ホーム内の公募・助成金情報内の公募内の【参加募集】〜広大な砂漠地域と満点の星空の下で学ぶスタディツアー〜 中国内モンゴル砂漠化防止プロジェクト見聞・体験(スタディ&サポート)研修(締切 7/10)

  • 絞込 複数選択可
  • 絞り込み解除


キーワード検索  
RSS |
募集期間:2018年06月13日 - 2018年07月10日   投稿日:2018年06月13日

【参加募集】〜広大な砂漠地域と満点の星空の下で学ぶスタディツアー〜 中国内モンゴル砂漠化防止プロジェクト見聞・体験(スタディ&サポート)研修(締切 7/10)

現在中国には、267.4万km2の砂漠化した土地が存在し、国土総面積の27.9%を占め、砂漠化の状況は局部的には好転が見られていますが、全体としては悪化スピードが年々早まっている。最近5年間で、これらの砂漠化した土地は日本の面積の19%にあたります。(荒地5万2000km2、砂漠1万7180km2)そして世界でも陸地の約1/3が沙漠化、もしくは沙漠化の危機にあるといわれています。中国の西北部にある阿拉善地域も例外ではなく、盟内に3つの沙漠(騰格里沙漠、巴丹吉林沙漠、烏蘭布和沙漠)を抱え、黄沙の源でもあります。
ここで2001年から植林をスタートし、2006年より防止研究拠点を作り、様々な活動や研究を行なっています。
今後21世紀の環境問題、人口、食料問題を解決する上でも重要な意味があります。
砂漠化問題は至急取り掛からなければ手遅れの問題であり、温暖化問題の一因でもあります。
この機会にぜひ広大な砂漠化防止の現場を訪れ、トングリ沙漠や満点の星空の下で海外(見聞・体験)研修に参加してみませんか。

[開催期間] 2018年8月30日(木)〜9月3日(月)
[開催場所] 中華人民共和国 内蒙古自治区 阿拉善(アラシャン)とトングリ砂漠の地域 [集合・解散] 銀川空港(中国)集合・解散 [内容] (1)吉蘭泰漢方薬栽培プロジェクト現場視察/塩湖見学 (2)漢方薬播種作業 (3)砂漠化防止プロジェクトセミナー (4)オアシスから沙漠横断/沙漠徒歩体験 他 [定員] 30名(最少催行人員:20名) ※定員になり次第締切 [参加費] お一人69,000円(現地の集合から解散までの交通費・宿泊費・食費等) ※参加者(個人やグループ)が個人旅行(航空券等)と海外旅行保険を手配して参加。 [申込み方法] Eメール・FAX・郵送のいずれかで連絡をいただいた後に、参加募集案内と申込書を送付いたします。(連絡先をお知らせください) [申込み先] 公益財団法人オイスカ北海道支部 〒062-0931 札幌市豊平区平岸1条1丁目8-8 FAX:011-867-9685 E-mail:oisca-h@lake.ocn.ne.jp [申込み受付期間] 2018年5月25日(金)〜7月10日(火) [問い合わせ先] 公益財団法人オイスカ北海道支部(担当:安達) TEL:011-867-9684(不在が多いためFAX、Eメールを利用願います) FAX:011-867-9685 E-mail:oisca-h@lake.ocn.ne.jp [主催] ・研修企画:公益財団法人オイスカ北海道支部 ・研修実施:オイスカ阿拉善(アラシャン)沙漠生態研究研修センター ☆詳しくはこちらをご覧ください↓ URL:http://www.oisca.org/news/?p=10815
  

このページの先頭へ