ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 8月 31日(土) 次週 翌月
〜16時30分 【阿寒湖】 22年ぶり!阿寒湖のマリモの数を調査します〜ボランティア大募集!!!
【阿寒湖】 22年ぶり!阿寒湖のマリモの数を調査します〜ボランティア大募集!!!

★☆ ボランティア調査員募集! ☆★
直径が20cmを超えるマリモは約2万個!
でも、この数字は今から22年前に調べられたもの。
阿寒湖のマリモは生育環境の変化等により減少傾向にあります。
世界でたった1つ残されたマリモの楽園を未来に残すための大切な調査です。
人手不足のため、皆様のご協力をお願いします。

★☆ 調査でお願いしたいこと ☆★
(1)湖から採取したマリモの汚れを落とします
(2)ノギスを使ってマリモの大きさを調べます
(3)はかりを使ってマリモの重さを調べます

★☆ ご参加いただいた方全員にプレゼント! ☆★
(1)ニュー阿寒ホテルさんの日帰り入浴券(当日限り)
(2)北海まりも製菓さんのお菓子
(3)500mlペットボトル飲料1本

[日時] 8月25日(日)〜31日(土)
※各日とも8:50〜16:30(雨天決行(仮設テントを用意))
※昼食をご用意します!
※1日だけの参加も歓迎!

[場所] 阿寒湖チュウルイ湾

[集合] 阿寒湖畔エコミュージアムセンター(釧路市阿寒町阿寒湖温泉1-1-1)
※駐車場:第一駐車場(セブンイレブン阿寒湖温泉店向かい(事前申込みで無料))

[定員] 各日20名程度

[対象] 中学生以上

[持ち物] 飲み物、長靴、帽子、手ぬぐい、雨具

[申込み受付期間] 7月1日(月)〜7月31日(水)※予定

[申込み方法]
1.Webフォームからのお申込み
以下のURL(google フォーム)からお申込みください↓
URL:https://forms.gle/RCJqnYPkV99fzWZP7
2.電話・FAX・Eメール・メッセンジャーからのお申込み
以下(1)〜(9)の項目についてお知らせください。
※記載が不足している場合は参加をお受けできないことがございます。ご了承ください。
(1)参加者氏名
(2)電話番号、またはメールアドレス
(3)お住まいの都道府県(例:北海道)
(4)性別
(5)年齢(例:20代)
(6)参加希望日(1日だけ、あるいは複数日でも可)
(7)調査の様子等を写した写真・動画の公開の可否
(8)第1駐車場をご利用の方は車両ナンバー(例:釧路○○あ○○○○)※任意
(9)ご質問事項等 ※任意

[申込み先・問い合わせ先] 釧路市教育委員会 マリモ研究室(阿寒湖のマリモ保全推進委員会事務局)
TEL/FAX:0154-67-4660
E-mail:marimo.res.lab@gmail.com ※@を半角に換えて送信ください。

[主催] 釧路市教育委員会

[共催] 阿寒湖のマリモ保全推進委員会

[協賛] 北海道e-水プロジェクト、ニュー阿寒ホテル、お食事処味心、阿寒ハイヤー、北海まりも製菓

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://www.city.kushiro.lg.jp/event/event1500013.html

12時00分〜13時30分 【函館】中国・柳州のことを学びながら国際交流
中国のことを学んでみませんか?
HIFインターンシップ生のカシュン リョウさん(中国出身・立教大学在籍中)が自分の故郷柳州の発展を教えてくれます!
中国は1978年に改革開放をしてから、経済発展の波の中で竹の子のように発展してきた都市の状況を紹介します。
地理、経済、産業、文化など、多分野から楽しめると思います。
中国の経済発展に興味がある方々は、是非参加してみてください!
参加者全員でお昼ご飯を食べながら、交流を楽しみましょう♪
留学生は日本語で発表しますので、中国語がわからなくても大丈夫です。
お1人の参加もOKですし、お友達やご家族と一緒でも大丈夫です☆彡
ただし、15名限定なので、お早めにお申込ください。

【日時】2019年8月31日(土)12:00〜13:30
【場所】北海道国際交流センター 1階大会議室(函館市元町14-1 (駐車場あり))
【参加費】無料 (お昼ご飯、飲み物付き!)
【定員】15名(※先着順/食事の準備があるため、2日前までにお申込ください)

【お申込・お問合せ】
北海道国際交流センター(担当:島香)
TEL: 0138-22-0770 / メール: event@hif.or.jp

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.hif.or.jp/2019/08/post-954.html