ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2017年 8月 18日(金) 次週 翌月
(継続中) 【札幌】もう増やさないで!北海道の外来種展
円山動物園では、野生動物の保護活動や環境保全活動を進め、「人と動物と環境の絆をつくる動物園」を目指し、動物の飼育と展示を通じて環境教育を進めています。
その一環として、小・中学生の夏休み期間中、夏の特別展「外来生物展」を開催します。
北海道にいる外来生物たちを生でご覧いただくことによって、外来生物がもたらす問題を学んでいただき、これ以上増やさないように行動しようと考えていただける場にしたいと思っています。
ぜひご家族やお友達同士で足をお運びください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 「もう増やさないで!北海道の外来種展」

 カブトムシやザリガニなどの外来種について、実物を見ながら楽しく学べます。

 ■日程

  8月5日(土)〜20日(日)

 ■時間

  9時30分〜16時30分

 ■場所

 円山動物園内 科学館ホール


 詳細お問い合わせは動物園まで
 http://www.city.sapporo.jp/zoo/gyouji/

☆−−−−−−−−−−その2−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

☆そして20日には<外来生物トーク>を開催します

◆「みんなで語ろう〜生き物の飼育と外来種のこと〜」

 アメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメ、トノサマガエル、カブトムシ・・・。
 生き物を飼うことは楽しいし、学ぶこともたくさんあります。
 でもそれらが北海道の自然のなかに放たれたら、もともと住んでいる生き物が、
 食べものや住み家を失ったり、食べられたりする問題が起きます。
 生き物を飼うことと,外来生物の問題を,みんなで考えてみませんか?


◇日時:8月20日 13:00〜15:00
◇場所:円山動物園 科学館ホール 企画展内
◇入場料:無料(動物園への入場料はかかります)
 申し込み:なし


◆トークゲスト
・更科美帆(酪農学園大学 特任助教)
・本田直也(札幌市円山動物園)
・吉田剛司(酪農学園大学 教授)

◇ ファシリテーター
長谷川 理(NPO法人EnVision環境保全事務所)

共催:酪農学園大学 野生動物保護管理学研究室・札幌市円山動物園・NPO法人EnVision環境保全事務所

☆詳しくはこちらをご覧ください
http://www.city.sapporo.jp/zoo/04event/h29/gairaisyuten.html
9時00分〜17時40分 【上川】 親子参加による大雪山国立公園保全イベント「黒岳クリーンアップ大作戦」
環境省自然保護官(レンジャー)、林野庁森林官(フォレスター)と一緒に大雪山国立公園を守る取組に参加しませんか?

カムイミンタラ〜神々の遊ぶ庭〜 アイヌの人々は大雪山をこう呼んでいます。層雲峡の谷底から黒岳山頂まで上がると、ヒグマやキタキツネが暮らす広大な高山帯が広がっています。今回は日本を代表する大雪山国立公園を訪ね、環境省自然保護官と林野庁森林官と一緒に高山植物について学び、清掃活動を行います。

☆案内パンフレット(PDF:469KB)↓
UR:http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/soumu/attach/pdf/170720-1.pdf

[日時] 8月18日(金)9:00〜17:40

[場所] 上川町層雲峡 黒岳石室周辺

[集合] 層雲峡ビジターセンター(現地集合・解散)

[内容] ロープウェイとリフトで7合目まで登った後、黒岳山頂に向かい登山します。山頂から黒岳石室に向かい、昼食を食べたあと黒岳旧キャンプ場の清掃活動、高山植物などの自然観察をして下山次第終了になります。

[参加対象] 小学校1年生〜中学3年生とその保護者

[定員] 30名(申込み先着順)

[参加費] 500円(保険代)

[申込み先・問い合わせ先] 黒岳クリーンアップ大作戦事務局:NPO法人大雪山自然学校(担当:荒井)
〒071-1404 上川郡東川町西4号北46番地
TEL/FAX:0166-82-6500
E-mail:desk@daisetsu.or.jp

[主催] 環境省上川自然保護官事務所、林野庁上川中部森林管理署

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/press/soumu/170720.html