ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2016年 3月 19日(土) 次週 翌月
13時00分〜15時30分 【函館】木のカトラリー作り〜コーヒーメジャースプーン〜
木にふれ、木に学び、木と生きる
ひしゃく型にいっぱい彫ります!

函館市の函館蔦屋書店で、木育マイスターの戸巻さん、鈴木さんによる「木のカトラリー
作り〜コーヒーメジャースプーン〜」が開催されます。

道産の木材から、彫刻刀とカービングナイフを用いて、ひしゃく型に削りだします。
今回はカトラリー作り第5弾として「コーヒーメジャースプーン」に挑戦です。
コーヒーの計量だけでなく、さまざまなお料理にも可愛く使えます♪

●日 時 2016年3月19日(土) 13:00〜15:30
●場 所 函館 蔦屋書店(函館市石川町85-1)クラフト丸テーブル
●参加費 800円
●定 員 8名(中学生以上)
●講師/先生 木育マイスター戸巻、鈴木
●その他
 ・汚れても良い服装で来て下さい。
 ・彫刻刀をお持ちの方はご持参下さい。
 ・各自で作ったものはお持ち帰り下さい。
●主 催 木育マイスター道南支部
●申込方法 要予約(問い合わせ先に事前連絡)
●問い合わせ先 戸巻まで 090-2690-6600 もしくは info@kodomo-donguri.com
13時30分〜16時00分 【札幌】 指定外来種って何!? −何がどうなる?北海道の外来種対策−
道の生物多様性保全条例に基づく指定外来種について講演会とパネルディスカッ
ションを行います。
積極的な参加を期待しております。

[日時] 3月19日(土)13:30〜16:00
[場所] 北海道庁赤れんが庁舎 2階 2号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)
[内容]
(1)主催者挨拶
(2)講演
ア)テーマ:「北海道の外来種対策と指定外来種について」
  北海道環境生活部環境局生物多様性保全課 石野 順一
イ)テーマ:「アズマヒキガエル、トノサマガエル、トウキョウダルマガエルの
  影響と普及啓発について」
  酪農学園大学 更科 美帆
ウ)テーマ:「アメリカザリガニの現状と普及啓発について」
  札幌市豊平川さけ科学館 前田 有里
(3)パネルディスカッション
  テーマ「どうする北海道の外来種対策」
  コーディネーター:酪農学園大学 吉田 剛司
[参加費] 無料
[定員] 事前参加登録・先着100名
[事前登録方法] お名前・ご所属をご記入のうえ、EメールかFAXにてご連絡くだ
さい。 ※当日参加登録可
[事前登録先・問い合せ先] 酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室(担当:
更科)
FAX:011-388-4710
E-mail:rgu.wlmlsy@gmail.com
[主催] 北海道、酪農学園大学
[後援] 公益財団法人札幌市公園緑化協会
13時30分〜16時30分 ◆ESD◆【栗山】平成27年度ESD学び合いフォーラム in 栗山 〜自然と人が支え合う地域づくりをめざして〜
森林公園や里山など身近な自然環境を未来に引き継いでいくためには、普段の保全や管理が欠かせません。しかし、こうした保全や管理の担い手が十分な数ではない、世代交代が難しいなどの課題を抱える地域も多いのではないでしょうか。
このフォーラムは、自然豊かな栗山町を舞台に、地域内外の人たちが自然環境の保全・管理の担い手になっていく、自然と人が共存する地域づくりに向けた人材育成について、参加者の皆さんと考える場です。
なお、午前中には、栗山町のことをより知っていただき、意見交換の糧としていただくために、町内のハサンベツ里山でスノーシュー体験を行います。現地の方のお話を聞きつつ、自然を体感し、自然と人のつき合い方を考えてみませんか。

【ESD学び合いフォーラム】
[日時]平成28年3月19日(土)13:30〜16:30(13:00開場)
※ハサンベツ里山スノーシュー体験:11:00〜12:30(詳細は後述)
[会場]雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス(夕張郡栗山町字雨煙別1-1)
[対象]NPO/NGO、環境教育関係者、教育関係者、学生
[参加費]無料(定員40名)
[内容]
(1)主催者挨拶
(2)情報提供
・「人があつまるプラットフォームづくり」
吉元 美穂氏(NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 事務局長)
・「ブナの里から発信!人と自然がつながる取り組み」
本間 崇文氏(ブナ北限の里ツーリズム 主任コーディネーター)
(3)パネルディスカッション
テーマ:自然と人が支え合う地域づくりをめざして
・吉元 美穂氏(NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 事務局長)
・本間 崇文氏(ブナ北限の里ツーリズム 主任コーディネーター)
・高橋 慎氏(NPO法人雨煙別学校 理事)
進行:大崎 美佳(環境省北海道環境パートナーシップオフィス)

[公共交通機関によるアクセス]以下の便が便利です。
「JR北海道」岩見沢駅12:52発―栗山駅13:15着(苫小牧行普通列車)
「高速くりやま号」札幌駅前ターミナル11:10発―栗山駅12:25着
なお、JR栗山駅から会場までの無料送迎バスをご用意しています。
13:15にJR栗山駅東口を出発いたしますので、ご利用ください。

【ハサンベツ里山スノーシュー体験】
[日時]平成28年3月19日(土)11:00〜12:30
[集合時間・場所](1)10:35 雨煙別小学校 / (2)10:45 JR栗山駅
※バスで移動し、体験終了後、雨煙別小学校まで戻ります
[対象]フォーラム参加者
[参加費]無料(定員40名)
[ご用意いただくもの]防寒着、カッパ、飲み物、昼食
※昼食は現地で、北海道三富屋のビーフコロッケが入った「くりやまコロッケバーガー」(北海道三富屋のメンチカツが入った「くりやまバーガー」と「コーンスープ」のセットに変更となりました)をご購入可能です(税込702円・体験お申込時にあわせてご予約ください)
※当日の天候により、変更が生じる場合がございますので予めご了承ください。変更の際は当日の朝、参加者の皆さまへご連絡いたします。

[申込・お問い合わせ先]
環境省北海道環境パートナーシップオフィス 担当:大崎
TEL: 011-596-0921 FAX:011-596-0931 Email:epoh-webadmin@epohok.jp
E-mail/FAXの方は、お名前(フリガナ)、ご所属、電話番号等、
お申込書を下記URLよりダウンロードの上、お知らせください。
http://epohok.jp/news/index.php?page=article&storyid=395

[申込締切] 平成28年3月17日(木)
[主催] 栗山町教育委員会、
環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
[協賛] 北海道コカ・コーラボトリング株式会社

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
http://epohok.jp/news/index.php?page=article&storyid=395
14時00分〜17時30分 【札幌】ねおすKAISAN フォーラム−個性ある組織の相互補完の協働システム化を目指して−
ねおすKAISAN フォーラム
−個性ある組織の相互補完の協働システム化を目指して−

「これまで」のねおすの歩みを振り返り、「これから」の
地域NPO同士協働、市民参加型社会事業を考えるフォーラムを
3月19日(土)かでる2・7で開催します。

<開催概要>
■日 時:2016年3月19日(土)14:00〜17:30
■会 場:かでる2・7道立道民活動センター 520会議室
      (住所:札幌市中央区北2条西7丁目)
■内 容
01 講演 ねおすの歩み「共同・協働事業の展開へ」
   高木晴光(NPO法人ねおす理事長)
02 リレートーク
03 講演「市民共同・協働のカタチ」
   大室悦賀(京都産業大学経営学部教授)

■定 員:100名
■参加費:無料
※懇親会18:30〜 北海道食市場 丸海屋 離
(北2条西2丁目 STV北2条ビル地下1階)
 お一人3,500円となっております。

■申 込:FAX or メールにて 下記をご連絡ください。
 1.氏名 2.所属 3.住所 4.電話番号
 5.メールアドレス 6.懇親会の参加・不参加

 NPO法人ねおす http://www.neos.gr.jp/
  FAX. 011-615-3914
  Email: npo★neos.gr.jp
  ※★を@に変えてお送りください。迷惑メール対策にご協力ください。