ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 12月 6日(日) 次週 翌月
【オンライン】 遊んで、笑って、世界を変える「清里ミーティング2020@オンライン」
〜今年はオンライン!環境ミーティングの可能性を拡げる1週間!〜
今年の清里ミーティングは、オンラインならではの企画目白押し!
日本中の自然学校や環境教育施設をつないで、はたまた世界各地のゲストを招い
て、お互いの活動やフィールドを紹介し合うワークショップが毎日開催。
遠方の方でも、お子さんがいても、職場、あるいはご自宅から学び合いに参加す
ることができます。
不安の多い時代だからこそ「遊び心」を大切に、新しいステージへと進んでいき
ましょう。

[日時] 12月6日(日)〜12日(土)
※時間は各日異なります。ホームページにてご確認ください↓
URL:https://www.jeef.or.jp/activities/kiyosato/

[場所] オンライン開催(Zoom)

[定員]
〇フル参加:300名(申込み先着順)
〇全体会のみ参加:なし ※12月6日(日)と12日(土)の全体会の視聴のみの参加

[参加費] 
〇フル参加:一般 5,000円、JEEF会員・学生 2,000円
〇全体会のみ参加:2,000円

[内容]
〇全体会↓
多様な分野のゲストをお呼びして最新事情や事例のお話を聞いたり、参加者同士
が1つのテーマでディスカッションを行ったり、参加者全員が集まる時間です。
今回は、オンラインによるゲストと参加者の双方向ディスカッション形式で行い
ます。
※詳細⇒ https://jeef.or.jp/activities/kiyosato/mailtalk/
〇参加者企画ワークショップ↓
参加者の皆様が“主役”となる実施枠をご用意。
清里ミーティングはどんなことについて話し合い、共有し合うのか、参加者主体
でつくり上げていくという性格を持っています。これまでのスタイルを今年も引
き継ぎ、主催側で企画したプログラムのほかに、参加者の皆様の中から、プログ
ラムを企画・実施してくださる方を募ります。
※詳細⇒ https://jeef.or.jp/activities/kiyosato/workshop/
〇10分プレゼンテーション↓
ご自身の活動を紹介して仲間を募ったり、悩みを共有してほかの参加者からアド
バイスをもらったり、短いプレゼンを通して他の参加者とつながるきっかけをつ
くる通称「10分プレゼン」。オンラインなので、紹介したコンテンツへの寄付受
付など、即時のリアクションを引き出しやすいのも魅力です。
※詳細⇒ https://jeef.or.jp/activities/kiyosato/10minuts_pr/
〇その他のプログラム↓
フル参加者の方には、ワークショップ以外にも素敵な企画をご用意しています。
学ぶ、感じる、共有する、ふりかえる、つながる、計画する−ご自身に合った方
法で、今後のエネルギーとなるようなヒトやコトと出会ってください。
※詳細⇒ https://jeef.or.jp/activities/kiyosato/another/

[申込み方法] Web( https://kiyosato-meeting2020.peatix.com/ )からお申
込みください。

[申込み締切]
〇フル参加:12月2日(水)※申込み先着順
〇全体会のみ参加:12月4日(金)

[問い合わせ先] 公益社団法人日本環境教育フォーラム(担当:加藤、鴨川、垂水)
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
TEL:03-5834-2897
FAX:03-5834-2898
E-mail:kiyosato@jeef.or.jp (@を半角に換えて送信ください)
※営業時間:9:30〜17:30(平日のみ土日祝を除く)

[主催] 公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF:ジーフ)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://www.jeef.or.jp/activities/kiyosato/

10時00分〜12時00分 【札幌】 さっぽろ定例フットパス(ショートステージ):南郷・福住周辺
自然や歴史、景色を楽しみながら歩くイベントです。
意外と知らない札幌のいいところを歩いて再発見!
フットパスは野外活動のため3密にはなりませんが、「密集」を避けるため定員を少なくして実施します。

[日時] 12月6日(日)10:00〜12:00

[場所] 南郷・福住周辺(約7.0km)

[集合] ラソラ札幌店 1F 南郷通側

[内容] 「ショートステージ」は参加費ワンコイン。午前中の2時間。歩く速さもゆっくりです。毎回6〜8km程度。初めての方でも簡単に歩けます。
〇新型コロナウィルス感染拡大防止のためマスク着用でお願いします。またウォーク中もなるべく距離を空けて歩くようお願いいたします。定員を通常の半分にして行いますので、必ずお申込みをお忘れなくお願いします。
〇ガイドウォークや観察会とは異なり「歩く」ことが主体となります。
〇午前中で終了。昼食不要。
〇距離や解散時間・場所は予定ですので、多少前後・変更になる場合がございます。
 変更の際は申込み者にお知らせします。
〇小雨決行。台風や大地震、大雪など常識的に困難な場合以外は催行します。
〇当日のご連絡は090-3773-2038、または090-8271-6460まで。当日のキャンセルやお休みの連絡は不要です。

[定員] 20名(申込み先着順)

[参加費] 500円 ※参加費は当日受け付けます。(要事前申込み)

[申込み方法] 電話・FAX・Eメール・郵便のいずれかでお申込みください。

[申込み期間] 開催前日の15:00まで。

[申込み先・問い合わせ先] エコ・ネットワーク
〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目7-4 エルムビル8階
TEL:011-737-7841
FAX:011-737-9606
E-mail:eco@hokkai.or.jp

[主催] エコ・ネットワーク http://econetwork.jpn.org/

[協力] (株)THE-O(ジオ)
10時00分〜12時00分 【鶴居】 湿原の「かたち」を見て歩こう
花や葉が枯れ落ち、遠くまで見渡せるこの時期。
普段注目しない湿原周辺の「かたち」にスポットを当てます。

[日時] 12月6日(日)10:00〜12:00

[場所] 温根内ビジターセンター周辺(鶴居村温根内)

[定員] 10名(要事前申込み)

[参加費] 無料

[申込み先・問い合わせ先・主催] 温根内ビジターセンター
TEL:0154-65-2323
HP:https://www.kushiro-shitsugen-np.jp/kansatu/onnenaiv/
10時00分〜17時00分 【オンライン】 第12回ユネスコスクール全国大会/ESD研究大会
令和2年12月6日(日)に「第12回ユネスコスクール全国大会/持続可能な開発のための教育(ESD)研究大会」を開催いたします。今大会では、「ESDを取り巻く国内外の最新的知見」「SDGsとESDの関連」「ユネスコスクールにおけるESD活動の諸課題の解決」「未来を担う人材つくりのための学校教育の在り方」などを展望します。

[日時] 令和2年12月6日(日)10:00〜17:00(予定)
[会場] YouTube Live(参加申込者にURLをご案内します。)
[対象] ユネスコスクール関係者(教職員)、一般幼小中高校等教員、
    教育行政関係者(教育委員会等)、教育研究等関係者(大学、研究所等)、
    教員志望者(教職課程の学生等)、ユネスコ活動関係者、
    その他、SDGs達成に向けた人材育成やESDに関心のあるステークホルダー
    (企業、報道関係者、NPO・NGO 等)
[参加費] 無料
[お問合せ先] NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム ユネスコスクール全国大会事務局
 〒104-0045 東京都中央区築地2-12-10 築地MFビル26号館5階
 TEL:03-3545-3651 担当:三枝・坂本 E-mail:info@jp-esd.org
[主催] 文部科学省 日本ユネスコ国内委員会

☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://www.jp-esd.org/conference.html
10時00分〜17時30分 【12/6 オンライン開催】 きたネットフォーラム2020「人と野生生物の距離2 〜接近NO!餌付けNO!! 人がつくる新たな環境リスク」
昨年のきたネットフォーラムで取り上げた新しい感染症の問題が現実となり、2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界を襲い、未だ有効な対策を見出せない状況です。
一方、人の暮らしと野生生物の住み分けが崩れ、野生生物とのさまざまな危険な接触が生じています。観光目的の餌付け、農業や漁業の残滓、放置された果樹園、交通事故など、人間の行動が野生生物に与える影響が、さらにまわりまわって、人の暮らしを脅かすさまざまなリスクを生み出しています。今年のきたネットフォーラムでは、齊藤慶輔獣医師、知床財団の石名坂豪氏ほか多数のゲストをお迎えし、接近や餌付けから起こる新たなリスク根絶のための産官学民の連携と対策を考えます。
参加申込みフォーム
https:/kitanetforum2020.peatix.com

■■■■PROGRAM■■■■
■10:00〜 INTRODUCTION
■10:10〜12:20 第1部:接近NO!餌付けNO!の必要を知る
基調講演(1)
  「人と野生生物、それぞれの命を守る距離がある」
   講師 齊藤慶輔さん (猛禽類医学研究所 代表・獣医師) 
基調講演(2)  
「ヒグマに対する、意図しない餌づけ行為の危険性」
  講師 石名坂豪さん(公益財団法人知床財団 主任研究員)
■13:20〜17:00 第2部:接近NO!餌付けNO!実現のために
コーディネータ 
 長谷川理さん(NPO法人EnVision環境保全事務所 研究員 ) 
 池田貴子さん(北海道大学高等教育推進機構CoSTEP 特任助教) 
■餌付けに対する価値観・自然観の多様さ、共通認識をどこにおくか  
 愛甲哲也さん(北海道大学大学院農学研究院 准教授)
■14:05〜テーマセッション(1)
餌付け問題にどう取り組む?〜産官学民の連携プラットホームをつくろう〜
話題提供・パネリスト
 鵜飼匠太さん(環境省釧路自然環境事務所 自然保護官) 
 橋本和彦さん(北海道環境生活部環境局自然環境課 主幹) 
 小川巌さん(エコ・ネットワーク代表)
パネリスト 愛甲哲也さん、斎藤慶輔さん 
■15:40〜テーマセッション(2)
餌付けのリスクをどう伝える?〜餌付けNO!報道ガイドラインを提案しよう〜
話題提供・パネリスト
 山本牧さん(NPO法人もりねっと北海道 代表)
パネリスト 池田貴子さん、石名坂豪さん、
沼田博光さん(HTB報道部)
内山岳志さん(北海道新聞記者)
■17:00〜活動紹介
環境活動の新しい世代を応援しよう。
 北海道子育て世代会議 
  佐藤ふたみさん・吉澤茉耶さん
17:20-17:30 ENDING 17:30終了
ーーー
チラシダウンロード
http://kitanet.org/event/2020/kitanetforumA.pdf
http://kitanet.org/event/2020/kitanetforumB.pdf
------

【日時】12月6日(日)10:00〜17:00 (※9:30〜アクセス可)
【会場】オンライン開催 
【参加費】きたネット会員・学生/ 1000円  一般/ 1500円 
 (ライブ配信を視聴いただけます。当日参加できない方も、後日録画を視聴いただけます)
【参加申込み】事前申込み要・12/3(木)までにWEBの申込みフォーム、E-mail,FAX等でお申込みください。
申込みフォーム
https:/kitanetforum2020.peatix.com
FAXまたはEメールでお申込みも受け付けます。詳細はチラシ裏面をご覧ください。
【参加方法】パソコン、タブレット、スマホなど、インターネットに接続できる環境でご参加ください。
【参加〜視聴手順】参加申込みをいただいた方には、開催日3日前までに、参加のためのURLや資料ダウンロード方法などを、メール等でご連絡します。
当日、メールの案内にしたがって、アクセスして、ご視聴ください。途中入・退場や再入場も可です。
【録画視聴】
お申込みいただいた方には、後日録画をご覧いただくことができるURLをお知らせします。録画のみの視聴、当日見逃したプログラムも、後で見ていただくことができます。
【主催】NPO法人北海道市民環境ネットワーク 
【共同主催】一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【協力】環境中間支援会議・北海道
【問合せ】 
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」事務局 
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
Tel. 011-215-0148 Fax. 011-215-0149 E-mail. office@kitanet.org