ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2020年 1月 23日(木) 次週 翌月
9時30分〜 【苫小牧】2020ふゆトピア・フェアinとまこまい
国・地方公共団体・企業・NPO等、様々な方が参加し、北国のふゆの課題克服やふゆを
活かした地域づくりなどに関する情報交換、雪国の魅力発信などを行う、「2020ふゆトピ
ア・フェアinとまこまい」が開催されます。苫小牧市内複数の会場で、「ミスター」こと
鈴井貴之さんを招いたシンポジウムや積雪寒冷対策技術などにかかる展示会、除雪機械の
操作技術を競う競技会などが催されます。
 北海道水産林務部全国育樹祭推進室も令和2年10月3日、4日に北海道で開催される第44
回全国育樹祭のPR等を行うブースを出展します。
 皆さん、是非足をお運び下さい!

○開催日 2020年1月23日(木)〜24日(金)
○場 所 苫小牧市総合体育館(末広町3丁目2−16)
     苫小牧市民会館(旭町3丁目2−2)
     出光カルチャーパークグラウンド(市民文化公園)(末広町3丁目1)
○内 容 ・オープニングセレモニー 1月23日 9:30〜10:00
      (会場:苫小牧市総合体育館 主競技場)
     ・ふゆトピアシンポジウム 1月23日 14:00〜17:00
      (会場:苫小牧市民会館 大ホール)
     ・ふゆトピア研究発表会 1月24日 9:30〜16:15
      (会場:苫小牧市総合体育館 第1練習室・第2練習室)
     ・ふゆトピア展示会 1月23日 10:00〜17:00
               1月24日 10:00〜15:00
      (会場:苫小牧市総合体育館 主競技場)
      ※「全国育樹祭推進室」の出展はこちら!
     ・除雪機械展示・実演会 1月23日 10:30〜16:00
                 1月24日 10:00〜15:30
      (会場:出光カルチャーパークグラウンド(市民文化公園))
     ・除雪機械競技会 1月24日 13:00〜15:30
      (会場:苫小牧市総合体育館 駐車場)
     ・ふゆトピア交流会 1月23日 18:00〜19:45
      (会場:グランドホテルニュー王子(有料))

詳細は実行委員会HPをご覧下さい↓
https://www.hkd.mlit.go.jp/ky/ki/chousei/splaat000001mu83.html

【お問合せ】
 2020ふゆトピア・フェアinとまこまい 実行委員会事務局
 (国土交通省北海道開発局開発監理部開発調整課内)
 TEL:011.709.2311  FAX:011.709.9215
14時30分〜16時30分 【札幌】 連続勉強会「環境学習施設の可能性を考える」〜第6回 実践に使える質的調査と量的調査〜
施設の運営評価は、来訪者数など単純に把握できる数値に偏りがちですが、そうした「量」だけを指標とする評価には限界があります。また、施設には、その設置目的に応じて来館者の反応を把握し、展示や活動等による学習効果を高めていくための評価と改善が求められますが、そうした手法が確立・普及しているわけではありません。
今回は、科学技術コミュニケーション専門家をお招きし、そうした定性評価の実例を元にした施設の改善例や、アンケートなどの量的調査を外部戦略に活用する事例をお聞きし、施設の運営評価への活用の可能性について考えてみたいと思います。
施設に限らず、セミナーやイベント等の活動の評価・改善に関心のある皆さまも是非ご参加ください。

[日時] 2020年1月23日(木)14:30〜16:30(開場 14:00)

[会場] 札幌エルプラザ公共4施設2階 会議室1・2(札幌市北区北8条西3丁目)

[定員] 50名(どなたでも参加いただけます)

[参加費] 無料

[内容]
1.講演「実践に使える質的調査と量的調査」(約50分)
〇講師:奥本 素子さん(北海道大学 高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)准教授)
〇プロフィール:1980年、福岡生まれ。博士(学術)。博物館を中心にインフォーマルラーニングについて、教育工学的手法にのっとり研究を進めている。また業務においては、生涯学習、サイエンスコミュニケーションなどに携わっている。
2.質疑応答・意見交換(約60分)

[申込み方法] https://epohok.jp/event/11085 のフォームに入力いただくか、または、Eメール・電話で下記まで「お名前」「ご所属」「連絡先」をお知らせください。

[申込み先・問い合わせ先] 公益財団法人北海道環境財団(担当:久保田)
〒060-0004 札幌市中央区北4条西4丁目1番地 伊藤・加藤ビル4階
TEL:011-218-7811
E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp

[主催] 環境中間支援会議・北海道(※)

※「環境中間支援会議・北海道」とは?
札幌を拠点に環境保全活動の支援を担う、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団、札幌市環境プラザ、NPO法人北海道市民環境ネットワークの4つの組織による共同事業体です。今回のような勉強会の他、北海道内の環境保全活動に関する情報発信や書籍の刊行等を協働で実施しています。( http://enavi-hokkaido.net/

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:https://epohok.jp/event/11085
18時30分〜20時00分 【札幌】 おんだんカフェ Vol.2「人間が出した炭素の行方は? −なぜCO2 2050年半減、2100年ゼロなのか−」
台風や豪雨による被害が日常的になってしまった感のある昨今。2020年、温暖化の悪影響を防ぐために世界の国々が取り交わした「パリ協定」がスタートします。
この機会に、温暖化について、きちんと、でも堅苦しくなく、一緒に考えてみませんか?

「おんだんカフェ」2回目は、「海洋物質循環」・「炭素循環」の専門家、山中先生に、「気候変動の考え方の基本中の基本(でも、多くの人々が知らないこと)」を、お話ししていただきます。

☆お話:山中 康裕さん(北海道大学大学院地球環境科学研究院 教授)

[日時] 1月23日(木)18:30〜20:00

[場所] 札幌市環境プラザ 環境研修室1・2(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2F)

[定員] 30名(なるべく事前にお申込みください)

[参加費] 500円(飲み物とおやつ付き)

[申込み方法] Webの申込みフォーム( https://pro.form-mailer.jp/fms/04c5968e90412)、もしくは電話・Eメールのいずれかによりお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
E-mail:office@h-greenfund.jp

[主催] NPO法人北海道グリーンファンド

[後援] 札幌市

[協力] 札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.h-greenfund.jp/