ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 詳細情報

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示

詳細情報

件名 【札幌】 シリーズ1.5℃の道 SDGsゴール13トーク 〜おんだんカフェ Vol.1「アル・ゴアに会った4人の話」〜
開始日時 2019年 12月 16日 (月曜日)   18時30分
終了日時 2019年 12月 16日 (月曜日)   20時30分
場所 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共施設2階)
連絡先
詳細 台風や豪雨による被害が日常的になってしまった感のある昨今。2020年、温暖化の悪影響を防ぐために世界の国々が取り交わした「パリ協定」がスタートします。
離脱を公約とした大統領がいるアメリカで今年9月に行われた「気候行動サミット」では16歳の少女がオトナの気候危機対策の遅れに対して怒りを露わにし、世界の若者たちが気候マーチを各国で行うなど、次世代による気候危機への意識が世界を揺り動かしています。スペインのマドリードでは、地球温暖化対策を話し合う国連の会議COP25が開催されています。
そもそも温暖化の状況はどうなっているのかや、私たちオトナにどんなことができるのか、していくのかを、もう一度、きちんと、でも堅苦しくなく、考える機会を持ちたいと考えました。
3回シリーズで、温暖化をテーマに、聞いて、語り合う「おんだんカフェ」(全3回)を開催します。皆さんのご参加をお待ちしています。

第1回は、「アル・ゴアに会った4人の話」。
元アメリカ副大統領 アル・ゴア氏 は、気候変動がもたらす危機に向け、世界中のあらゆる人が行動を起こすことをめざした“The Climate Reality Project”を立ち上げています。その修了生は、世界で20,000人に上ります。このプロジェクトの日本初となるトレーニングが今年10月東京で開催されました。トレーニングに参加し、気候危機に希望を持って取り組む力を得た4人(20代、40代、50代、60代)が、トレーニングのこととそれぞれ感じたこと、今とこれからの取り組みについて、お話しします。

[日時] 12月16日(月)18:30〜20:30(開場 18:15)

[場所] 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ公共施設2階)

[お話] 宇山 生朗さん(北海道)、佐竹 輝洋さん(札幌市)、岡崎 朱実さん(NPO法人北海道グリーンファンド)、久保田 学さん(公益財団法人北海道環境財団)

[定員] 30名(なるべく事前にお申込みください)

[参加費] 500円(飲み物・おやつ付き)

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://pro.form-mailer.jp/fms/04c5968e90412)、もしくは電話でお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先・主催] NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
HP:http://www.h-greenfund.jp/

[後援] 札幌市

[協力] 公益財団法人さっぽろ青少年助成活動協会

[備考] 道民カレッジ連携講座

カテゴリー
投稿者 E-HECO
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2019年 12月 5日 (木曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
印刷する