ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 6月 19日(月) 次週 翌月
9時30分〜18時00分 【東川】 平成29年度「スタッフ向け環境NGO・NPO能力強化研修」〜顧客管理システムの導入に向けた連続セミナー <集合研修1・2日目>
本研修では、環境NGO・NPOのスタッフで「情報を整理しデータベースを活用しながら組織運営をしたいが、どうしていいかわからない」という方に向け、組織の内部にある関係者の情報を整理し、「共有」「加工」「再利用」できる体制を構築するための研修会を開催するとともに、各団体における効率的な事務局運営への改善化を図るために、最新のデータベースを自団体に合った形に合わせて導入し、運用していきます。

5月に開催したオープンセミナー後に本格的に顧客管理システムを導入したい団体を対象とした2日間×2回合計4日間の連続セミナーです。

データベースを活用した事務局運営や支援者獲得に向けた体制の課題を抱えている団体のご担当者からの応募をお待ちしています。

☆プログラムスケジュール・講師等の詳細はこちらをご覧ください↓
URL:https://www.ezorock.org/project_c/14357

※前回のオープンセミナーに参加できなかった方も、動画を視聴いただくと集合研修に参加することができます。

[日時] 6月19日(月)9:30〜18:00、20日(火)9:30〜16:00

[場所] 東川町・森林体験研修センター(東川町西4号北46番地 キトウシ森林公園内)

[定員] 10名

[内容] データベース導入に向けた準備とデータの蓄積を準備します。事例と団体の現状の棚卸しを実施し、データベースをどのように活用していくのかを整理し、実際にパソコンで設定していきます。

[参加対象] 環境保全活動等を実施するNPO・NGOの中核人材(事務局長等)、特にデータベースを活用した事務局運営や支援者獲得に向けた体制の課題を抱えている対象者担当者

[参加費] 1人当たり1,000円
※同一団体から2名以上参加の場合、参加費を1人当たり500円とします。

[申込み方法] 申込みフォーム( http://www.ezorock.org/vm_form2017 )にてお申込みください。

[申込み締切] 6月の集合研修からご参加いただく方は、オープンセミナー(札幌::月13日、東川:5月14日)を動画視聴いただき、6月15日(木)24:00までにお申込みください。

[問い合わせ先] NPO法人ezorock(担当:高橋優介)
〒064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目1-7
TEL:011-562-0081
E-mail:info@ezorock.org

[主催] 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部

[運営] NPO法人ezorock

[運営協力] 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク、NPO法人大雪山自然学校

[協力] 認定NPO法人日本ファンドレイジング協会

18時30分〜20時30分 【札幌】 講演会「大雪山への恩返し」〜自分たちの歩く登山道は自分たちで守る山守隊〜
大雪山の登山道は関係行政機関と山岳会など民間協力の下で長年補修作業が行われてきていますが、現状の体制では登山道の維持管理には限界があります。
現状の登山道の維持管理の実態を紹介し、今後、登山者自身が関われる登山道補修作業や管理体制について参加者間での意見交換も行います。

[日時] 6月19日(月)18:30〜20:30

[場所] 札幌エルプラザ 2階 環境研修室1・2(札幌市北区北8条西3丁目)

[内容]
(1)挨拶:講演会に当たっての背景などの紹介
渡辺悌二 氏(北海道大学大学院地球環境科学研究院 教授)
(2)大雪山の登山道の現状と課題
講演者:岡崎哲三 氏(合同会社北海道山岳整備 代表、大雪山・山守隊 会員)
(3)登山者が出来る登山道補修とは
講演者:佐久間弘 氏(山楽舎BEAR 代表、大雪山・山守隊 会員)
(4)参加者による意見交換
司会:愛甲哲也 氏(北海道大学大学院農学研究院 准教授、山岳レク管理研究会)

[定員] 70名(要事前申込み)

[参加費] 資料代500円

[申込み方法] 氏名・住所・所属(山岳会などあれば)・電話番号をEメールでお知らせください。

[申込期間] 6月12日(月)まで

[申込み先・問い合わせ先] 山岳レク研事務局 山口和男 E-mail:RXL04715@nifty.ne.jp

[主催] 山岳レクリエーション管理研究会、大雪山・山守隊