表)
・「サロベツ湿原における自然再生と住民参加」
 嶋崎 暁啓さん(ポラリス・ネイチャーガイズ&コンサルタンツ 代表)
・「野幌森林公園と博物館の役割」
 水島 未記さん(北海道博物館 学芸主幹)
○パネルディスカッション(15:05~15:45)
・司会進行:古林 英一さん(北海学園大学経済学部 教授)
・パネラー:小堀 洋美さん、岡崎 哲三さん、嶋崎 暁啓さん、水島 未記さん

[申込み方法] 6月29日(水)までに、Webの申込みフォームかEメールでお申込みください。
・E-mail:jaes2022@jaes.sakura.ne.jp

[問い合わせ先] 日本環境学会 第48回大会実行委員会 E-mail:jaes2022@jaes.sakura.ne.jp

[主催] 日本環境学会

[共催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス、(一社)大雪山・山守隊、(一社)北海道自然保護協会、北海道博物館(依頼中)、ポラリス・ネイチャーガイズ&コンサルタンツ

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://bit.ly/3ai0TSl

The event is finished.

日付

2022/07/02
期限切れ

時刻

1:30 PM - 3:45 PM
カテゴリー
PAGE TOP