ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2016年 12月 4日(日) 次週 翌月
9時00分〜12時00分 【札幌】 西岡水源池定例探鳥会
☆野鳥情報:キクイタダキ、アカゲラ、ツグミなど

[日時] 12月4日(日)9:00〜12:00

[場所] 西岡水源池(札幌市豊平区)

[集合] 西岡公園管理事務所前 9:00集合

[交通] 地下鉄「澄川駅」から中央バス「西岡環状線」乗車、「西岡水源池」下車

[参加費] 会員無料、一般300円

[申込み] 不要、当日直接お越しください

[問い合せ先・主催] 日本野鳥の会札幌支部 http://sapporo-wbsj.org/
TEL:011-613-7973(月・水・金(祝日の場合は休み)の10:00〜17:00)
9時00分〜13時30分 【江別】 野幌森林公園探鳥会
カラ類やキツツキ類などを観察します。ツグミやマヒワなどの冬鳥も見られます。

[日時] 12月4日(日)9:00〜13:30 ※よほどの悪天候でない限り実施

[場所] 野幌森林公園

[集合] 野幌森林公園 大沢口 9:00集合

[交通機関]
○夕鉄バス:新札幌駅発「文京台南町行き」乗車、「大沢公園入口」下車、徒歩5分
○JRバス:新札幌駅発「文京台循環線」乗車、「文京台南町」下車、徒歩5分

[参加費] 無料

[持ち物] 観察用具、筆記用具、雨具、防寒衣、昼食等

[申込み] 不要、当日直接お越しください

[問い合わせ先] 北海道野鳥愛護会 副会長 栗林宏三 TEL:011-781-4919

[主催] 北海道野鳥愛護会
10時00分〜12時00分 【鶴居】 初冬の湿原ハイク
湿原の植物はどうやって寒い冬を乗り越えるのでしょうか?
様々な植物の越冬作戦を観察します。

[日時] 12月4日(日)10:00〜12:00

[場所] 温根内ビジターセンター(鶴居村温根内)

[定員] 10名 ※要事前申込み

[参加費] 無料

[申込み方法] 電話にてお申込みください

[申込み先・問い合わせ先・主催] 温根内ビジターセンター
TEL:0154-65-2323
12時00分〜15時05分 【札幌】第19回高校生環境学習ポスターセッション
高校生の環境に関わる活動、地域や身近にある環境問題についての実践、個人・グループが調査研究や観察・考察したことをポスターにまとめた作品の表彰と優秀作品の制作生徒によるポスター発表を行います。          

1 期日 平成28年12月4日(日)
2 場所 札幌科学技術専門学校(札幌市中央区大通西17丁目1-22)
3 主催 環境学習フォーラム北海道
  後援 北海道教育委員会・札幌市教育委員会・北海道高等学校長協会
    ・北海道環境財団                  
協賛:札幌科学技術専門学校
4 次第
 12:00〜12:05 環境学習フォーラム北海道代表 挨拶
 12:05〜13:20 高校生環境学習ポスターセッション審査結果発表・表彰
 13:20〜13:50 優秀賞作品ポスター発表
 (1)「牧場の糞を巡る生物たちの関係」北海道稚内高等学校科学部 佐藤愛記
 (2)「自然界における薬剤耐性菌をさがせ !! 〜トンボの糞から探る自然界にお
      ける薬剤耐性菌の現状〜」北海道札幌旭丘高等学校 山口裕々
 (3)「国内外来種トノサマガエルが在来種アマガエルに与える影響とトノサマガエ
      ルの駆除に関する研究」北海道北広島高等学校生物部 遠藤夢羽人
 13:50〜14:05 審査委員長講評
     北海道立教育研究所附属理科教育センター研究研修主事 米根洋一郎 氏
  <休憩>
 14:15〜15:00 意見交流         
 15:00〜15:05 閉会の挨拶

環境学習フォーラム北海道 横山武彦
      住所:〒069-0854 江別市大麻中町21番地1
      電話&FAX.:011-387-4960
      E-mail:y-hiko@rapid,ocn.ne.jp

13時00分〜15時00分 【札幌】 サケ・タッチ・プール
川に帰って来た大きなサケにさわります。

[日時] 12月4日(日)13:00〜15:00

[場所] さけ科学館

[対象] 小学3年以下の方は保護者同伴

[参加費] 無料

[申込み] 不要、当日直接お越しください

[問い合わせ先・主催] 札幌市豊平川さけ科学館
〒005-0017 札幌市南区真駒内公園2-1
TEL:011-582-7555
URL:http://www.sapporo-park.or.jp/sake
13時00分〜16時00分 【札幌】 フォーラム「野幌森林公園の今」〜10年間の動植物調査でわかったこと〜
石狩平野に広がる約2000ヘクタールの丘陵森林「野幌森林公園」(江別市ほか)は、世界的にも例のない大規模な都市近郊林として、年間30万人以上の市民に利用されています。
平成16年9月、台風によりこの森林が大きな被害を受けました。
林野庁北海道森林管理局では、当センターが中心となって市民との協働により被害地を自然林に再生させる「野幌森林再生プロジェクト」(略称:野幌プロジェクト)を実施しています。
野幌プロジェクトの一つとして、台風被害地の回復状況を把握するため、「森林植生」、「菌類」、「歩行性甲虫」の3視点から回復度の検証や「野生動物」の森林への影響についてモニタリング調査を実施してきました。
今回、10年間の成果を学識者とともに情報発信いたします。

開催概要
[日時] 平成28年12月4日(日曜日)13時00分〜16時00分
[会場] 北海道博物館 講堂 (札幌市厚別区厚別町小野幌53−2)
[主催] 林野庁北海道森林管理局石狩地域森林ふれあい推進センター
     北海道博物館
[内容]
 (1)野幌自然環境モニタリングの報告
 (2) パネルディスカッション
 (3) その他
[申込先] 北海道博物館
 電話 011-898-0500 (受付時間 9時30分〜17時00分)
 事前の申し込みが必要です。11月5日(土曜日)からお電話で受付します。
 先着100名(参加無料)
 http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/post/event/symposium/detail5496/
−参考−
「野幌森林公園の今〜10年間の動植物調査でわかったこと〜」のチラシはこちら(PDF:1,338KB)
 http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/isikarihure/pdf/foramu_tirasi.pdf 
[お問い合わせ先] 北海道森林管理局 石狩地域森林ふれあい推進センター
 担当者 藤生、牧野 代表:011−533−6741

引用 http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/isikarihure/161028.html
13時00分〜16時00分 【富良野】 富良野で国立公園を考える〜世界に通用するナショナルパーク・大雪山の隠れた魅力「原始ヶ原」の保全と利用について
富良野岳・原始ヶ原における取組及び、国立公園としての魅力について富良野市の観光関係者、地元市民及び登山関係者に広く周知することで、山と市民の生活との接点をより身近に感じてもらい、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。」ことを考え、地元の宝として認識してもらうことを目的としたシンポジウムを開催します。 なお、本行事は平成28年から8月11日が新たに「山の日」として国民の祝日に加わったことを記念して、富良野市において開催することとなりましたので、お知らせします。

1.行事名称
山の日施行記念シンポジウム 富良野で国立公園を考える
〜世界に通用するナショナルパーク・大雪山の隠れた魅力
「原始ヶ原」の保全と利用について〜

2.主催
北海道地方環境事務所、富良野市、大雪山国立公園連絡協議会

3.日時及び場所 
日時:平成28年12月4日(日)13:00〜16:00
場所:富良野文化会館 大会議室       

4.内容
○記念シンポジウム ※展示ブース出展あり
特別講演:「地域活性を考えるアウトドアスポーツ7つのミッション」
 株式会社モンベル代表取締役会長兼CEO 辰野 勇 氏
報告:「原始ヶ原の利用と保全の状況と今昔」
 北海道山岳整備 岡崎 哲三 氏
 富良野市商工観光課 藤野 翔太 氏
パネルディスカッション:
 「ナショナルパークとしての富良野岳の利用と保全の在り方とは」
コーディネーター:
 北海道大学・大学院地球環境科学研究院教授 渡辺 悌二氏       
パネリスト:
 株式会社モンベル代表取締役会長兼CEO 辰野 勇 氏
 富良野山岳会理事長 山名 賢一 氏
 上川南部森林管理署長 山崎 敬嗣 氏
 富良野市商工観光課 藤野 翔太 氏
 東川自然保護官事務所自然保護官 石田 美慧

5.参加費
無料

6.お問い合わせ先
イベント運営事務局
(有)アグリテック
月曜〜金曜 9:00〜18:00
TEL:0166-82-0800 FAX:0166-82-3040
メール:yoyaku@agtec.co.jp

7.担当
環境省 北海道地方環境事務所国立公園課
公園計画専門官 七目木しちめき 修一
自然保護官   池田 千紘
月曜〜金曜 9:00〜17:00 TEL:011-299-1953

添付資料
山の日施行記念シンポジウム[PDF 445.5 KB]
http://hokkaido.env.go.jp/furano.pdf

■ 問い合わせ先
環境省 北海道地方環境事務所
富良野市
大雪山国立公園連絡協議会

引用 http://hokkaido.env.go.jp/pre_2016/post_51.html
13時30分〜15時00分 【ニセコ】 親子de省エネ・節電お料理教室
経済産業省北海道経済産業局と環境モデル都市に選定されているニセコ町は、ご家庭の皆様が寒い冬にあたたかく、楽しく省エネ・節電に取り組んでいただくことを目的に、「親子de省エネ・節電お料理教室」を開催します。
 当日は、地元ニセコ町産の食材を用い、光熱費の節約効果が高く、身体の内側から温まる“時短・節電”料理を、親子で実際に調理していただきながら、キッチンで楽しく省エネ・節電を行うノウハウをご紹介します。

開催概要

【日時】
平成28年12月4日(日)13:30〜15:00
【場所】
ニセコ中央倉庫群 旧でんぷん工場(北海道虻田郡ニセコ町中央通60-2)
【対象】
ニセコ町周辺の親子(料理に参加できる幼児・小学生とその保護者)
【定員】
32名程度(親子16組)(参加費無料)
【主催】
経済産業省北海道経済産業局、ニセコ町
内容

【講師】
長谷部 直美 氏(野菜ソムリエ・料理研究家)
 「簡単じゃなきゃはじめられない!楽しくなきゃ続かない」をモットーに「ぴくるす先生」「干し野菜の達人」としてテレビ・雑誌・イベントやセミナー等を通じて、すぐに始められる野菜の簡単保存食」を普及中。
【料理内容】
「干し白菜ロールの豆乳煮」「変わりお好み焼き」「ホッとジンジャーミルクティー」
参考:経済産業省北海道経済産業局発行「スマートクッキングレシピ」
※食材の一部(白菜、にんじん、ミルク、九条ねぎ)は、ニセコ町産を使用予定。
そのうち、九条ねぎはニセコ高校の学生が地中熱を活用して栽培したもの。

【申込方法】
 氏名、年齢、性別、住所、ご連絡先(電話番号、E-mailアドレス)、食物アレルギーの有無とその食物を記入の上、以下の申込先あてE-mail又はFAXにてお申込みください。
応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
ご提供いただいた個人情報は、本料理教室以外の目的では使用しません。

【申込締切】平成28年11月25日(金)
【申込・問い合わせ先】 (株)ノヴェロ(事業委託先)
TEL:011-281-6631
FAX:011-221-2073
E-mail:forum@novello.co.jp

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokpk/20161111/index.htm