ホーム 内の イベントカレンダーE★day Hokkaido 内の 一日表示

北海道の環境データーベース

  • 年間カレンダー
  • 月間カレンダー
  • 週間カレンダー
  • 一日表示
  • 予定一覧表示
前月 先週 2019年 3月 16日(土) 次週 翌月
10時00分〜18時00分 【函館】 HIF海外フェスタ2019 第2弾 世界とつながろう! 〜海外をもっと身近に感じ、異文化の面白さを体験しよう!〜
北海道国際交流センター(HIF)が主催するステイプログラム「日本語日本文化講座夏期セミナー」「国際交流のつどい」の紹介や留学相談、子ども向けの英語体験や国際協力機構(JICA)による民族衣装試着コーナー等。皆さんのお越しをお待ちしています。

[日時] 3月16日(土)10:00〜18:00

[場所] 函館 蔦屋書店 2Fステージ(函館市石川町85-1)

[参加費] 無料

[ブース内容]
1.ホームステイ
お家にいながら“国際交流”を始めてみませんか?スタッフがマンツーマンでご相談にのります!
2.留学相談
これから海外に飛び出して行きたい方へ。海外経験のあるスタッフとその場でカウンセリングができます!
3.KIDS English by BLOCK
英語講師による読み聞かせやゲームで楽しく英語を体験しよう♪1回のレッスンは約45分間です。
((1)13:00/(2)14:00/(3)15:00/(4)16:00)
4.国際協力機構(JICA)
世界各国の民族衣装を実際に着ることができる体験コーナーをご用意。大人用・子ども用の衣装をご用意いたします。是非、衣装を着て記念撮影を♪SNS映え間違いなしです!

[問い合わせ先・主催] 一般財団法人北海道国際交流センター
TEL:0138-22-0770(平日 9:00〜17:30)
E-mail:event@hif.or.jp

☆詳しくはこちらをご覧ください↓
URL:http://www.hif.or.jp/2019/02/hif-international-festa2018.html

13時30分〜16時45分 【札幌】 シリーズ2℃未満の道 ファイナル「2℃から1.5℃へ 〜脱炭素社会の実現に向けて〜」
☆下記URLからチラシ(PDF)ダウンロードできます↓
URL:http://www.h-greenfund.jp/top/20190316_2cfinal.html

2016年に発効したパリ協定では、世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力を追求することが、長期目標として掲げられました。そのために世界は、温室効果ガスの排出を今世紀末には実質ゼロにする「脱炭素社会」を目指しています。

2018年10月に公表されたIPCCの特別報告書では、温暖化を1.5℃で止めるためには、脱炭素のスピードを上げなければいけないと結論づけられています。果たして、脱炭素社会に向けたスピードアップは実現可能なのでしょうか?

科学と金融、お二人の専門家に、お話をお聞きします。

[日時] 3月16日(土)13:30〜16:45(開場 13:00)

[場所] 札幌国際ビル 8階 国際ホール(札幌市中央区北4条西4丁目1番地)

[内容]
○講演1:「科学の視点から考える」
 江守 正多さん
 (国立環境研究所地球環境研究センター 副研究センター長、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次・第6次評価報告書 主執筆者)
○講演2:「金融の視点から考える」
 末吉 竹二郎さん
 (公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 会長、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問)

[定員] 100名(申込み先着順)

[参加費] 無料

[申込み方法] 申込みフォーム( https://pro.form-mailer.jp/fms/04c5968e90412 )、もしくは電話かEメールでお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先・主催] NPO法人北海道グリーンファンド
TEL:011-280-1870
E-mail:office@h-greenfund.jp
HP:http://www.h-greenfund.jp/

[後援] 札幌市、環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団

[協力] 札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、一般社団法人北海道再生可能エネルギー振興機構、さっぽろ地球温暖化対策地域協議会、えべつ地球温暖化対策地域協議会


14時00分〜16時30分 【札幌】 第21回 緑の回廊講演会「広域連携・地域連携による植生復元活動 −三陸の津波被害や石狩低地帯の湿地について−」
☆講師:鈴木 玲 氏(北の里花花のかけはしネットワーク 代表)

里浜とは、海辺の自然をただ残すだけでなく、地域の自然や歴史を掘り起こしたフットパスツアーなど、新たな利用価値を模索し、海辺の自然・文化を守り育て、持続的に利用していく取り組みです。
講演では、仙台・名取・気仙沼・釜石、三陸の里浜の話を中心に、身近にある石狩浜、石狩湿地等の保全活動についてお話ししていただきます。

[日時] 3月16日(土)14:00〜16:30

[場所] 札幌市南区民センター 2F 視聴覚室A・B(地下鉄南北線「真駒内駅」より徒歩5分)
※地図・アクセス⇒ http://www.minami-cc.net/map/

[参加費] 300円(申込み不要)

[問い合わせ先・主催] NPO法人真駒内・芸術の森緑の回廊基金
TEL:011-582-1385
URL:http://mkairou.org/

18時00分〜20時30分 【札幌】 第381回 野鳥お勉強会「猛禽類など個体識別からわかったことと最近の話題」
☆「野鳥お勉強会」とは…
1987(昭和62)年に設立。野鳥や動物、自然情報の語らいの場として月1回飲食を伴いながら開催しています。野鳥や自然に関心ある教師、公務員、会社員、学生などをボランティア講師に招き、講師の得意とする分野について受講し、自然及び環境情報の交換の場としています。誰もが自由に参加いただけます。

[日時] 3月16日(土)18:00〜20:30

[場所] 鳥次郎(札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下街 TEL:011-241-9777)

[集合] 同上 17:50集合

[内容]
○テーマ:「猛禽類など個体識別からわかったことと最近の話題」
○講師:先崎 啓究 氏(鳥類調査員)
北海道内で繁殖する特徴的な模様のチョウヒの雄や、毎年渡来するカナダカモメなど、野外で個体識別ができた例から、移動や模様の経年変化について発見したことなどを紹介します。また、最近観察した野鳥の話題も提供できたらと思います。

[定員] 20名程度 ※予定人数を超えた場合は、お断りする場合があります。

[参加費] 3,500円

[申込み方法] 3月14日(木)までに、Eメールもしくは電話でお申込みください。

[申込み先・問い合わせ先] 野鳥お勉強会(代表:富川)
TEL(携帯):090-4874-1705
E-mail:tomikawa@toriben.org

[主催] 野鳥お勉強会 https://www.toriben.org/