【オンライン】ESD for 2030学び合いプロジェクト 気候変動教育連続勉強会 第8回「社会変容と気候コミュニケーション」

2050年脱炭素社会の実現に向けて各分野で必要とされる人材像を共有し、その育成・輩出に向けた体系の確立や推進戦略の構築に向けて、国内外の「気候変動教育」に関する動向や事例を学びます。

気候変動対策を進めるにあたり、教育や普及啓発の重要性は1992年時点で気候変動枠組条約にも明示されています。我が国でも「チームマイナス6%」にはじまる国民運動等、人々の行動変容を促すさまざまな広報活動が行われてきました。一方で、日本では世界各国に比べて気候変動対策への受容度が低いことも知られており、今後求められる構造変容に向けて、より効果的に社会に働きかける戦略を必要としています。
第8回では、そうした活動を展開する 国立環境研究所社会対話・協働推進オフィス から 江守正多さん を講師にお迎えし、気候コミュニケーションのあり方を考えます。
国・地方公共団体、NPOなど、地域・市民や事業者に参加・行動を働きかける立場の皆さまのご参加をお待ちしております。

※この勉強会は、環境省・文部科学省が中心となって進めている「ESD(持続可能な開発のための教育)推進ネットワークによる「ESD for 2030 学び合いプロジェクト」(https://esdcenter.jp/2022/07/2030manabiai/)の一環として実施します。

▶ 講師:江守 正多さん
(東京大学未来ビジョン研究センター 教授/国立環境研究所地球システム領域上級主席研究員)
1970年神奈川県生まれ。東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。
1997年より国立環境研究所に勤務。地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長等を経て、2021年より地球システム領域副領域長。連携推進部社会対話・協働推進室長を兼務。2021年より東京大学総合文化研究科広域科学専攻客員教授。2022年より地球システム領域上級主席研究員、東京大学未来ビジョン研究センター教授(クロスアポイントメント)。
専門は気候科学。気候変動に関する政府間パネル第5次、第6次評価報告書主執筆者。


[日時] 令和4年10月27日(木)14:00~15:15

[場所] オンライン(オンライン会議システム「Zoom」を使用) ※ZoomのURLは後日送付いたします。

[対象] 気候変動教育の実践者・関係者、関心をお持ちの方

[定員] 100名(申込み先着順)

[参加費] 無料

[申込み方法] Webの申込みフォーム(https://epohok.jp/event/15674)よりお申込みください。
※お申込み後、予約受付の返信がない場合は、お手数をおかけしますが、「問い合わせ先」のメールアドレスまでご連絡ください。

[問い合わせ先] 北海道地方ESD活動支援センター(担当:小路)
TEL:011-596-0921
E-mail:inf@hokkaido-esdcenter.jp

[主催] 北海道地方ESD活動支援センター(環境省北海道環境パートナーシップオフィス

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
https://epohok.jp/event/15674

  • 00

  • 00

    時間

  • 00

  • 00

日付

2022/10/27

時刻

2:00 PM - 3:15 PM
カテゴリー
PAGE TOP